2012年05月06日

子猿は科学に無関心

翌朝、子猿は相変わらず爆睡中。



タイ語学校の後子猿と合流する約束をし、僕は学校に向かいます。







今日はエカマイにある科学博物館に行きたいんですよね〜。

こちらにはプラネタリウムもありまして、前から行ってみたかったんです。


ここは、2010年にタイで記録的大ヒットをしました「ロットファイファーマハナトゥー(BTS)」という映画でも、主人公カップルのデートシーンで使われた場所。



こちらの冒頭ですね。


この映画すごく良くできてまして、ラストほろりと泣ける名作です。



この映画でもでてきたプラネタリウム、行ってみたいじゃないですかー。



 

子猿にこのことを熱く語るも、まったく興味なさ気です。


そんな子猿と合流いたしまして、エカマイ科学博物館に入場します〜!

タイ120405〜 034

なんと、入場料が一人20Bですよ!

これでプラネタリウムや主だった施設はだいたい入場できるみたい。


安っ!




でも、閉館が16時半とけっこう早め。

15時くらいに着いたから早く観て回らなくちゃ!



ちょうどプラネタリウムの上映時間だったので、プラネタリウムから見ることにいたします。

タイ120405〜 039

上映時間は45分。



・・・











映画のように寝てしまいましたw



だって、解説がタイ語なんだも〜ん。

星の専門的な名前とかタイ語で言われても、さっぱりわかりません〜!



子猿ももちろん寝てたそうですw



タイ120405〜 040

科学技術館的な施設へ。


こちらはほんとに小さなお子様向けなんですね。

子供に科学に興味を持ってもらうため、というのがこの施設の意図なのかな?



ていうか、科学??

ちょっと首をかしげるところも多々ありますが、マイペンライ。


タイ120405〜 041



あ、これこれ、映画の中にも出てきたバンコクの地図!


僕は一人で「映画に出てきたやつだ!」と興奮して子猿に説明するんですが、


うきゃー(ふーん)

と子猿はまったく興味なしでありますよ。


ちぇっ!




他にもすごいミニミニな水族館やら、ほんとに子供が喜びそうな施設を満喫できます。





通りを挟んだ向こうのビルも科学館の施設だそうで、同じ入場券で見学できるみたい。

なのでそちらにも。


普通の観光客では気づかないエリアですね。




こっちは恐竜とかの展示がありましたが、もうタイムアウトでゆっくり見ることはできず。


科学館を後にするのでした。



でも、十分科学を楽しませてもらいましたです。





次はどこへ行くうきゃ?


子猿が聞いてきます。


レインヒルへ行くぞ!







ということで、続きます。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:20 | Comment(14) | TrackBack(0) | バンコク