2016年08月18日

パヤオ湖に浮かぶ神聖な小島

タイ北部の街・パヤオ。
そのパヤオにある神聖な湖・パヤオ湖に浮かぶ島に向かいたいと思います。
そこには、湖から引き揚げた仏像が祀られていて、神聖な島としてあがめられているそうです。

島の名前、というか、その仏像が祀られている祠の名前はワット・ティロークアーラーム(วัดติโลกอาราม)というみたいです。
ワット、とあるので、お寺というくくりなんですね。

IMG_4921.jpg
12時15分に桟橋に到着すると、船頭さんが昼食に出てしまっていて13時まで待てと言われます。
え〜〜?
待つのはいいんですが、ソムチャイさん夫妻がタンブンするために購入したお魚さんたちが、この暑さで弱ってしまわないか心配です。
購入したお魚はビニール袋に入れられて持ってきています。

12時40分には船頭さんが戻ってきてくれたので、舟を出してくれるようです。
僕ら4人に他のお客さん2人(昨日3人と書いてしまいましたが、勘違い)の6人で出発です。

IMG_4922.jpg
若干乗るのに勇気がいる年季の入った小舟w
乗船賃は一人往復30B。

IMG_4923.jpg
出発!

IMG_4927.jpg
すぐ見えてきます。
10分ほどの船旅です。

IMG_4929.jpg
到着!

IMG_4930.jpg
上陸!

IMG_4935.jpg
あちらが先ほどの桟橋。

IMG_4933.jpg
周りにはちょっとした島がいくつか。
水深は浅くて、腰までもないみたいです。

IMG_4936.jpg
タンブン用の逃がすためのお魚さんたちも売っていますね。

IMG_4937.jpg
その奥に行きます。

IMG_4940.jpg
こちらが湖より引き上げられ、祀られている仏像のようです。

IMG_4939.jpg
手を合わせてお祈りを。
ここまで来られたことにお礼と、これからの旅の安全の祈願をさせていただきます。

日差しがきつくて暑いですな。

ソムチャイさん夫妻も、持ってきたお魚さんたちを無事放流。
タンブンをすませます。

うきゃ!やっぱりわたしもタンブンしたいうきゃ!
鳥を逃がすうきゃ!


子猿もタンブンしたくなったようです。

IMG_4944.jpg
売店で売っている小鳥はひと籠100B。
タンブンのお金はもちろん自腹じゃなくちゃ意味がないので、子猿は自分でお支払い。

IMG_4945.jpg
無事放流するのでした。

小さな島、というか、これだけしかないのであっという間に用事は終了です。
ほかの2人のお客さんも参拝は終わり、舟の近くで待機モード。
もう戻ってもいいのですが、船頭さんは煙草をぷかぷかふかし動こうとしません。
どうやら、時間が決まっててその時間までいるようですw
そこは律儀じゃなくてもw

せっかくなので、その船頭さんにこのあたりのお勧め観光地を教えてもらいました。
どうやら、博物館のあるお寺がこの近くにあるそうです。

うきゃ!行ってみたいうきゃ!

珍しく子猿が食いついています。
チェンライで行った博物館が気にいったらしく、博物館に興味が芽生えたのかな?
いい傾向ですなw

IMG_4947.jpg
時間が来たのかようやく船頭さんが舟を出してくれるようです。
元の桟橋に無事帰還するのでした。

さて、僕らも昼食を食べに行きましょう〜!
ソムチャイさんお勧めの食堂があるようです。


続く。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:41 | Comment(6) | タイ北部