2011年12月07日

がっかり蛍見学

アンパワー見学の目玉・蛍見学のツアーに向かいます。
20人ほど乗れるモーター付きの船に乗り込みます。

僕らが乗り込んだ船はほとんどの客がファラン(白人)か韓国人。
後ろでモーターを操る船頭のおっちゃんがタイ語で案内や解説をしてたんですが、みんな当然何言ってるかわかりません。
そこで子猿がいきなり英語でみんなに解説しはじめましたよ。
頼まれもしてないのに。

世話焼きな子猿です。


肝心の蛍ですが・・・

たしかに数はいっぱいいるんですよ。
かなりの長い距離にわたって川辺の茂みにいっぱいまばたく光が見受けられます。

よーく見ないとわかりづらいですが・・・

子猿は野生児なのですぐ見つけて

ほらあそこにもいるうきゃ!
あそこにも!

って指差すんですが、よく見ないとわかりづらいくらい か細い光。

ターレックレック(目が小さい)だから見えないうきゃ?
目をもっと大きくするうきゃ!

ターレックは関係ないだろ!
見えるけど、なんかイメージ違うなぁ。

日本人的には風流に飛び回る蛍を期待しますよね?
実際は、木に大量に止まっていて、長い距離にわたってか細い光を放ってる、そんな光景。
弱〜い地味な電飾がずっと続いてるイメージを想像していただければ。



う〜〜〜ん・・・微妙・・・


一時間半ほどで元の水上マーケットに帰還。
ライトアップされた水上マーケットに戻ってくるときのほうがはるかに綺麗で感動いたしました。



バンコク行きの最終ロットゥー(ミニバス)にぎりぎり乗車。
すぐロットゥー乗り場が見つかってよかった!
時間的にもほんとにギリ!
乗れなかったらこっちで一泊する羽目にもなりかねないですから。

帰りは1時間かからずアンヌサワリーに到着。


驚いたのは、同行したSさん、夜21時半だと言うのにそれからパタヤに行くそうですよ!
なんという、アグレッシブ!
子猿もあきれておりましたw

そして、前回日記のバッタ置き去り事件で子猿大激怒。
ホテル戻って子猿がアンパワーペアルックに。
ペアルックのまま一緒に飯食いに行ったりナナに行っちゃったりしたのは前出の通り。

メークロン・アンパワー見学の一日は終了です。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 20:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | バンコク近郊

バッタの大災難

アンパワーといえば蛍で有名なところだそうで・・・

18時半から蛍鑑賞の船のツアーがあるというので、チケットを事前に購入いたします。
60B。

でも、ツアーまで1時間半ほど時間があるんですよねー。
水上マーケットをふらふらしつつ、ちょっとおしゃれなカフェバーがあったので入ってみました。
こちら、安かったですよー。
Sさんが頼んだセブンアップが20B.
僕が頼んだシンハの大瓶が80B(たしか)という破格値!
おしゃれだし観光地だしいい値段するんだろーなぁーって思ってたんで、ちょっとびっくりいたしました。

そんなカフェバーでまったり3人でくつろいでいますと、一人の子供の物売りがやってきました。
なにやら民芸品を売りに来た模様。
大きな、30センチほどの葉っぱで造った、海老やバッタの民芸品です。

子猿、これに大変食いつきます。

かわいいうきゃかわいいうきゃ!
ターレックレックはどれが好きうきゃ?

びっくり!
食いつくのかよ!?

タ・・・タカテン(バッタ)かなぁ・・・

じゃあ買ってあげるうきゃ!

ちょ!、いらな・・・!
あ・・・ありがとう・・・

微妙なお土産完成。
100B。

子猿はうきゃうきゃ大喜び。

かわいいうきゃ!
大事にするうきゃ!

たーれっく先生、バッタの民芸品抱えて移動になりますー。


で、このバッタですが・・・・




帰りのロットゥー(ミニバス)に忘れてきちゃいました・・・



わざとじゃないんです、ほんとにうっかりしちゃってたんです・・・

子猿大激怒!

ターレックはニサイマイディー(性格悪い)だうきゃー!
わざと捨てたんだうきゃー!
バッタと同じようにわたしも捨てるうきゃー!!


って延々言われ続けました・・・


ふはーーー、とんだ大災難。
なんでこう、すぐ忘れちゃうんですかねー。
失敗したなぁ〜〜・・・



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:38 | Comment(7) | TrackBack(0) | バンコク近郊