2014年05月11日

パンガー湾ツアー終了

パンガー湾ツアー。

すべてのツアーメニューをこなし、船は出港した桟橋に戻ります。

phuket 1216
お疲れ様でした!

phuket 1215
長ーい桟橋を歩いて戻ります。

桟橋の入口に屋台があって、防水バッグも売ってたので子猿は購入。
300B。

猿の浜でこけたときも防水バッグのおかげで中のが濡れずにすみました。
レンタル代100Bの価値がありましたね。
子猿はこのバッグをソンクランで使うみたいです。

バンに乗り込んでホテルまで送ってもらいます。
行きと逆のルート。

phuket 1219
カマラビーチに差し掛かったところでちょうどサンセットが。
車内からパチリ。

道端でファラン(白人)がバイクで事故っております。
どうやら夕日に見とれて道路わきの溝に落ち横転した模様。
無残にひっくり返ったバイクが哀愁を誘いますw

実は、行きに1件、帰りにこれを含め2件の事故を目撃。
すべてファランによるバイクでの事故でした。
ケガも大したことない感じでしたけど、プーケットはやはりバイク危険ですね〜。

phuket 1220
サンセットのビュースポットらしく、屋台もいっぱい出ていました。


約一時間でホテル到着。

phuket 1221
ホテル隣のランドリーへ。
昨日の夕方出しておいた洗濯物の回収です。
120B。

ホテルのロビーで借りていったバスタオルを返します。

その時子猿が、「デジカメ出すうきゃ」と言います。
海水に浸かって壊れたデジカメを子猿に渡すと、子猿はレセプションの女性に

これ、水に浸かっちゃったからカオサイ入れて欲しいうきゃ

とか言っています。

ちょ、ちょ、カオサイってなに? 
なにするの?


カオサイ知らないうきゃ?
濡れたら普通カオサイ入れるうきゃ
そしたら治るかもしれないうきゃ


だ、だからカオサイってなに?

カオサイはごはんうきゃ!
ごはん知らないうきゃ?


ごはんは知ってるよ!!

なんてやり取りをしてると、レセプションの女性は「はいはい」って感じでデジカメ奥に持ってっちゃいます。
カードは抜いてあるんでいいですけど、なにー!?

まあ、だいたい予想はつきますが。


デジカメ、翌日受け取るんですけど、カードのスロットのところに米粒が詰めてありました。
なるほどね。
しかし、やはり電源は入らず。
まあしょうがない。
お釈迦ですね〜。


部屋に戻りシャワーを浴びてすっきり!
飯を食いに行きましょう〜!


続く。

追記: すみません〜、子猿に聞き直したら、カオサイじゃなくて カオサーンだそうです。
メモの書き間違えです。
訂正します〜。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 10:31 | Comment(12) | TrackBack(0) | プーケット