2012年08月31日

子猿とうなぎの穴

昨日書き忘れてたんですが、うなぎの話。


メコン川を渡っている最中にベトナム人ガイドさんがうなぎの話しをしていました。

ベトナム人はうなぎが嫌いでうなぎを食べない、気持ち悪いから みたいな感じ。


タイ人もうなぎ(プララーイ)が嫌いですよね。

タイ語学校の先生からも うなぎのようなヤツ と言うのは 言うことがコロコロ変わって不誠実なやつ、という意味になると教わりました。

うなぎのにょろにょろぬるぬるなところからの比喩みたいですね。


それくらい嫌われてるみたいです。

なので、滅多に食べないみたいですね。


ガイドさんのうなぎの話は子猿には通訳してなかったんです。


ですが、ジャングルクルーズのとき、子猿は川の土を指差して


うなぎの穴うきゃー!


と言い始めました。


うなぎ?


タイベトナム120715〜 409

よく見ると川の土に穴がいっぱい開いてますね。


うなぎが開けた穴うきゃー


と言ってましたが、ほんと??


もちろん子猿も うなぎは気持ち悪いから嫌いうきゃ と言っていました。




なぜにそれほどまでうなぎは嫌われているのか・・・

たしかに気持ち悪いけど、日本ではそんなに嫌う人はいませんよね?


その理由は先日の「世界の果てまでイッテQ」で初めて判りましたよ〜。


こちらがその動画です。見られたらどぞ。


あっちのうなぎって、ほんとにヘビそっくりなんですね。

これは気持ち悪い・・・w

納得です。







さて、お食事は大きなレストランにて。

タイベトナム120715〜 425

観光客御用達レストランみたいで、すごく広い客席は世界各国からの観光客で埋まっておりました。

日本人もすごくいっぱいいた!

すごいかわいい女の子グループもいましたw



料理は、4人でいただきます。

同じツアーに二人で参加した人のブログを見ると、その人たちと同じ量の料理が出てきたみたいですね。

手抜きですね!

あっちには 食べきれない〜、なんて書いてありましたが、こっちは4人なのでけっこう量は少なめです。


タイベトナム120715〜 427

こちらが象の耳って名前のエレファントイヤーフィッシュ

メコン川の名物だそうです。

川魚らしい淡白な味。

ほぐした身を春巻きの皮に野菜などと一緒に包んでいただきます。


珍しかったのは、バルーン状になったお菓子。

カラメルのように焼いて膨らませたものなんですが、これが甘くて美味しかったです。

ベトナム、甘いものに強いですね〜。

子猿もお気に入り。


別料金のビールもいただいて、お食事終了。

美味しかったです。




これでツアーの全メニュー終了ですね。

ホーチミン市内に戻ります〜。




続く。


ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 15:31 | Comment(10) | TrackBack(0) | ベトナム