2016年08月09日

パヤオの濡れ髪の女神

タイ北部の県・パヤオにある、パヤオを代表するお寺、ワット・シー・コームカムにいます。
お寺の隅にある地獄の見学を終え、もう一つある新しい仏堂に行ってみたいと思います。
お寺をちょっと出たところ、湖のほとりにあるみたいです。

やはりパヤオ湖は神聖なパヤオの象徴です。
その湖を祀る祠的役割なんでしょうな。


IMG_4904.jpg
知らないとうっかり見落としちゃいますので注意です。
寺の敷地を出たところにあります。

まだできたばかりなきれいなお堂です。

IMG_4905.jpg

IMG_4906.jpg

中の大仏も立派で、周りの壁の赤がすごく鮮やかでまぶしい!
IMG_4907.jpg
壁画も書かれたばかりなようで、色も鮮やかですね。

IMG_4908.jpg
あ、プラ・メートラニーさんだ!
ここのメートラニーさん、すごく躍動的で相当美しいですよ!
若干髪のボリュームが足りない感じですけど。
この濡れ髪から水を出して洪水をおこすという神話のシーン。
周りの象に乗った悪魔の軍団もいい感じ!


ここ、湖のほとりにタンブン用のレールがあるんですよ

とソムチャイさん。

レール?
どうやら、貝を逃がすタンブンがしやすいようにレールが造られているようです。
こういう水場では、魚や貝を逃がして徳を積むという、タンブンと言われる行為がよく行われます。
捕らえられた動物を逃がしてあげることが徳になる、という考え方です。

逃がす、と言っても売られているのを買って流すんですけどねw

湖のほとりに行ってみますと・・・

IMG_4909.jpg
あ、ほんとだ、レールがあるw
確かにここではちょっと放流はしにくいですから、これは便利ですな。

IMG_4910.jpg
満面な水を誇る神聖なパヤオ湖。
いい天気です。

IMG_4911.jpg
こちらがお堂を裏から見たところです。

しばらくいると、貝を逃がしにきた女の人がやってきました。
許可を得て撮影させてもらいます。

IMG_4912.jpg
お祈りをした後、レールに貝を流します。
ガラガラガラーと湖に流れていく貝。

なるほど〜。
こうやってタンブンするんですな。
魚だと途中で止まっちゃいそう〜。

IMG_4913.jpg
パヤオを代表するお寺、ワット・シー・コームカムを満喫させていただきました!

次は、このパヤオ湖に浮かぶ神聖な島に渡ってみたいと思います。


続く。



ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 08:56 | Comment(10) | タイ北部

ワット・シー・コームカムの地獄パート

タイ北部の県・パヤオ。
そのパヤオを代表するお寺、ワット・コームカムにある地獄パートです。

タイの地獄は、コンクリートで作られた像が並ぶ地獄の再現図で、子供たちに「悪いことをしたらこうなるよ!」と教育することを目的に造られています。

IMG_4868.jpg
ここでは小さな一角がそうなっています。
入りましょう。

IMG_4888.jpg
門番、後ろから見たところ。

IMG_4869.jpg
いらっしゃいませ。

IMG_4872.jpg
閻魔様の裁判です。
地獄の裁判所。
太陽光が強すぎて影が濃いです。
お見苦しくてすみません。

IMG_4870.jpg
お前、あっちの地獄!とかいってるんでしょうか。

IMG_4871.jpg
助手?もなにやら指図してますね。
手に持った本に書かれているタイ語は読めず。

IMG_4875.jpg
これはとげとげな地獄の木で、地獄の定番シーンですね。
どこの地獄寺でもハイライトとなる造形。
ここでは本物の木と融合しちゃってますな。

IMG_4873.jpg
悪いことすると犬にかまれます。
現世での罪によって地獄で受ける罰が変わります。

IMG_4874.jpg
その傍らに本物のとげとげの草が生えてました。

IMG_4876.jpg
地獄の釜茹でです。
塗られたペンキが剥げて荒廃感がましてます。

IMG_4877.jpg

IMG_4878.jpg

IMG_4887.jpg
いくつかありますが、ゆでられてる人たちの表情がなかなかいい感じ。

IMG_4886.jpg
仏の教えを乞う亡者ども。

IMG_4880.jpg
こちらは背が高いお化け・プレートの女版ですかね。

IMG_4881.jpg

IMG_4882.jpg
その両脇に餓鬼のカップルが。
これはなかなかいい造形。

IMG_4883.jpg
女のプレート。

IMG_4884.jpg
男のプレート。
プレートも地獄寺では必ずいるシンボル的存在なのですが、ここのプレートはちょっと他のとは造形が違っていて初めて見るタイプ。

IMG_4889.jpg
あれ?プラ・ラーフーさんかな?違う?

ほかにもいろいろあったのですが、これくらいで。
地獄パートでした!

まだ続きます。救いの道です。

IMG_4890.jpg

IMG_4892.jpg

IMG_4893.jpg

IMG_4894.jpg
熱心な信仰は救いの手を差し伸べてくれます。
地獄に行きたくなったら祈りましょう!
布教活動の一環も担っているんですね。

IMG_4891.jpg
こちらはハヌマーンっぽいですね。
中央の看板には「チューン・ルアム・ボリジャーク」(寄付に参加してネ)と書いてありますw
ちゃっかりタンブンも促しておりますw


IMG_4901.jpg
こんな地獄にかわいらしいお子様わんちゃんがうろうろしていたんですよ。
殺伐とした地獄に一服の清涼剤です。
人懐っこくてめちゃくちゃかわいいんですよ。

IMG_4867.jpg
こんな感じになってたので子猿に「ほらほら!なにしてるんだろう?」って教えたらほんとに馬鹿にするような目で見られましたw

IMG_4902.jpg
しかし、一匹のわんちゃんがなにか噛んでるんですよ。
あれ?よく見るとなにか動物の骨のようです。

おい、これって・・・

子猿に言いかけると、「しっ!不吉だから何も言わなくていいうきゃ!」と神妙な顔。
こういうことには神経質な子猿です。
何の動物の骨で、なぜここにあるんでしょうかね??


というわけで、ミニ天国と地獄ゾーンを満喫するのでありました!

少し離れたところにもう一つ新しい仏堂があるそうです。
そちらにも行ってみましょう。

続く。



ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 08:10 | Comment(6) | タイ北部