2016年09月26日

ゴージャスなお寺と、不評な清流食堂

タイ最高峰ドイ・インタノンからの帰路、お寺に寄ってもらいます。

来るときに横を通ったんですがかなり目立つでかいお寺でして、すかさずグーグルマップに場所をチェックしておいたのです。
聞いたこともないまだ真新しいお寺ですけど、気になるので寄ってもらいます。

場所は、ドイ・インタノンの山道にまさに入るところです。
ドイ・インタノンに向かえばいやでも目に入ってくるお寺。

IMG_0073.jpg
おおお・・・すごい!すごい迫力だよ!

IMG_0074.jpg
なかなかここまで絵になるナーガ様とお堂はないっすよ!
かっこいい!!
子猿でさえ珍しくナーガ様とツーショット。
子猿は当然ナーガに興味はこれっぽっちもないので、珍しいことです。

IMG_0075.jpg
このゴージャスさ!
聖なる山の入り口にふさわしいですな!

IMG_5623.jpg
寺の名前は、ワット・ナムトック・メークラーンというようです。
ナムトック(滝)と名がつくのは近くに滝があるからみたいですね。
滝の音も聞こえてきます。

IMG_0076.jpg

IMG_5626.jpg
門番でもあるヤックは若干ガタイがひょろひょろっぽいかな?

IMG_5621.jpg
中に入ってみましょう。

IMG_0077.jpg
こちらも相当ゴージャスですね。
メインで祀られてるのはナークプロックのようです。
ナーガ様に護られた仏陀の像。

さて、滝はどこだろうと、近くにいたおっちゃんに聞きますと、向こうだ!と指さします。
歩いて向かおうと思ったのですが、「車で行きましょう」とTKさん。
車だとぐーーっと回り道をしないといけないようです。
3分ほど移動すると、大きな駐車場があり、ちょっとしたレジャー施設がありました。

IMG_5627.jpg
地元の人がたくさんいますね。
車を降りて滝のほうに行ってみます。

IMG_5629.jpg
あ、こじんまりとしてますが滝がありますね。
TKさん始めみなさん露骨にがっかり。
もっと立派な滝があると思っていたようです。

IMG_0083.jpg
僕一人が滝のふもとまで行ってパチリ。
確かに高さはないですけど、奥に距離がある階段状のいい滝ですよ!

IMG_5632.jpg
しかし気になるのは川辺に並ぶ手作り感満載の建物群。

IMG_5634.jpg
どうやら食堂の個室風のテーブルですね!
たぶんこの上にお店本体があるんでしょう。
お客はほとんど見当たりませんが。

IMG_5635.jpg
おーいいじゃないですか!
清流のすぐわきで食事を楽しむなんて、地方ならではの特殊風流体験!
ここぜひのんびりとくつろいでみたい!

IMG_5636.jpg
残念ながら先ほど食事をしたばかりなのでお腹はすいてないんですよね。
「あそこでくつろぎたいなぁ」とつぶやくと、みなさん信じられないことに猛反対。

いやよ、きたない とTKさんの彼女。
僕もちょっと抵抗ありますねー とTKさん
やだうきゃ、芋虫がいそううきゃ! と子猿までもがつれない答え。

えーー、なんでいつもマイノリティ・・・とほー。

なんとも寂しい気分でここを去るのでした。

えーっと、あと帰り際にもう一軒寄ってもらいたい寺があるんですよね。
こちらはいわゆる「奇寺」なので、絶対みんなに嫌がられるだろうお寺。
まだ「寄って」と言ってないのですが、ちょっと言い出しにくいです。
どうしよう・・・

車はチェンマイ市内に向かいます。

続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 13:31 | Comment(8) | チェンマイ