2014年08月26日

のっぽな大仏様

ロイエットのお寺・ワットブーラパーピラームに来ています。
早速のっぽな大仏様の見学をいたしましょう。

IMG_5845.jpg
でんと構える入口。
大仏様はのっぽでちょっとバランス悪いんですけど、周りのいろんな造形は結構見事なんですよ。
入口の狛犬?なんてかなりかっこいいですよ!

IMG_5846.jpg
この造形! 沖縄っぽい?
なかなかのかっこよさ!

IMG_5847.jpg
門をくぐります。
タンブンできるようになってますね。
プレートには プラブッタラタナーモンコンマハームニーと名前が記されてますね。
2516年にできた模様です。
西暦だと1973年ですね。

IMG_5848.jpg
その場で見上げるとこんな感じ。
高いです。

IMG_5849.jpg
土台からの高さが67.85Mで、仏様自体は59.20Mみたいですね。
おそらく最初はもっと小さく造る予定だったけど、どうせならもっと高く!とエスカレートして細くなっちゃんだと思われます。
想像ですけどw


この土台の中に入れるみたいですので、入ってみます。

IMG_5851.jpg
仏様が祀ってありますね。

IMG_5852.jpg

IMG_5854.jpg
たくさんの仏様が結構無造作に置いてあります。
なかなかの殺風景ですなw

IMG_5855.jpg
土台の上に行けるみたいなので登ってみましょう。

IMG_5856.jpg
おー、大仏様の足元!
こうやって近くで見るとやはりでかい!

IMG_5858.jpg
見上げたところ。
細すぎて自立できないのか、支える建物が後ろに建っています。

IMG_5859.jpg
足のアップ。

IMG_5860.jpg
運がいいと、この支えてる後ろの建物に入れるらしいです。
残念ながらこの日は戸が閉じられていて入れませんでした。


隣にある本堂にも行ってみますか。
台座から降りて隣へ。

IMG_5861.jpg
こちらが本堂。

IMG_5862.jpg
本堂と大仏様。
神々しい後光付きw
大仏様を支える後ろの建物、5階建てなんですよね。
中はどうなってるんでしょうね?

IMG_5863.jpg
ちょっと離れて見る。

IMG_5866.jpg
本堂のほうも、いろいろと造形が素晴らしい!

門をくぐります。

IMG_5865.jpg
まずは入口を守るナーガ像!
このかっこよさ!
このナーガって、よく見るといつも後ろのやつに食われてるんですよね。
神話の内容に沿ってるんでしょうけど、どんなストーリーがあるんでしょうね?

なんて僕は感心しながら観ていたんですけど、子猿のやつ、

うきゃ! 鳥の糞うきゃ!
汚いうきゃ!
ここには入りたくないうきゃ!
たーれっくは一人で行くうきゃ!


なんてぬかして外に出てっちゃいました。
なんてやつだ!

IMG_5867.jpg
確かにフンはいっぱい落ちてるけど、こんなの大したことないだろ!!
まったく!

IMG_4692.jpg
こんなにかっこいいのに、それがわからんとは!!
うーむ、怪獣映画のようなかっこよさだ・・・!
タイ人がウルトラマンが好きなのも納得・・・!

IMG_5869.jpg
そしてこの渋い色合い・・・!
この色はわざと出してるんですかね?
素晴らしいセンスだと思いますよ!

そんなお寺見物でした!

子猿と合流します。

IMG_5870.jpg
このお寺、あとで恐怖の舞台になろうとはこのとき夢にも思わないのであります。


さあ、お腹空いたのでどこかでご飯食べましょう〜!


続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 21:44 | Comment(16) | TrackBack(0) | イサーン