2015年05月20日

まさかのタイフェス2015 初日

長らくブログの更新が滞ってすみません。
わたくし事ですが、末期癌だった父がもうやばい、ということで、日本に帰国しておりました。
おかげさまで死に目には間に合うことができました。

体が丈夫なのが祟ったのか闘病生活が長かったので、楽になってもらえてよかったです。
薬の投与のおかげで苦しまずに逝けましたしね。
親父も精いっぱい生きたので悔いはないでしょう。

親父も旅行が好きで、元気な時は一人で海外飛び回ってたんですよね。
中国の桂林や香港、シンガポールなどアジアをはじめ、クロアチアやハンガリー、マチュピチュやナスカなんかにも行ってたようです。
定年後は全国のお寺や四国八十八か所めぐりとかで御朱印帳埋めるのが趣味でした。
そういうとこは似ちゃったなぁと思っています。

通夜の時、お坊さんが読経の後、

故人が息を引き取る、と言うことは、残されたものが生きを引き取ってっていくということ

と言う説教をされていて、心に沁みたですよ。

通夜・葬儀とも無事終わらせられてほっとしております。


そして、なんと・・・

タイに住んでいるので諦めていた代々木で開かれるタイフェスティバルに間に合った・・・!

今回はステージに出演する参加アーティストが恐ろしく豪華!
なぜ日本に住んでいるときにやってくれなかった! と憤りを感じていたんですけど、まさかこんな形で参加が可能になるとは!

親父の葬式の翌日という実に罰当たりな日程なのですよ。
でもこれは、親父がこんな僕に「そんなにタイが好きならしょうがないな!」と与えてくれたまたとない機会だと都合のいい解釈をさせてもらいましょう。
その分目いっぱい楽しまなくちゃね!


というわけで、第16回タイフェスティバルに両日とも参加してまいりました。
主にステージだけですけどw、詳しくレポートさせてもらいたいと思います。
なかなか本編の日記が進まなくてごめんなさい。


土曜日の一日目。
朝から実家の愛知から新幹線で会場に向かいます。
当日の東京の天気予報は午前中雨で、天気が心配です。

IMG_19140.jpg
でも、会場に到着した午前11時ごろには雨は止んでおりました。
さすが晴れ男の僕ですw

IMG_19120.jpg
ステージでは合流する約束をしていたIさんがすでに席を確保してくださってました。
この日は天気のおかげかすごく空いていて、幸いでしたね。

IMG_80640.jpg
Mさんも加わり、シンハビールを飲みつつ、舞台で繰り広げられるタイ楽曲の演奏や人形劇を鑑賞いたします。

IMG_19150.jpg
少し抜けさせてもらいワイワイタイランドさんのとこでブースを設けているGダイアリーさんのとこに挨拶に。
編集長がタイから来ていらしてGダイアリーを手売りしていました。

IMG_19130.jpg
お店も人が少ないですね。
土曜は穴場だったかも。

IMG_81440.jpg
モタサイのオレンジベストなんかも売ってましたw

IMG_19170.jpg
ステージではミスタイランドの3人がご挨拶。
美しい。

そしてライブのスタートです。

IMG_80660.jpg
まずは、国王からもお墨付きをもらい、タイの人間国宝の地位を得たモーラム(イサーン民謡)の女王・バーンイェン ラークゲン

恐ろしい貫禄!
こぶしを効かせまくった歌唱はさすが人間国宝の風格です。


ありゃ、以前はほっそりとされて・・・w
さすがにこの動画より歌も凄みを持ってましたよ。

驚いたのは、壇上で「これから下に行くのでお金頂戴」って言ったことw
冗談かと思ったらほんとに下に行ってお金もらってた!
タイはカフェーで歌手がお札で作ったマーライ(花の首飾り)をもらったりしますが、この日本のステージでもやるとはびっくりですよw
さすがに日本円で輪っかはなかったですけど。

0111101.jpg
観客のタイ人は早くもノリノリですね。
客もステージに登らせちゃって、壇上はイサーンの集会場に早変わりw
みんな幸せそうです。

続いて、グランミーのステージです。
グランミーはタイの大手芸能事務所で、オーデション番組から選ばれた歌手に THE STARと名付けてデビューさせています。
そのうちの3人が今回来てくれました。
ちなみにTHE STARはタイ式読み方だと ダ サター になります。
ザ スターと読むとまず通じませんw

IMG_80700.jpg

IMG_80720.jpg
トップはグランド THE STARちゃん。
ダンスが売りの歌手ですね。


MVもかっこいい!

