2013年02月18日

子猿にカテー

子猿の姪っ子家族と共に、カムペーンペットの遺跡見学です。

おんぼろ軽トラに乗って。


子猿は姪っ子の赤ちゃんに夢中。
子供が大好きな子猿です。
スマホで赤ちゃんの写真撮りまくっています。

座席は、運転がお父さんで、女性陣が後ろ。

たーれっくは助手席に座るうきゃ

と言われて、僕は助手席に。

い・・・いたたまれないw


習慣でシートベルトするんですけど、

うきゃきゃきゃきゃ!
シートベルトなんかしなくていいうきゃ!


と笑い飛ばす子猿。

いや、怖いのでさせていただきますw


車はすぐに私道のようなとこに入ります。
カムペーンペット遺跡公園・世界遺産です。

入り口で入場料。

もちろん、外国人はお高い二重価格。


たーれっくは黙ってるうきゃ!

ということで、僕も安いタイ人価格で入場。

もちろん入場料は僕持ち。
といっても、一人20Bくらいだったかな?
車だと通行料も取られたみたい。

タイ121120〜 690
広くてきれいな公園。

日差しが柔らかく、落ち葉も多いので秋の景色みたい。

タイ121120〜 692
大きな遺跡に到着。
ワットチャーンローム、だと思われます。

タイ121120〜 698
象の像に囲まれてるのが特徴。

タイ121120〜 705
なるほど〜〜。


子猿は遺跡よりも赤ちゃんに夢中。
赤ん坊とじゃれあってばかりいます。


次へ向かいましょう。
ワットプラノンかな?

タイ121120〜 711
林の中にそびえ立つたくさんの柱。
自然と同化してるかのようですな。

タイ121120〜 712

タイ121120〜 713

タイ121120〜 715
柱と柱の間に木も生えてるし。

タイ121120〜 716
子猿は姪っ子とおしゃべりしながらのんびり歩いています。

僕は一人で見て回っていると、大きなネズミみたいな動物が駆け抜けて行きます。
なんだ? と思ってよく見ると、リスだ!

リスはタイ語でカテー(クラテー)。

なんでそんな単語知ってるかと言うと・・・
カテーというルークトゥン(タイ演歌)の歌手がいるんです。
それと、以前行った日本のタイ料理屋で働いてたタイ人ウェイトレスさんがかわいかったんですよ。
名前を聞いたら、「カテー。リスって意味です」と教えてくれたんですw
こうやって語彙を増やしていくんですねw


さっそく子猿に報告。

子猿、カテーがいたぞ!

しかし子猿、わかってくれない。

カテーだ、カテー!


カタイ(クラタイ・うさぎ)うきゃ?
たーれっくはバカうきゃ!
なに間違ってるうきゃ?


バカにした顔で言ってくる子猿。

違う違う!
カタイはこうだろ!(手を頭の上に、耳の形を作りながら)
カテーだ!
ハーン(尻尾)がこうでかいやつ(お尻に尻尾の形を作りながら)!



うきゃ?

ぽかーんとする子猿。

姪っ子が気づいて、

カテーよ、カテー!

と言いなおします。

すると、子猿もようやく理解。

カテーうきゃ?
どこうきゃ??


もちろんもうとっくにいなくなってました。

たーれっく! 
言うのが遅いうきゃ!
次はもっと早く教えるうきゃ!


偉そうな子猿。
くそ!

しかし、カテーって通じないかなぁ〜。
そんな難しい発音・声調じゃないと思うんだけど・・・
凹むなぁ・・・


タイ121120〜 719
案内板が。
วัด(ワット・寺)がめちゃくちゃあるんですね。
こりゃ、全部見るの大変だ!

と思って車に乗り込んだら、そのまま出口から出ちゃいました。


え・・・もう終わり??
全然観たりないっす・・・
途中けっこうでかい仏像とか車窓から見えたんですけど〜〜。

しかしそんなことも言えず、正味3〜40分ほどで遺跡公園見学は終わってしまったのでした。


とほほ・・・



次に向かったのは・・・


続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 10:23 | Comment(22) | TrackBack(0) | タイ北部