2014年05月23日

子猿とオンヌット

翌朝。
今回の訪タイ最終日であります。
この日の深夜に帰国です。

朝、一人起きまして、昨日の夜に屋台で買ったマンゴーを朝食代わりにいただきます。
ささやかな贅沢ですね。

子猿が来るのがもうちょっと後なので、それまでにお土産とか買いに行っちゃいましょう。
お土産と言っても自分用ですけど。

日本に帰ったら次の訪タイのために爪の先に火を灯すような節約生活をしなくてはいけません。
ううっ、お金貯めるよー。

というわけで、貧乏生活のお伴、ママー(タイインスタント麺)をまとめ買い。

こちら、コンビニだと一個8Bですけど、スーパーやデパートだといくつかで袋に詰められて安売りされているのです。
ロビンソンのトップスだと4個入り29.5B。
お買い得!

それと、切らしてたので買いたかったものが一つ。

リステリンNo.6です。
虫歯予防でお口をくしゅくしゅするアレですね。

一時期ネットでも話題になったのでご存知の方も多いと思いますけど、タイのリステリンNo.6は日本製とは成分が違うらしいんですよねー。

ご存知のない、という方ははこちらの記事をお読みください。
嘘かまことか、都市伝説のような話ですw

日本でもamazonでタイ製リステリンは売ってて買うことができます。

しかし、アホみたいに高い値段なのでお勧めはいたしません!
タイだと、500mlのもので128Bで売っています。(ロビンソン価格)
日本製より安いです。

なので、タイに行かれて、もしスーパーなどで見かけたらちょっと試しに買ってみるのもいいかもしれません。
効果のほどは謎です。

僕もしばらく使ってなくて、最近虫歯ができ始めたのでまた使ってみようと思った次第であります。

それも購入。

ホテルに戻ります。


帰路、ムーピン屋台を発見!

ムーピンとは豚肉の串焼きで、めちゃくちゃ旨くて僕は大好きなんです。
若いカップルがやってるこの屋台、2本購入いたします。

タオライクラップ?(いくらですか?)

と尋ねると、女性が

イーシップ ハー

と答えます。

ん? イーシップ(20) ハー(5)、25バーツ?
ハンパだな・・・

と思いつつ財布から20B先に出して小銭の5Bを出そうとしてますと、男性が慌てて

いえいえ、20Bでいいですよ
こいつ カー を ハー って言うんです


と言ってます。

あ、そうか、若者言葉(パーサーワイルン)かー!

若い女の子は語尾につける丁寧語の カー を抜けたような感じで ハー って喋るんですよね。

タイアイドルのフォーモッドなんか特にわかりやすくパーサーワイルン。
こちらのMVの冒頭をご覧ください。


インタビュアーが「恋人いますか?」と聞いて来て、「ヤンマイミーハー(まだいません)」 と答えるシーン。
ピー(尊敬語)もヒーって言ってますから!
ピーカー が ヒーハー になっちゃってますw

ただでさえ難しいタイ語を混乱させないで欲しいですよね!
だらしないしゃべり方して!

そんな思いを抱きつつ、焼きたてムーピンをむしゃむしゃ頂きながらだらしなくホテルに帰りますw。

phuket 1292
行きつけのスポーツパブ・ゲームで一杯。
朝からビールも今日かぎり。

11時半ごろ子猿もやっと到着。
子猿もぐっすり寝たのか元気いっぱいです。

早速先ほどのことを報告致しますと、

たーれっくはバカうきゃ?
ハーじゃなくて、ちゃんとハー(カー)っていってるうきゃ!


と言ってきます。

はぁ?

そうか、子猿もめったに丁寧語喋りませんけど、カーがハーになるやつでした!
どうやら自分がカーをハーと言ってることに気づいてないようです。
マジ?
アメージング!!


ホテルをチェックアウトし、荷物を預けます。

昼からは、ミャンマーに行って帰って来たTKさんと会う約束でオンヌットへ。

覚えてらっしゃいますでしょうか、ずいぶん前の記事ですけど、今回の訪タイ最初に一緒にミャンマー大使館に行ってビザを取りに行ったTKさんです。
僕はビザは取れませんでしたけど、TKさんは無事ゲットし、ミャンマーの旅行を終え帰って来てたのです。
その話をぜひ聞きたいですね。

TKさんの宿のあるオンヌットのロータスで合流。
フードコートで昼飯を食べながら話を伺います。

phuket 1293
相変わらず無茶なことしたり、現地で知り合ったコとゴールデンロック観に行ったりと面白いことしてますね!
ミャンマーはほんとに行きたい国なので、参考になります。

子猿は退屈そうにゲームしてましたけどw
子猿もミャンマー行きたがってるので、時折通訳してやって教えてやります。
女の子の話以外をw

TKさんはホテルに戻ると言うので途中までご一緒に。
オンヌットはレートのいい両替所もあるしいいとこですね。
何より物価が安くていいです!

うきゃっ! ナムターンソットうきゃっ!

子猿が飛びついた飲み物。

phuket 1294
ナムターンソットと言ってヤシの実を煮詰めたジュースだそうです。
子猿はヤシの実(マプラオ)が大好きですからね。
色はグレイでちょっと悪いけど懐かしい甘さで美味しいです。
これも一本10B。
(追記:ナムターンソットの原料はルークターンという椰子に似た果物でした。訂正します。)

マッサージもいっぱいあって、どこも一時間150B!
最近ポーマッサージもヘルスランドも値上がりしちゃってるから、すごく助かりますよ!

ただ、スクンビット通り沿いにあるマッサージ屋は男(ゲイ?)のマッサージ師が多くてお勧めできないとのこと。
歩くバンコク」で「マッサージ街」と書かれてるエリアがやはりお勧めのようです。

phuket 1296
こちらがオンヌットのマッサージ街。
マッサージ屋が幾つも並んでおります。

TKさんとはここでお別れいたします。
いろいろありがとうございました〜!

phuket 1295
早速こちらに入店して2時間もんでいただきます。
ふはー、タイマッサージだけでもタイに来る価値がありますな!
これが今回最後のマッサージ。
ああ、しばらく受けられないのかー。
毎度抱くこの寂寥感。

phuket 1298
そして近くの床屋にも行って髪をカットしてもらいます。
アソーク辺りだと300Bくらいしちゃうカットですけどこちらも安い。
シャンプー込みで160B。
節約節約。

子猿も前髪だけ揃えてもらって20B。

こちらの通りはなんでも安いですね。
大好きなムーピンも一本7Bですよ!
またまた2本ほど購入して食べおさめです。

ウマウマ〜。


ちょっと行ったらビッグCがあります。
寄ってみましょうか。


長くなったんで、続く!


ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 13:00 | Comment(24) | TrackBack(0) | バンコク