2017年03月04日

去年美味しかったお店はいずこ?

ルーイの街に戻ってきました。
翌日、ダンサーイで開かれるピーターコーン祭りに出かけます。

ピーターコーン・フェスティバルは毎年3日間の日程で行われます。
3日目は宗教的儀式だけで、パレードがあるのは1日目と2日目。
僕らは前回も今回も2日目の参加であります。

2017年は6月24日〜26日に開催だそうです。
詳しくは、タイ国政府観光庁のページでもご覧ください。
今年はもう僕らは行かないですけどね。


宿泊しているムアンマニー・ブティックホテルでまったり。
でも、せっかくルーイまで来ているので散策したいと思います。
わざわざ旅行に来たら、時間を目いっぱい使っていろいろ見てみたいタイプです。

子猿はいつものごとく「なんでそんなに外に出たがるうきゃ? のんびりしてるうきゃー」と動く気は全くないので一人で出かけます。
ホテルには無料で借りられる自転車があるので、それを利用させてもらいます。

IMG_0355.jpg
しかし、ルーイの街は去年も自転車でさんざん走り回ってるんですよね。
ホントに何もない小さな街なのであります。
小腹がすいたので、なにか軽く食べられる食堂がないか探していたんですけど、それもなかなか見当たらないルーイの街。
地元の皆さんはどこで食べているんだ?

IMG_0356.jpg
こちらは、夜に賑やかになる屋台街ですね。
日中は静かです。

IMG_0357.jpg
街の中心にある市民の憩いの場、クッポーン公園の池。

IMG_0358.jpg
公園周辺はサイクリングロードも確保されているので、走るのは楽ちん。

ぐるぐる回ったんですけど美味しそうな食堂は見当たらず。
実はホテルの近くに小さな食堂があって、そこは人がそこそこ入っていたんですよ。
そこで食べることにいたします。
散々走り回って、結局は近場と言うオチ。

IMG_0359.jpg
こちらですね。
グーグルマップにも載っていない店。
アーハン・タームサン。注文屋台のお店ですね。
材料さえあれば自分のお好みで注文して調理してもらえます。
もちろんタイ語じゃないとまずダメですけど。

IMG_0360.jpg
超ピンボケで申し訳ないですけど、この店のメニュー。
もちろんタイ語のみ。
ソムタムやクイッティアオ、トムヤム系、ヤム系なんかがあるようで、どれも35〜80Bという現地価格であります。
しかも、無料Wi−Fiまであるようです。

IMG_0361.jpg
僕はカーオ・ムークロープ・クラティアム(豚肉のカリカリニンニク揚げご飯)がメニューにあったのでそれを注文。
普通に美味しかったです。35B。


地図。店はこの左側(南側)。

お腹も膨れ、ホテルに帰還。
部屋でまったりビールを飲んでくつろぐのでした。




夕方6時になったので食事に出かけたいんですけど、子猿が愚図ります。
これから行きたいお店は去年も行ったバーンヤーイという大きなイサーン料理屋さんで、たくさんのお客さんで賑わっていて料理も美味しかったんです。
しかし道中は街灯も少なくて、夜は真っ暗なんです。
帰りは暗くても仕方がないとして、行きはまだ明るいうちに行っておきたいんですよね。

バーンヤーイは当時ホテルのレセプションのおねーさんに勧めてもらいました。
該当記事「ルーイの本格イサーン料理
そちらでまた食べたい!

やっと出かけられたのが6時半。
子猿と一台ずつ自転車を借りて、バーンヤーイを目指します。

IMG_0362.jpg
去年も走ったので、なんとなく見覚えのある通りを駆け抜けます。
野良犬も何匹かうろうろしていて怖い。

去年あったであろう場所に到着したんですが・・・
あれ?
何度も周辺を行ったり来たりしますが、無くなってる??
おかしいな? 確かにわかりづらい店でしたが、それらしき明かりは全く見当たりません。
人に聞きたくても通行人もいませんから聞けません。
子猿も「どこうきゃ? どこにあるうきゃ?」と僕を散々なじります。
そう言われても!

やばい、もう周りも真っ暗で超危険!
どっぷりと墨をこぼしたかのように暗いので、何も見えませんよ。
自転車にライトなんて当然ついてませんから、iPhoneのライトを照らして走行です。

仕方なくホテルのほうまで戻ります。
ホテル周辺は街灯があるので、ひと安心です。

あとでホテルのかたに聞いたら、やはり店を閉めちゃったみたいです。
いいお店だったのに、残念!

さあ、仕方ない。
一から飯屋を探しましょうか〜。


続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 11:33 | Comment(6) | イサーン