IMG_19260.jpg
続いて、ゲーム THE STAR
歌い始めたら度胆抜かれました!
圧倒的な歌唱力ですよ! 鳥肌立ちまくりです。

IMG_80760.jpg
タイ版アナ雪のレリゴーを歌った方。
タイのビヨンセですな!


早速YOUTUBEにその時の動画が上がってたので勝手にアップさせてもらいます〜。
これ、間近で生で聴くとほんと迫力ですよ!

IMG_80770.jpg

IMG_19280.jpg

IMG_80800.jpg
そしてタイのアイドル、韓流系のゲーンソム THE STAR
すごい人気あるみたいですね。
すんません、男性アイドルはノーチェックですw


MV見るとかっこいいかも。

IMG_19300.jpg

IMG_19310.jpg

IMG_19350.jpg
しかし、この3人はほんと仲がいいみたいで、MCも楽しそうです。


続いて、RSのステージ。
RSKAMIKAZEというアイドルグループやRSIAMというグループを擁する芸能事務所ですね。

IMG_80860.jpg
トップはブルーベリーの二人。
以前は3人だったんですけど、一人は出産のため今は2人の模様。


チミ が大ヒットしましたね。
ルークトゥン(タイ演歌)アイドルという新しいジャンルを築きあげたグループ、という印象。

012121212.jpg

IMG_19470.jpg
続いてカノムジーン
失恋の歌を歌わせたら右に出るものがいない悲恋歌の女王!
昔から大ファンだったので、初めて生で見れて感激!


MVがいつもドラマ仕立てになってて見ごたえがあるんですよ。
しかし、盛り上がりが必要なこういうステージではなかなか不利な立場。
何を血迷ったのか、いきなりジンギスカンを歌いだしちゃった!
途端に微妙な空気になるステージw
なぜこの選曲だったのか??
いまだに謎です。

IMG_80980.jpg
そして登場したおじさん、いきなり場の空気を変えた!
バリバリのルークトゥンを歌い上げるメーン・マニーワン
盛り上がる客席。
やはりタイ人はルークトゥン大好きですね〜。

IMG_80990.jpg
熱狂的ファンが多いみたいで、こちらも客席の前に行くとおひねりが飛び交いまくりました!
ファンサービスも濃厚で、これはファンもうれしいでしょうなぁ〜。


MVはドラマがくどいw
そこも味か。
でも、超気に入っちゃったからCD探して買っちゃう!

IMG_19610.jpg
続けて登場は、ララ・ルルのお二人。
タイフェスのパンフにはララルルとありますが、ルルララ が正しい名称なのかな?


初めて知るグループですが、篠原ともえ的奇抜ファッションでお笑い要素もありのデュオみたいですね。

トークも爆笑で面白かったです。
いきなり脈略なく話が飛ぶからついていくの大変w
なぜか突然正体不明の日本人が出てきてカラバオの曲歌い始めたりして、謎w
でも面白い。
これは人気なのもわかります。

IMG_20020.jpg
そして、まってました、ネコジャンプ
久しぶりにナマネコジャンプ見る!!

IMG_19670.jpg
MCではジャムちゃんが頑張って日本語話してましたね。

IMG_19680.jpg
ヌーイちゃんはもう話せないみたいw
さすがにもう勉強してないんでしょうな。

IMG_19780.jpg

IMG_19860.jpg

IMG_81320 (2)


プー(日本語)や ヤークミーフェーンナ(恋人欲しいな)やチュップチュップ やフォーモッドのデックミーパンハー(子供は問題を持っている:直訳w)を披露。

最近では、日本アニメーター見本市の19話「I can Friday by day!」で同タイトルの曲が劇中でフルに使われています。
アニメはあれですが、曲だけでも聞いてみてね! パフューム系。

IMG_20090.jpg
トリはクラテー

IMG_20080.jpg
元ムエタイ選手だけあって冒頭はワイクルーから。
クラテーもいい曲多くて大ファンなんですよ〜。


ムエタイ仕込みのキレッキレダンスを披露してくれました。

IMG_20100 (1)
そして妹のクラタイも加わります。
この体型の違いw
最近はデュオで活動してるのかな?
クラタイも歌結構うまいんですよね。

IMG_20110.jpg
クラタイが見かけによらず?面白キャラで、クラテーとの掛け合いも絶妙で面白い!
オナカスイタ(日本語)はずるいよね、絶対笑うw

IMG_20160.jpg
最後はみんなで記念撮影。

そんな感じのステージでした!


IMG_20210.jpg
タイフェス自体は夜8時までやってたみたいですけど、僕らはここで解散。
Mさんと新宿に流れて思い出横丁でタイ話に花を咲かすのでした。


初日はこれで終了。
2日目は次回に!



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 01:49 | Comment(26) | TrackBack(0) | 雑記