2016年07月28日

すごいぞ! ワット・アナーンラヨー その2

タイ北部の県・パヤオ。
その山にひっそりとたたずむお寺、ワット・アナーンラヨーにやってきました。

正門から石段を登って上へ上へと向かいます。
新旧いろんなものが入り混じっていて、なんか不思議なお寺であります。

IMG_4703.jpg
石段のわきにも建物があるので、入ってみます。

IMG_4712.jpg
古い石碑に何やら解説が。
手前は「ウィハーン・プラムンピー」・一万年仏堂、と書いてあります。

IMG_4704.jpg
広い本堂。簡素ですね。

IMG_4705.jpg
扉の仏画も渋くてかっこいい!

IMG_4706.jpg
奥にある仏像は建物・・なんというんでしょうね? にはいっていらっしゃいます。。

IMG_4710.jpg
その建物の中にはかわいらしい色彩で描かれた壁画が。
写真のピンボケ、いつもいつもすんません。

IMG_4707.jpg
その前を護るナーガ様のレリーフなついたて。
うろこが細かすぎてキモイですが、これもまた素晴らしいデザインです。

先を進みます。

IMG_4713.jpg
古い仏像。台座のレリーフが変わっていますな。

IMG_4714.jpg
そのわきにいるうさぎさんがかわいい。

IMG_4715.jpg
奥には白いチェディ(仏塔)がありますな。
インド様式なピラミッド型の仏塔です。

IMG_4716.jpg
この周辺、床のタイルの模様がいいんですよ。
海にすむ生き物が描かれています。

IMG_4717.jpg
さらに先へ進みましょう。
まだまだありますよ!

IMG_9726.jpg
また新しい大仏様がお出迎えです。
左下でお参りしてる人と比較してください。
かなりの迫力。

子猿もこの大仏様には熱心にお参り。

IMG_4719.jpg
そのわきにいるお坊さん。
目が怖いっすw

IMG_4723.jpg
階段わきの色が剥げたナーガ様ですが・・・

IMG_4721.jpg

IMG_4722.jpg
珍しい形、仏様もいらっしゃるバージョンです。
初めて見た!
しかも、かなり造形も素晴らしいと思うんですけど、朽ち果てた感じなのはもったいないですよ〜。
保護修復して〜!

IMG_4724.jpg
こちらにも、古い木造の堂があります。

IMG_9727.jpg
まいったな、ここのナーガ様も相当なカッコよさ!
なぜこんなに朽ち果ててるのか??

IMG_4726.jpg
中には木彫りの仏陀とナークプロック。
渋いです。

IMG_4729.jpg
ここで木造の門があって閉まりかかっています。

IMG_4736.jpg
この門のレリーフもまた素晴らしく美しいのですけど、先に行ってもいいんでしょうか?
掃除してるおじさんがいたので聞いてみますと、どうぞどうぞと促してくださったので、中に入ります。

IMG_4730.jpg
先に続く道。

IMG_4735.jpg
道のわきにはなにげに彫刻が施された木の切り株とかおかれています。
あふれ出る創作意欲が感じられますね。
おおお、見習わなくては・・・

IMG_4731.jpg
200mほど行くと、木造の堂。

IMG_4732.jpg
仏壇。

IMG_4737.jpg
これもまた作風ががらりと変わってますけど、イケメンな仏陀とナークプロック。

IMG_4738.jpg
まだ新しいナーガ、というより、コブラかな?
もう、いろいろありすぎてどこになにがあったのか位置関係よく覚えてません。
すみません。

IMG_4739.jpg
このコブラが護る奥に祀られているお坊様。
おそらく創設者の方なんでしょう。

IMG_9728.jpg
この終着点のお堂は山頂ですね。
木々の間からパヤオの広がる平原を望むことができます。
向こうに見えるのはパヤオ湖でしょうか。

涼んで待っていると、皆さんもやってきます。
結構な距離ですから、大変でしたね。

しばらく休んで、来た道を戻ります。

いや〜、興奮して「先に何があるんだ??」と急いで見てきちゃったからもう一度今度はじっくり見て回りたいですね。
パヤオか…遠いなぁw


駐車場に戻ると野良犬がいました。
それを見てマユラーさんが子猿に、

日本人は犬の鳴き声を変な風に言うのよ

と教えています。

うきゃ?
たーれっく、なんて言ううきゃ?


そう聞いてくるので、

わんわん!!

と教えてやると、タイ人2人は大爆笑!

変うきゃ〜!
犬は、「ホンホン」うきゃ!


なんて言ってます。

確かに冷静に考えて「ワンワン」はおかしいけど、「ホンホン」だって十分変ですよ!

ほかの動物の鳴き方のオノマトペの違いを教えあって話は盛り上がるのですが、勢力の弱い日本人組は終始押されっぱなしw
ソムチャイさんと二人で苦虫を噛み潰したような顔をするのでしたw


というわけで、町の中心・パヤオ湖のほうに向かいます。


続く。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 11:03 | Comment(8) | タイ北部