2015年10月30日

山頂食堂の味

ゴールデンロックも無事拝み、帰路につきます。
靴も返してもらい、トラックバスに乗ってまたふもとの街・キンプンに戻りましょう。

その前に、お腹すきましたね。
通りには食堂も並んでるので、どこかで何か食べていきましょう。

IMG_6499.jpg
どうやら通り沿いにテーブルが並ぶ食堂と、山並みが望めるマウンテンビューの食堂がありますね。
どっちに入ろうかな?

山並みはさっきいやというほど見たから、今度は参拝に来る人、帰る人を眺めましょうか。
誰もお客のいない A1レストランというところに入ってみます。

IMG_6500.jpg
日差しが強いので影でよくわかんないですなw

ここタイ料理があるうきゃ!
タイ料理が食べたいうきゃ!


どこで食べても美味しくないミャンマー料理に見切りをつけて、子猿がタイ料理をご所望です。

僕もタイ料理を注文。

IMG_6502.jpg
カオパッドが来ました。
お、卵焼きが乗ってるぞ!
しかし・・・味はべしゃべしゃしてて美味しくない〜〜。

IMG_6503.jpg
写真ぼけぼけですんません、子猿が頼んだのはパッタイ。

うきゃ?
これ、パッタイじゃないうきゃ!
パッキーマオうきゃ!


どこでどんな変換がおこったのでしょうか?
やはりこちらもべしゃっとした味で美味しくなかったようです。

山頂だと水の事情もよくないでしょうから、それででしょうね。
うん、きっとそうだ!

ビールなどのアルコール類はもちろん聖地なのでありません。

マウンテンビューのほうにすればよかったかも? と若干の後悔を抱きつつこの店を出るのでした。


IMG_6504.jpg
お土産も売ってますね。

うきゃ!
お土産買っていきたいうきゃ!


子猿が食いつきます。

なかなかキンキンしててよさげに見えるのですが、よく見るとかなり造りが荒いです。
色が平気で剥げていたり、欠けていたり。
なにより、持つと軽いのでかなり安っぽい!
せめて、日本のガチャガチャと同レベルくらいなら買っちゃうんですけどね〜。

いらないうきゃ!

買う気満々だった子猿の購買意欲ですらそぐくらいのクオリティだったです。
あれでも、ミャンマー人観光客にはありがたがられるんでしょうかね?


IMG_6506.jpg
トラックバス乗り場に到着です。
たくさんの人が今まさにトラックに乗り込んでいます。
僕らも並ばなくちゃ!

またしてもギューギューに人を詰め込んでいます。
行き同様乗せられるだけ乗せたいみたいですね。
しかし、僕らのまさに直前で

もういっぱいだ!
次のにしろ!


と無情の満席宣言。

え〜〜〜!?
そ、そんなぁ・・・

うきゃ〜、乗りたいうきゃ〜

子猿も悲痛な叫びをあげおろおろと途方に暮れていると、

あなたタイ人?
ちょっと待って!


とトラックに乗った原色のきらびやかな民族衣装をまとったきれいなミャンマー人のおねーさんが声をかけてきます。
タイ語で!
え?タイ語?

おねーさん、ミャンマー語で係のおっちゃんに「彼らも何とか乗せてあげて」と言ってくれてるようです。
でも、首を横に振る係のおっちゃん。

ごめんね
次のトラックもすぐ来るそうだから、それに乗ってきてね


申し訳なさそうにそう声をかけてくれます。
気を使ってくれてありがとう、おねーさん。

大丈夫うきゃ!
ありがとうきゃ!


そうお礼を言い、トラックは去っていくのでした。

しかしあのおねーさん、タイ語話してびっくりした!
結構ミャンマー人でタイ語話せる人って多いんですな。
あの民族衣装、というか正装、神聖な場所への参拝ということで着用してきてるんでしょう。
とてもきれいでしたです。
彼女だけじゃなく、道中何人か同じように正装をした人を見かけましたです。


トラックはさすがハイシーズンだけあって10分もたたずに次のが来ました。
それに先頭で乗り込みます。


続く。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 11:04 | Comment(6) | ミャンマー