2016年07月11日

チェンライの街の中心

チェンライ、朝の散歩の続きです。
朝市の通りを抜けて、先を進みます。

先ほど通ったのは朝市通りだったらしく、(当然ながら)少し離れると静かなものです。

IMG_4305.jpg
大きなお寺があったので入ってみましょう。
ワット・クランウィヤン(วัดกลางเวียง Wat Klang Wieng)というようです。

IMG_4307.jpg
これまた、朝日を浴びて金ぴかに光っておりますね!

IMG_4308.jpg
おや?なかなか面白い!
手前にはプラ・メートラニーさんも。

IMG_4309.jpg
階段を護るこのワニ?もかなりキュートですな!

IMG_4311.jpg
純白のチェディ(仏塔)も美しい。
周りを囲む白象がいいですな!

IMG_4312.jpg

IMG_9635.jpg
象のアップ。

寺の隅になにやらゴージャスなこじんまりとした祠があります。
なんでしょう?

IMG_4315.jpg
あ、柱だ!
これ、もしかしたらラックムアン??

IMG_4316.jpg
やっぱりそうだ!サオラックムアン、街の中心の柱 と書いてありますね!
タイの大きな町にはこの「ラックムアン」があって、崇められています。
僕は(そんなに熱心に探してないですけど)、新しい街に行ったらラックムアンにできる限り行くようにしています。

こんなところにあったのか!!
全然知らずに来た!w

IMG_4317.jpg
もう、ありがたやありがたや!
ガラスに反射して全く中が見えないけど、ありがたい!
この街にまた来られたことに感謝いたします。

IMG_4318.jpg
こちらがこの寺の本堂ですね。

IMG_9637.jpg
ナーガ様もきれいなカラーリングで美しいです。

IMG_4321.jpg
中に入ると、大仏様がいらっしゃります。
軽く手を合わせご挨拶です。

IMG_4323.jpg
まだいろいろあるみたいなので、見て回ります。

IMG_4322.jpg
ありゃ?「市井の人々の暮らしを人形で再現」みたいなコーナーがあります。
人物になると途端にクオリティが下がる、タイクリエイターたちの謎のサガがここでも発揮ですw

IMG_4324.jpg

IMG_4325.jpg

IMG_4326.jpg

IMG_4328.jpg
子供たちへの教育の一環でしょうね。
地域の理解を深める、みたいな。


さあ、ホテルに戻りましょうか。
帰路、なにやら音楽が聞こえると思ったら、学生の鼓笛隊がやってきました。

IMG_4329.jpg
この日は土曜日。
学校行事の一環ですかね?

IMG_9639.jpg
垂れ幕には「ロンリアン・チェンラーイ・ウィタヤーコム」と書いてあります。
どう訳すんでしょう? 「鋭い知識のチェンライ学校」でしょうか?

多少の緊張感を感じさせる行進を見送りつつ、ホテルに到着。
朝散歩の終了であります。


続く。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:00 | Comment(7) | チェンライ