2013年09月19日

子猿とラオキッチン

ラオスの首都・ビエンチャン
さて、夕食を食べに行きましょうか!

ビエンチャン最後の夜なので、ラオス料理をいただきたいと思います!

ネットでよさげなレストランを探してみます。
検索検索!
貴重な食事を外すわけにはいかないので、必死であります!

北朝鮮料理のレストランとか興味を引くのもありましたが、厳選したお店は ラオキッチンというところ。
宿泊してるホテルからも比較的近いですね。
さっそく向かってみましょう!


と思ってホテルの前の道に出てみるものの、タクシーもトゥクトゥクもまったく通ってくれません。
う〜む困った・・・
歩くのもけっこう距離があるし・・・

うきゃ! あそこうきゃ!
あそこにトゥクトゥクが停まってるうきゃ!


通りの先〜〜〜〜のほうにトゥクトゥクらしき車体が見えますね。
仕方ないので、そこまで歩いてみます。

しかし、運ちゃんの姿は見えず・・・
どうしよう。

すると、来ました来ました、トゥクトゥク!
停まってもらいまして、行き先を告げます。
運ちゃん、店は知らないみたい。
とりあえず、見せた地図のとこまで行ってもらうことに。
しかし、50000キープ(600〜650円)だ、と言っています。
なに、そのボッタクリ!!
30000だ、と言うも、結局40000キープ(500円)に。
くそ〜、足元見られて悔しいですが、仕方ないですね〜。

お店には5〜6分ほどで到着。
なんだよ〜〜、歩いてもけっこう余裕でしたな。 

気を取り直します。

こちらが、ラオキッチン

130506〜タイウドンラオス 482
おしゃれなお店ですね。

らおきっちん__
地図だとこちら。

まだ夕飯時よりちょっとだけ早い夕方5時のせいか、お客さんは他にいませんね。


130506〜タイウドンラオス 483
さっそくラオスビール(ビアラオ)をまず注文。
この店にはビアラオのゴールドがあるそうなので、そちらを注文。
ホテル周りの売店じゃあこのゴールドが売ってないんですよね。
ちょっと高級志向のビールです。
味も心なしか美味しいですよw
ぷはーーと飲んで、至福のひととき。

ほんとはビアラオのナマが飲みたかったんですよ。
やはりナマが一番美味しいですよ、とツイッターでの友人の助言あり。
しかし、意外とこのナマビアラオが置いてある店が少ないんですよね。
このラオキッチンでもなかったです。

後日探し回ってやっと発見するんですけど、その話しは追い追い。
もしラオスに行って見かけたらぜひ飲んでみることをお勧めです!


さて、早速ラオス料理を注文してみましょう。
さすがに二人だけ、しかも、子猿は小食なのであまり注文できませんけどね。

ラオス料理はタイ料理ほど激辛ではないようです。
かなり素朴な、田舎料理って感じみたい。

130506〜タイウドンラオス 486
まずは、ラオスのガイヤーン(鶏を焼いたやつ)とも言える、ピンガイを。(写真右)

子猿のやつ、

ガイピン、うきゃ!

と言い張ります。

ん? 僕が観たサイトでは ピンガイって書いてありましたが、どっちが正解??

左がサイウア
ラオスのソーセージですね。
これがめちゃくちゃ美味しい!
タイのイサーン料理のサイクロークっていうソーセージがあるんですけど、こっちのが僕は好き。
サイクロークも好きですけどねw
サイクロークはちょっと油っぽいんですけど、こっちは若干あっさり目の味。

130506〜タイウドンラオス 484
左のサラダはなんですかね〜。
子猿が注文したやつ。
右はおなじみのパックブンファイデーン(空芯菜炒め)。
ここら辺は想像通りの味かと。

130506〜タイウドンラオス 485
オラーム、というスープ。
これも激うま!! 超美味しかったですよ!
見た目にはちょっとあれですがw、めちゃくちゃ好きですよ!
相当煮込まれたスープで、香草が利いています。
香草に抵抗がない人でしたらぜひお試しを!

このお店、どれも美味しくてすごくお勧めです。
値段はさすがに若干お高めだったかな?
(そんな高くもないです。いくらか忘れましたけど・・・)

夜食用のお土産にサイウアをもう一皿注文。
袋に入れてもらいました。


さて、ちょうどいい時間ですね。

130506〜タイウドンラオス 487
日が落ちる時間になってまいりました。
メコン川に行ってみましょう!


続く。


ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:30 | Comment(17) | TrackBack(0) | ラオス