2014年02月01日

子猿とラフレシア

コタキナバル・キャノピーウォークツアー

ツアーの予定を消化しバスに乗り込みますと、ガイドさんがマイクを使って告知いたします。

みなさん大変ラッキーです!
この近くでラフレシアが開花してるそうです
開花初日です
別途料金30RM(930円)で希望者は観ることができます
どうしますか?


おー、やった!
観る観る!
待ってました!!

観られるのは相当ラッキーってネットでも見ていたんです。
こちらのサイトとか
実際はここまで難易度は高くないと思いますけど、それでも観られない人は観られませんからね〜。
ラフレシアはここまで来た大きな目的の一つなので、すごく嬉しいです!

しかし、30RM(930円)はやはりけっこうな高額。
意外と3分の1くらいの人は観に行かないみたいです。
気持ちはわかりますが、もったいない〜。
後で後悔すると思うんですけどね〜。


マレーシア1310〜 665
バスは街外れの農園のようなとこに停まります。

マレーシア1310〜 664
簡易なカウンターがあります。

マレーシア1310〜 651
こちらでお金を払い、台帳に名前と国籍を記帳いたします。
JAPANって書いたら、
「おージャパニーズ! コンニチハー、ヨウコソイラッシャイマシター!」
片言日本語で歓迎されましたw
他の国の人には無愛想だったので、ちょっとびっくりw
まあ、C国の人たちは「ディスカウントディスカウント!」とか言って困らせてましたからね。
さすが金払いのいいジャパニーズ。

マレーシア1310〜 652
奥に向かってしばらく歩きます。

たーれっく! 珍しい果物うきゃ!!

マレーシア1310〜 653
子猿の興味はあいかわらずラフレシアより果物w
ぶれません。

マレーシア1310〜 654
RAFFLESIA BLOOMINGの看板。
子猿様が写真をご所望なので、看板と一緒にぱしゃりと撮ってやります。


そして、写真を撮るのをうっかり忘れちゃったんですけど、お手製ウッドデッキが設けられていまして、お目当てのラフレシアが咲いております。

マレーシア 046
1メートルちょっとぐらいまでしか近づけません。
開花初日ということで、まだ咲ききっていませんね。
大きいものは1メートルを越すそうですけど、こちらはちょっと小ぶり。
満開でもおそらく直径60センチくらいでしょうか。


実は上の写真、撮ったのは子猿。
僕が撮ったの、ピンボケだらけだったので子猿からもらいました。
自己嫌悪・・・

一説には虫を引き寄せるためすごい臭いを発するらしいですけど、こちらのは無臭でした。


マレーシア1310〜 659
相変わらずピンボケで申し訳ないですけど、これがつぼみだそう。
この状態で10ヶ月くらい。
咲いて一週間弱。

マレーシア1310〜 662
そしてこのう○こみたいなのが咲き終わって枯れたラフレシアの成れの果て。
諸行無常。

もちろん子猿様とラフレシアのツーショット写真もいっぱい撮ってやります。


満足したので戻ります〜。


マレーシア1310〜 663
たーれっく! クルアイ(バナナ)うきゃ!
美味しそううきゃ!


子猿の興味はやはりラフレシアより果物w


全工程を終え、市内に戻ります。


マレーシア1310〜 666
雲の中にある家々。

バスは快調に飛ばしていたんですけど、途中からなにやらすごい音がしだして減速。
クォーーーーーーーーッっという音とともにのろのろ運転です。
運ちゃんとガイドさんらがなにやら揉めてばたばたとしています。
電話でいろいろと連絡取り合ったりもしてますよ。
なんだなんだ??

しばらくして、ガイドさんから説明。

この先でバスを乗り換えます

なんてこった!

マレーシア1310〜 667
街灯もまばらで真っ暗な夜道であります。
のろのろ運転で、たまに来る後続車にばんばんと抜かれております。
まいったな・・・

そんな状態でこ一時間。
あれ?いつの間にか音もしなくなってるぞ?
スピードもけっこう出るようになってる!

マレーシア1310〜 668
と言う訳で、結局バスを乗り換えることもなく無事宿泊ホテルに到着したのでした!
なんだったんだ?
そして、乗り換えるはずだったバスはどうなった??
謎のままツアーは終了です。

約3時間ちょい。
本来なら2時間弱でしょう。
長かった!


これにてキャノピーウォークツアーの終了です!
お疲れでした!

お腹空いた!
ご飯ご飯!!


続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 10:31 | Comment(12) | TrackBack(0) | マレーシア