2014年01月30日

子猿とキャノピーウォーク

コタキナバル・キャノピーウォークツアー

マレーシア1310〜 605
昼食を終え、ポーリング温泉に向かいます。

マレーシア1310〜 606
ポーリング温泉の先に目指すつり橋があります。
その更に先には蝶園、滝や洞窟もあるみたいですね。

マレーシア1310〜 608
小さな橋を渡ると、川の上流にもちょっとした橋が。

あの橋を渡るうきゃ?

と子猿。

違う違うw
もっと高いところに吊ってある橋を渡るんだ


と説明してやります。

マレーシア1310〜 610
ぞろぞろと進んでいきます。
ようやくジャングルらしい風景。
さっきのキナバル公園よりジャングルらしい?


マレーシア1310〜 611
あ、温泉だ!
プールのような感じ。
みなさんもちろん水着着用。

この温泉は第2次大戦中に日本人が掘り出したものらしく、日本式露天風呂の形態をとっている、とのこと。

マレーシア1310〜 612
とりあえず今は温泉を横目に、先にキャノピーウォークに向かいます。

こちらにはバタフライファーム(蝶園)もあるんです。
子猿は蝶が好きなんでこれも楽しみにしてたんですけど・・・

マレーシア1310〜 645
なんと定休日!
残念!


マレーシア1310〜 615
更に先に行きます。

入場料を払うカウンターがあって、そこを抜けます。
入場料はツアー代に含まれてますけど、カメラ1台につき5RM(155円)別に取られます。
子猿と1台ずつ分お金を払い、チケット?をもらいます。
これって隠し持っててもばれないよね?と思ったんですけど、後で仕組みがわかります。

マレーシア1310〜 617
奥に向かいます。

マレーシア1310〜 619

マレーシア1310〜 620
さっきよりジャングルなんですけどーw
キナバル公園、行った意味があったのか?
いや、キナバル公園に行った、という事実が大事なのだ、と心に唱えますw

マレーシア1310〜 621
つり橋エリアにようやく到着!

マレーシア1310〜 622
人が並んでいます。
いっぺんに渡る人の数に制限があるんです。

マレーシア1310〜 623
僕らの番がやってきました。

たーれっく! わたしが先に行くから、わたしの写真撮るうきゃ!

子猿様がフェイスブックに載せるための写真をご所望のようです。
はいはい。
子猿から子猿のiPhoneを託されます。

マレーシア1310〜 626
こちらのつり橋、ガイドブックによると地上40メートル、5つのブロックに分かれてて、全長157メートルとのこと。
動植物・鳥類の観察・調査のために作られたそう。

マレーシア1310〜 629

なかなか高く、けっこう揺れる。

と言いますか、揺らされます。

子猿がめちゃくちゃ うきゃーうきゃー と大騒ぎしてるので、僕らの後ろのお調子者白人がいたずらでガンガン揺らすんです。

マレーシア1310〜 631
子猿が うぎゃーーーーっ!! っと叫ぶたびに大笑いしている白人共。
僕もいい犠牲者ですw
写真もボケるボケるw
いつも以上にボケボケですw

ただでさえ自分のカメラの撮影もあるのに子猿のiPhoneも持ってますからね。
落とさないように必死ですw

マレーシア1310〜 634
確かにいい景色で楽しいですね〜。
それを鑑賞する余裕がありません。

ゆっくり見て行きたいんですけど、子猿がびびっちゃってすごい勢いで渡っていきます。
待て待てって!

マレーシア1310〜 635
せっかくの景色なのに!

途中、監視のおっさんがいて、カメラのチケットを回収されます。
そうか、ここで撮影してるのにカメラ代払ってないやつをチェックしてるんですね。
ぬかりない!

マレーシア1310〜 636
この緑タンクトップがお調子者白人の一人。
こいつめ!


マレーシア1310〜 637
たーれっく! あの果物変わってるうきゃ!
食べられるうきゃ?


子猿の興味はやはり果物w


そんな感じで、なんだかあっけなくキャノピーウォークは終わっちゃったんでした。

もっと・・・ゆっくり見たかった・・・


気を取り直して、この先の滝を観に行ってみましょうか〜。


続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 12:00 | Comment(16) | TrackBack(0) | マレーシア