2015年02月15日

子猿と仔猿の触れ合い

ロッブリー
とりあえず猿が占拠した遺跡で有名なプラプランサムヨッへ向かいます。

purapura-n.png
場所はこちら。
駅のすぐ近く。

IMG_7992.jpg
見えてきました。
猿も早くもいっぱいいるのがわかりますね!
子猿は楽しみすぎるみたいで、足取りが軽いです。

うきゃ〜〜〜〜っ!
リンリンリンリンッ!(猿猿猿猿!)


仲間に会えるのが嬉しいのか、子猿も興奮しています。

入口で入場料を支払います。
外国人50B、タイ人30B。

IMG_7993.jpg
整備された敷地に建つコーンヘッドの遺跡。

当然子猿はそんなのには興味はなくw、猿がいっぱいいる方に向かいます。

IMG_7994.jpg
おー、いるいる!

IMG_5549.jpg

IMG_5529.jpg
人間に慣れているのか逃げませんね。

IMG_7996.jpg

IMG_7997.jpg

IMG_7998.jpg
エサ売りのおじちゃんからトウモロコシのエサを買います。
たしか30Bだったかな?
いくつか買ったのでまけてくれました。

エサをあげてると大きな大人の猿が寄ってくるんですけど、それはちょっと怖いです。
でも、エサ売りのおっちゃんが大人猿は追っ払ってくれるので安心。

IMG_7999.jpg
仔猿(本物の猿ねw)はエサを持ってるとめちゃくちゃ寄ってきます。
平気で肩やら頭やらTシャツやらに乗っかってきますよ。

最初、仔猿が僕にばっか寄ってくるので子猿が超嫉妬w

うきゃ〜〜〜、どうしてたーれっくばかりうきゃ〜
わたしのとこにも来るうきゃ〜〜!


無造作にエサを投げつけてるから猿も警戒しているんでしょう。
それがわからない子猿ですw

仔猿扱いに慣れてるたーれっく先生は仔猿にモテモテであります。
4匹5匹を身体中にまとって移動です。
猿臭いです。
猿が顔の前とか移動するので、体毛が触れてぬくもりが生暖かいです。
服や全身が猿の足についた泥でめちゃくちゃ汚れます。

IMG_8001.jpg

IMG_8003.jpg

IMG_8005.jpg

IMG_8007.jpg

IMG_8008.jpg
遺跡に隣合わせた建物は廃墟で猿の住処になってる模様。
きっと猿が多すぎて、住人がいなくなったんじゃないかと推測。

IMG_8010.jpg

IMG_8011.jpg
先を進むとエサ売りも縄張りが変わるのか違うおばちゃんが付き添ってくれます。
エサいっぱい買ってるので上得意様なのか、ぴったりと専属のように付き添ってくれます。

子猿にもいっぱい仔猿が懐くようになって、子猿も上機嫌(ややこしいなw)。
うきゃーうきゃーと大はしゃぎであります。

おっと、せっかく遺跡に来たのに中に入っていないぞ。
「中を見るか?」、と子猿に聞くと、当然「興味ないうきゃー」との返事。
一人で入ってみます。

IMG_8012.jpg
中はすごくこじんまりとしていて、歩ける場所はほとんどありません。
何のために造られた建物なんでしょうね?

IMG_8013.jpg
猿が入ってこないように檻がとりつけてあるんですが、こっちが逆に檻に入れられてるみたいw

IMG_8014.jpg
子猿も満足したようなので、こちらを後にします。

しかし、全身超猿臭い!!
服が泥だらけ!!

子猿も、

もっと汚れてもいい服で来ればよかったうきゃ〜〜

とぼやいております。
猿との触れ合いもなかなか準備が大変ですねw


そしてこちら、とても楽しかったのですが注意しないといけません。
今年の頭の訪タイの時に、あまりに楽しかったのでまたこちらに来たのですよ。
そのとき、うっかりこの中の一匹の仔猿に噛まれちゃったんです〜。

それからのドタバタについて順番は変わっちゃいますけど、次回先行して記事にして書いておこうと思います。
やはり早めに注意喚起はしておかなければいけないと思いますので。
まあ、こんな目にあうおっちょこちょいはそういないと思いますけどねw
でも、人生何が起こるかわかりません。
明日は我が身の人もいらっしゃるかもしれませんから。

というわけで、続きます!



Gダイアリー 2015年3月号発売中!
子猿漫画第8話が掲載されています!


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 00:10 | Comment(10) | TrackBack(0) | バンコク近郊