2016年11月28日

丘の上の南京錠

タイ南部の街、ソンクラー。
バイクごとフェリーで対岸から渡り、市街地に近い岬にやってまいりました。
そのまま次の目的地に向かいます。

ソンクラーの街を見渡せる丘があるらしいんです。
そこに行きましょう!
カオ・タンクワン「タンクワンの丘」というところです。
小高い丘なんですけど、ケーブルカーで上まで行けるようです。
そのケーブルカーのとこまで行きたいんですけど・・・

おっと!サルだ!
野生の猿がいっぱいいる一画がありまして、サルに気を付けながら走り抜けます。
ん?ケーブルカーどこだ?
ぐるっと一周丘のふもとを回ってしまいます。

IMG_6849.jpg
あ!階段がある!
この階段でも上に行けるようですな!

IMG_6850.jpg
なかなか長〜くて立派なナーガ様であります!
階段で行くか?と子猿に提案すると、当然のように「いやうきゃ!」というお返事。

元の位置までもどりますと・・・
あ!あったw
サルがいっぱいいるところに乗り場がありました。
サルに気を取られて気が付かなかった。

IMG_6854.jpg
屋台もいっぱい出てますね。
これはサルの餌屋台です。
サルに盗まれないように金網が張ってあります。

IMG_6855.jpg

IMG_6856.jpg
バイクを停め、さっそくサルの餌のトウモロコシを購入。10B。
ほら、食うがよい!
うじゃうじゃいますね!

マムアン・ディップが食いたいうきゃ!

こっちの猿も餌をくれとうるさいので買ってやりますw

IMG_6858.jpg
ケーブルカーで登りましょう。

IMG_6859.jpg
乗車賃は往復で30Bです。

ケーブルカーと言うか、斜めに登るエレベーターでした。
乗り込むと、ボタン操作係のおっちゃんがいます。

IMG_6860.jpg
登ります。

IMG_6861.jpg
これは下を見下ろしたところ。
冷房も効いてて涼しいです。

うきゃ〜、階段よりこっちのが全然いいうきゃ〜

と子猿がおっちゃんに言うと、おっちゃん

階段で登ると30分はかかるよ!

なんて言ってます。
さすがに30分もかからないでしょうけど、愛想笑い。

IMG_6863.jpg
終点で降ります。
これから降りていくヒシャブなみなさん。

IMG_6865.jpg
上はよく整備されていますね。
大陸な皆さんが多いです。

IMG_6866.jpg
こちらはかつての城壁の一部。

IMG_6868.jpg
タンクワン・ヒル山頂、の看板すね。

IMG_6870.jpg
一段高いとこにジェディ(仏塔)があります。
行ってみましょう。

IMG_6871.jpg
登って振り返った図。
灯台もありますね。

IMG_6875.jpg
周りをぶらぶら歩いてましたら・・・あ!さっきの階段の終点だw

IMG_6884.jpg
見渡すソンクラーとタイ湾の風景。

IMG_6877.jpg
先ほど渡ってきた対岸の岬も見えます。

IMG_6876.jpg
なにやら「恋人たちの鐘」みたいなモニュメントがありますね。

IMG_6879.jpg
そうです、ここにもあります、南京錠をかけるやつ。
あれって日本だけじゃないんですね。

IMG_1695.jpg

IMG_6880.jpg
ウィキで調べたら、起源は定かじゃないが、セルビアかイタリア発祥、とのこと。
日本だと湘南が有名ですね。

IMG_6883.jpg
こちらは・・・タイならではですかね?
小さな鐘を籠に奉納する感じですね。

IMG_1694.jpg
山頂を満喫いたしました!


出発地点から分岐する道があったので、そっちも行ってみます。

IMG_6886.jpg
その先には、廃墟が。
なんでこんな廃墟が?
きっと夜は地元若者の肝試し心霊スポットになってそうな予感。


来た時に乗ったエレベーターで麓まで帰還。
近くにいたアイスクリーム屋台でアイスを食べて一服です。

では、次は水族館に行ってみましょうか!


続く。




ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 11:32 | Comment(8) | ハジャイ・ソンクラー