2015年05月24日

真夜中の疾走

チェンライ

この日は朝から昨日申し込んだツアーに出かけます。
朝の3時半からスタートして3か所周って夕方もとのゲストハウスに戻るというコース。

一か所目は、プーチーファーというところ。
プーはプーカオ、山ですね、チーは指さす、ファーは空です。
空を指さす山、ですね。

puyifa.png
場所はこちら。
チェンライから東へ110キロほどいったラオスとの国境にある山です。
標高1600メートルほど。
断崖絶壁から雲海の向うにラオスが望め、日の出観測の有名スポットです。

本来は12〜1月がベストシーズンで初日の出を拝むのが定番だそうです。
その日は恐ろしく人で混雑するそうですけどねw

子猿ももちろん知っている有名観光スポットですね。


3時半に迎えが来るので、2時半に起床。
シャワーをざっと浴び子猿を起こします。
ぐずる子猿を叩き起こし、シャワーを浴びさせます。

IMG_8714.jpg
ゲストハウスの前で迎えを待ちます。
真っ暗で静か。
このゲストハウスの裏でよく蛍が飛ぶとおばちゃんが行ってたので見に行ったんですが、見当たらなかったです。

IMG_8715.jpg
きませんね・・・

10分ほど遅れて乗用車が到着!
おっと、ミニバンかと思ったら普通車ですか!
まあ、二人だけのツアーなら乗用車で充分ですな!

IMG_8716.jpg
乗り込んで出発です。

運ちゃんの名前は…忘れちゃった!w
低くてすごくいい声したあんちゃん。
おしゃべりがすごく好きで、ずっと子猿とおしゃべりしてました。
なにしゃべってるかはさっぱりわかりませんw
まあ、運ちゃんも眠気覚ましに話していたかったんでしょう。

深夜のせいかほとんど交通量のない街中を抜けます。
運ちゃん、飛ばす飛ばす!
だんだん周りが森になってきます。

IMG_8717.jpg
あ!霧が出始めた!!
前がほとんど見えない!
しかし、スピードを落とさない運ちゃん。
慣れてるんでしょうね。
100キロで突っ走ってて怖いよ!

IMG_8718.jpg
山道に入りくねくねと登っていきます。

2時間弱で到着!

IMG_8719.jpg
真っ暗な中屋台の明かりがひっそりと灯されています。
すでに結構駐車場は車が止まってますね。

車を降りると、寒い!
早速昨日のサタデーマーケットで買った50Bの上着を羽織ります。
子猿も持参したパーカーを羽織ります。
運ちゃんが、「こんなの全然寒くないよ!」と笑います。

山岳民族の衣装を着た二人の小さな男の子が寄ってきます。
どうやら、ガイドをするから雇え、と言ってるみたいです。

なるほど〜、こうやって子供を働かせてこのあたりの人たちは収入を得てるんですな。
きっと近くに親もいるんでしょう。

子供好きな子猿が早速絡みます。

ガイドしたいうきゃ?
いくらうきゃ?
いくら欲しいうきゃ?


黙り込んで答えないお子様たち。

ガイド料いくらうきゃ?
いわないならお金出さないうきゃ!
それでもいいうきゃ!!??


震え上がり縮こまるお子様たち。

こ、こら! 地元の子供をいじめるんじゃない!

慌てて注意すると、

いじめてないうきゃ!
遊んでるだけうきゃ!
実家の親戚たちともこうやってよく遊んでるうきゃ!!


悪びれず答える子猿。

子猿よ・・・おまえ親戚の子たちから嫌われてると思うぞ・・・

とりあえず値段を決めずガイドしてもらうことに。

出発です。

入口のとこでさっそく簡易懐中電灯の売り込み。
1個40B。

うーむ、正直iPhoneのライトがあるから充分なんだけど・・・
まあここは観光業の手助けと思って子猿の分も購入します。

じゃあ、真っ暗な中、山登り始めますか〜。



続く。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 22:59 | Comment(20) | TrackBack(0) | チェンライ