2016年05月24日

カンボジアとの国境・パーモーイーデーン

タイ、イサーン地方の都市・ウボンラチャタニーのちょっと南、カオプラウィハーン国立公園にあるパーモーイーデーンに到着。
カンボジアとの国境らしいです。

パーモーイーデーン.jpg
いったいどんなところなのか?
ほとんど予備知識なしで来ておりますw

小雨が降っております。
Fさんは雨がっぱも用意されていて、渡してくださいます。
ですが、雨はちょうどやんでくれたみたいですね。
よかった!

IMG_3202.jpg
この先がその国境ラインみたいですが・・・?

IMG_3205.jpg
あ・・・!

IMG_8802.jpg
断崖絶壁だ!
こんな感じの国境なんですな!
ついそこまで車で来たのに、こんな崖の上まで来てたのか!(気が付かなかったw)
標高は500mだそう。

IMG_3214.jpg
この絶景な感じ、わかっていただけますでしょうか?
実際に見ると視界が広いのでダイナミックなんですけど、写真じゃ伝わりづらいですね。

IMG_3209.jpg
若干雲が出ていて眼下がかすんでしまってるのが残念。

IMG_3211.jpg

IMG_3212.jpg
歩き回って散策。

IMG_3213.jpg
子猿も記念写真をパチリ。

IMG_3215.jpg
この岩は柵の向こう側で、すぐ下が切り立った崖なので舳先には行けませんよw
下に広がるジャングルに人工湖がありますね。

IMG_3216.jpg
人工湖のアップ。
何のための湖でしょう??

IMG_3220.jpg

IMG_3221.jpg
なにやら注意書きが。
猿にエサをやるな、と書いてあります。
猿がいるのか!

IMG_3222.jpg
道があるので、先に向かいます。

IMG_3223.jpg
記念写真用のスポットですね。
パーモーイーデーンと書いてあります。
この先もいくつか似たようなのがあります。


IMG_3225.jpg

IMG_3226.jpg
日も出てまいりました。

IMG_3229.jpg

IMG_3231.jpg
ここにも撮影スポットがありますね。

IMG_3233.jpg
これは・・・w
バックに遺跡の絵の描かれた書き割りw
こんなので記念写真する人がいるんでしょうかw

IMG_3228.jpg
お坊さんが記念写真撮ってましたw

IMG_3234.jpg
天気が良くなると途端に人も増えてきますね。

IMG_3235.jpg
いた!
猿だ!

IMG_3236.jpg
結構凶暴そうな猿です。

一緒に写真撮るうきゃ!!

子猿のやつ、やはり心が通じ合うのか横に並んで記念写真です。
危ないね〜。

IMG_3239.jpg
先を進みましょう。

IMG_3238.jpg
しかし、カンボジアサイドはどこまでも広がるジャングル。
人なんか住んでないでしょうね。

IMG_3240.jpg
ここにもあった撮影用石碑。
ここが一番でかくて立派かな?

IMG_3241.jpg
下の岩は火山岩っぽいですね。
火山・・・なの?

IMG_8814.jpg
子猿も並んで石碑との写真を撮ります。

IMG_3243.jpg
ん?なんじゃ、これ??

IMG_3244.jpg
塹壕!?
そうなんです、ここは国境なので、軍がカンボジア側を見張っているのです。
つい4〜5年前までカンボジアとの領土問題で紛争していたそうですよ。
写真は怖くて撮れなかったんですけど、周りには軍人さんも何人かいらっしゃいます。
ここは有刺鉄線が張られ、何やらよくわからないものが被せてありました。

IMG_3245.jpg
さらにその先、仏様が祀られていますね。

IMG_3246.jpg
立派な仏様です。

IMG_3247.jpg
その向こうは…何やらありますね。

IMG_3248.jpg
看板には、パープケサラック ヌーンタム と書いてあります。
なんじゃそりゃ?
読めるけど意味はさっぱり分からずw
辞書で意味を調べると、彫ったとか凸面とか低いとかの姿、みたいな。
ん??

答えはわかってるんですw
この下には切り立った崖の壁に仏様のレリーフがあるのです。
10世紀ごろに彫られたんじゃないかと言われてるそうですよ。
観に行ってみましょう!

IMG_8819.jpg
階段で下に降りていきます。

IMG_3249.jpg

IMG_3250.jpg
ここからも絶景ですね。

IMG_3251.jpg
先のほうまで続いています。

IMG_3252.jpg
振り返って階段の一番上を見たところ。

IMG_3255.jpg
壁はこんな感じで断層があります。

IMG_3257.jpg
お、一番奥は行き止まりだ。

IMG_3258.jpg
仏様のレリーフはどこ?

IMG_3260.jpg
この柵の向こう側でした。
柵、壊されてるよw
いたずらなど破損されないための柵でしょうけど、けっこうザルなところがタイスタイルw

手だけ合わせておきます。

IMG_3262.jpg
削ったり落書きしたりするな!
罰金は500〜1000Bだ
、と書いてあります。
安くない?w

IMG_3263.jpg
戻ります。

IMG_3264.jpg
さらに一番奥には東屋が。

IMG_3265.jpg
その周りは(わかりづらいですが)有刺鉄線で囲まれて立ち入り禁止です。
軍人さんもいらっしゃいます。

IMG_3268.jpg
土嚢で固められ最前線、って感じですね。
向こうの山はすでにカンボジア、なのかな?

IMG_3271.jpg
なかなかごつい軍用の双眼鏡がありまして、自由に見ることができます。


IMG_3272.jpg
カンボジアとの国境線を満喫してこちらを後にするのでした。


ウボンラチャタニーの市内に向かいましょう。


続く。




ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:42 | Comment(15) | イサーン