2016年07月30日

パヤオ湖畔のおしゃれレストラン・タークワーン

タイ北部の県・パヤオ。
ホテルも無事決まりましたので、夕ご飯を食べに行くことにしましょう。
パヤオ湖沿いにあるレストランに行きたいです!

パヤオ湖はパヤオの中心にある大きな湖で、まさにパヤオのシンボルといってもいいパヤオ県民の心のよりどころであります。
そう言い切っていいのかわかりませんがw、言い切りましょう!

そんなパヤオ湖のほとりでぜひ飯を食べたいじゃありませんか!

IMG_9730.jpg
夕日が沈むパヤオ湖。
ちょうどいいタイミングです。

IMG_4748.jpg
ソムチャイさんご夫妻が連れてきてくださったのは、こちら!

IMG_4749.jpg
こじゃれたカフェ&レストラン・タークワーン(ท่ากว๊าน)
ターは桟橋、クワーンはタイ北語で湖。湖の桟橋、という名前。

IMG_4750.jpg
もちろん席は2階のバルコニー席で決まりでしょう!
残念ながら端の一等席は先客がいらっしゃったので、ちょっと離れた席でしたが。

IMG_4753.jpg
湖が望めます・・・が、ちょっと電線が邪魔ですねw
カップルが愛を語らう時間であります。


マユラーさん、僕たちにぜひクンテンを食べてほしいとおっしゃってまして、店に入る時も店員さんに「クンテンある?」と聞いていたのです。
クンテン(กุ้งเต้น)とは、クンがエビで、テンが躍るで、エビの踊り食いのことです。

タイのイサーン(東北)や北部の、川や湖の近くではよく名物になっているんですよね。
小さな川エビをピリ辛タレに浸して、元気よく暴れているのを食べるのです。

入るとき「あるよ」と店員は言ったのに、注文すると、「ないよ」と言われます。
さすがタイ・・・なんというタイらしさw

しかしマユラーさん、なんと根性で他店へ買いに向かいました。
車を使って。

え〜〜、そこまでしてクンテンを・・・!
なんか、すんません・・・

待っていますと、空にはたくさんの鳥が飛んでおります。

あれ、コウモリですね


とソムチャイさん。

え?ほんと?
よく見るとたしかにコウモリの群れですね。
これの規模がでかくなるとテレビでよくやってる「コウモリの群れが竜のように」みたいになるんでしょうな。

子猿に「コウモリ(カンカーオ)だぞ」と教えると、横眼で見て「違ううきゃ」と一蹴。
おいおい、コウモリだよ!

IMG_4752.jpg
写真撮っても動きが速いから全く撮れていませんでした。


料理もぼちぼち来ているのに戻ってこないマユラーさん。
いったいどこまで買いに行ったの?

20分ほど待ち、ようやくクンテンを手に入れて戻ってまいりました。
満面の笑顔であります。

さっそくいただくのですが・・・

か、カラい!!カラすぎる〜〜!!ビックりするほどの辛さであります。
わざわざ買ってきてくださったので食べたいのですが、辛すぎて食べられません〜。
舌に残った辛さが深夜まで残るくらい辛かったです。

子猿とマユラーさんは普通に食べてたのですが、ソムチャイさんと僕の日本人グループは早々にギブアップであります。

IMG_4755.jpg

IMG_4760.jpg
注文した料理はシーフードを中心に。
お店の雰囲気も良く、すごく美味しかったです!

IMG_4759.jpg
店内が暗いのでピンボケでうまそうに見えませんが、子猿が個人で注文して一人で独占して食べていたココナッツの器のカレー。
子猿がめちゃくちゃ気に入っていて、囲いこむようにして食べていましたw

IMG_4757.jpg
ライスを頼むと、なぜか器が和風テイスト。
ソムチャイさんと二人で感激です。

IMG_4762.jpg
夜空にはコムローイが早くも飛んでおります。
ロイクラトンは三日後ですが、みなさん気も早いですね。
当日にはこの湖でもたくさんのコムローイが飛ぶんでしょうなぁ。

おなか一杯!
4人で男性陣はビールもいただき、トータル1000Bほどというコスパの良さであります!
さすが地方はおしゃれスポットでもリーズナブルであります!

IMG_4763.jpg
近くでナイトマーケットをやっているというので、夜の散歩もかねて歩いて向かいます。


続く。


タークワーン.jpg
地図。
(追記:現在は閉店の模様)

ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 20:00 | Comment(12) | タイ北部