2014年06月28日

ウニに大興奮!

チャーン201403_0160
チャーン島・アイランドホッピングツアー
1回目のシュノーケリングを終えて次の島に向かいます。

島はいろいろ巡ってるんですけど、なんて名の島か、幾つ目かさっぱりわかりません。
もうそんなことはあまり重要じゃないですね。
ただ、奥に行けば行くほど海も綺麗になって見応えありましたです。

チャーン201403_0159
2回目のシュノーケリング。
今回は防水ケースにiPhone入れてチャレンジです!
でも、防水大丈夫かなぁ〜。
前回問題なかったんですけど、ちょっと不安・・・

ガイドのあんちゃん、ケース見てすごく興味津々。
どこで買ったの?とか聞いてきます。

でも濡れないか心配

というと、おもむろに僕の手からiPhoneを奪い、近くの水桶にケースごと突っ込んだ!

オー、マイペンライ(大丈夫)

だってさ!

確かにマイペンライだったけど、もしペンだったらどうすんだよ!

しかし、これで安心も確認!
魚のエサ用のパンも持ち込んで出発です。

さっきはバタバタしててパン持って行くのも忘れましたからね。

さっきと同じように、ライフジャケットを浮き輪替わりに出発です。

うきゃ〜〜〜!
すごいうきゃ!
綺麗うきゃ!


子猿も大興奮!
たしかに、めちゃくちゃ綺麗!
珊瑚がウソみたいに一面に広がってて、海底の起伏も実に美しい!
そして熱帯魚が超うじゃうじゃ!
ロクセンスズキメダイがパンに釣られていっぱい寄ってきます。

IMG_4048.jpg
すげー!
あっという間にパン1斤無くなっちゃった!
やっぱりもっと買っておけばよかった!

それよりもっと子猿が興奮したのは、ウニ
ウニが海底にうじゃうじゃいるんですよ。
トゲがめちゃくちゃ長いやつ。
後で聞いたんですが、正式には ガンガゼと言うそうですね。
食べられるみたいです。

ウニはタイ語でホイメン
ホイは下がって上がる声調、メンは上がって下がる声調。
ホイメン(メンを下がって上がる声調)って言うと、臭いマ○コって意味なので、声調には注意!

すごいうきゃ、すごいうきゃ、すごいうきゃ!!
これ持って帰りたいうきゃ!
ダメうきゃ!?


ガイドのあんちゃんにねだる子猿。

ダメだよ!
捕まっちゃうよ!


とあんちゃんも苦笑。

触りたいうきゃ!
触っちゃダメうきゃ!?


と言うと、あんちゃんも少し戸惑いつつ、

刺されると大変だから気をつけてね!

と言って素潜りして持ってきてくれました。

たーれっく! 写真うきゃ!

ウニと一緒の子猿ちゃん写真を連射!
子猿もご満悦です。
ウニも、黒光りするトゲが太陽光を反射してすごく綺麗ですよ。

IMG_4002.jpg
あんちゃんも子猿の興奮ぶりに気を良くして、ナマコやらでかい貝やらいっぱい持ってきてくれます。
その度に子猿も大喜びですよ!

IMG_4007.jpg
しかし、ナマコ超キモイ!
でかいよ!

IMG_4009.jpg
うきゃ〜、キモイうきゃ〜
ち○ちんみたいうきゃ〜


なんだかんだで子猿も大喜びですw


しかし、肝心のサンゴ礁やらの海底写真が・・・

すみません、言い訳タイムを〜。

片手で浮き輪替わりのライフジャケット掴み、もう片手でiPhone持って海底にレンズ向けると水圧でちゃんと構えられないんですよ。
しかもシャッターがどこかよくわからないので当てずっぽうで闇雲に押してたんですけど、なんとここでは一枚も写真撮れず・・・!

もっとどっしり浮かんで両手でiPhone構え冷静にシャッター押せばよかったんですけど、僕も興奮して浮かれてました。
猛省です〜。

ということで、反省だらけの2回目のシュノーケリングも終了。

チャーン201403_0173
船に戻ると昼食が用意されていました。

チャーン201403_0166
ビュッフェですね。
みなさん並んで食事を受け取りますけど、配給みたいw

そして、大胆な水着のおねーちゃんもいっぱいいます。
ヒモみたいなビキニでお尻丸出しのね〜ちゃん(屋上トップレス)もウロウロ歩いてます。

スタッフのタイ人女性がそれ見てうげーって顔して首を横に振ってます。
タイのモラルじゃ考えられないでしょうね〜。

あまり美味しくない食事ですが、水着のファランねーちゃんをおかずに美味しく頂くのでした。


3回目のシュノーケリングに向かいます〜。
島は、いまのとこ幾つ行ったのかはわからずw
クルーズを楽しみます。


続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 18:42 | Comment(18) | TrackBack(0) | チャーン島