2017年01月04日

チャーン島、最南端を目指そう!

このブログのまとめ本が電子書籍で出ています。
ぜひ最初からこのブログを読んでみてね!



チャーン島最終日の朝です。
爆睡する子猿を横目に、バイクで朝散歩に出かけましょう。

IMG_7221.jpg
部屋を出ると、すぐ出入り口でここの飼い犬がくつろいでますよ。
こいつはとても穏やかで大人しいワンちゃんであります。
いつも僕らの部屋の周りをうろうろしていました。
吠えない犬はいい犬。

IMG_7222.jpg
まだ見ていなかったホテルのプールを見に行きます。
こじんまりとしてますが、十分ですな。

バイクに乗り出発!
まず、ロンリービーチの北、カイべービーチのほうに行ってみます。

IMG_7223.jpg
チャーン島一番の難所の坂道。
切り返しも急で、ここを通るときはいつも緊張します。

IMG_7224.jpg
ビューポイントに寄ってひと休み。
やはり天気がイマイチなので景色はよくないですな。

カイベイビーチ到着。
チャーン島でホワイトサンドビーチに次いで2番目に大きいビーチだそうですが・・・
やはり朝は寂しいですね。

IMG_7226.jpg
エレファントキャンプがありますね。
奥に象さんが見えます。

IMG_7227.jpg
ムエタイジムもあります。
ここでムエタイショーやってるのかな?
が、Rent or Saleってあるということは経営も厳しいんじゃないかと想像。

ビーチに行ってみようと横道に入っていくと、近隣住民のかたがすごく怪しそうな目で僕を見ます。
こんな朝早く来る観光客なんていないからかな?
いたたまれないので、ビーチを見ずにカイべービーチを後にします。

チャーン島の南端に行ってみましょう。
チャーン島って、外周をぐるっと一周できないみたいなんですよ。
地図を見ると南端で道が途切れています。
なので、島の東側に行こうとしたら、北端まで行って、すごい遠回りして行かないといけないみたいなんですよ。
島の東南によさげなお寺があるんで行きたいんですけどね〜。

とりあえず、南端の最終地点を目指しましょう。

小さなビーチを超えて、細い山道に入っていきます。
むむ、けっこうアップダウンも激しく、くねくねな道です。

IMG_7228.jpg
そして・・・おっと! 猿が道の前に立ちはだかっています。
ギャーギャーとたくさんの猿の声。

IMG_7229.jpg
横を見ると猿の群れであります。
まいったな・・・

クラクションを鳴らしても全く動じず、道をあけようとしない猿。
なんてずーずーしい猿だ!
刺激して噛まれたりしたら洒落にならないので、仕方なく引き返します。

う〜む、南端、どうなっているんだ・・・
そして、そのさらに向こうに行くにはやっぱり北をぐるーって回らないといけないの?
そうなると、1時間以上時間かかるんですけどね。


IMG_7230.jpg
帰りがけ、先ほど通り過ぎた気になるビーチに寄ってみます。
チャーン島西側最南端のビーチ・・・と思ったら、グーグルマップを見ると、先ほど行けなかった道の最終地点にもビーチがあるみたいですね。
やはり頑張って行けばよかった!

IMG_7231.jpg
とりあえず、こちらに寄ってみます。
クロンコイ・ビレッジ。 クロンコイビーチですね。

IMG_7232.jpg

IMG_7233.jpg

IMG_7234.jpg

IMG_7235.jpg
すごい小さなビーチ。
ビーチ沿いにコテージが立ち並び、ビーチにはカフェやバーがある、ほんとに村のようなビーチです。

IMG_7236.jpg

IMG_7237.jpg

IMG_7238.jpg
ビーチもとても静か。
プライベートビーチのようなところですな!
こういうとこで静かにのんびりするのもいいかも!

IMG_7239.jpg
いろんなビーチがあって面白いなぁ、と感心しつつ、ホテルに戻るのでした。

IMG_7241.jpg
帰宅途中、ちょっとしたビューポイントから見たバーンバオ桟橋(奥)、手前はトランクニティ桟橋。

チャーン最南端.jpg
地図。

ホテルをチェックアウトしてバンコクに帰りましょう。


続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 11:48 | Comment(4) | チャーン島