2014年05月31日

子猿はジョークが好きじゃない

バンコク到着翌日の朝。

子猿も叩き起こしまして、午前中から行動です。
最近ハマっているオンヌットに向かいたいと思います。

オンヌットはちょっとだけバンコクの郊外。
かつては田舎とバカにしていました。
タイ語学校に通ってた時の先生がオンヌットに住んでまして、「バンノーク(田舎)」と言ったら軽く切れられたことがw

そんなオンヌット、物価も安いし活気もあるし楽しいじゃないですか!
めっきりバンコク来たらまずここに来るのが習慣になりつつあります。
先生、すみませんでしたですw


チャーン201403_0542
オンヌット駅到着。

お馴染み、マッサージ街に向かいます。
マッサージ屋がいっぱいある通り。

歩いていますと、子猿が

たーれっく!
ジョーク(お粥)のお店があるうきゃ!


と教えてくれます。

たーれっく、ジョークが食べたいって言ってたうきゃ
ここで食べられるうきゃ


おー、そうでした!
まだタイでジョーク食べたことがないんですよね。

タイには2種類お粥がありまして、ひとつはカオトム
これは通常のお粥ですね。
カオはカオマンガイなどでお馴染みの ご飯トムはトムヤムクンのトムですね、煮ると言う意味です。

もう一つはよく煮込んでドロドロになったジョークですね。
中国ではお粥を ジョウ って呼ぶので、そこからきてるのかと。

実はカオトムもホテルのビュッフェでは食べたことがありますけど、屋台とかではなかったりします。
まずはジョークからチャレンジですね。
タイ友の方がいつもバンコクの朝食でジョークを食べてて、LINEとかであげてる写真が美味しそうなのです。

早速食べましょう。

チャーン201403_0543
しかしこちら、すごい老舗っぽい。
店員のおばあちゃんも年季入ってそうです。

子猿が適当に一人前注文してくれます。
あれ? 一人前? お前食わないの?

すると子猿のやつ、あろうことか

うきゃきゃきゃきゃ!
ジョークなんて美味しくないうきゃ!
そんなもの食べないうきゃ!
ジョークはお年寄りや病人が食べるものうきゃ!


なんて店員おばあちゃんの目の前でほざきやがります。

コ コ、コラバカッ!
美味しいし、みんな普通に食べるぞ!!


慌ててフォローです。

たしかにお粥って病人食のイメージあるけど、中国とか朝食として普通にみんな食べてるし、体に優しい美味しい料理ですよ!
それよりも、店員さんの目の前で言うかなぁ。
耳を疑いましたですよ。
信じられないやつだ!

チャーン201403_0544
出てきたジョーク、美味しかったですよ!
うーん、まあまあ美味しかったですw
もっといろんなとこの食べ比べしてみたいですね。


近くにある オンヌット市場を覗いてみましょう。
オンヌットの隣のプラカノンにはちょいと有名なプラカノン市場があります。
そちらも行ってみたいんですけど、今回は近場ということで、こちらから行ってみます。

ビッグCのトイメンですね。

チャーン201403_0545
交通量の多い通りをなんとか渡って横道に入ります。

チャーン201403_0547
おー、けっこう大きい市場ですね!

チャーン201403_0548
広い屋台街の食堂もあります。

さっき飯を食べなかった子猿に「なんか食べるか?」と聞きますと、

ここは美味しそうじゃないうきゃ

と、またシビアな意見。
なんだ? 今日はやけに辛辣ですな。
そんなこともないだろ!

チャーン201403_0549
朝の活気ある時間をちょいとすぎて、ひと段落ついた雰囲気。

チャーン201403_0550
カオサーン(お米)ですね。
バックパッカーの聖地として有名なカオサンロードカオサンってお米って意味だったんですね。

チャーン201403_0551
これはタンブン用うきゃ

ウナギとかですね。
タンブンといって徳を積むためにこれらを買って放流して逃がすんです。
ほんと? 市場にもタンブン用の売ってるの?


じっくり観て回ってたら

臭いうきゃ!
もう行くうきゃ!


と子猿にせかされます。
ちぇっ、ゆっくり観たいのに!
最後まで辛辣な子猿でした。

仕方ない、こちらを後にします。

ワットメーナークへタンブンしに行きますか!


onuttoitiba.png
地図はこちら。


続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 12:27 | Comment(24) | TrackBack(0) | バンコク