2017年09月19日

カニ食い子猿

クラビタウンでカニを買い、ご満悦な子猿!
アオナンビーチまで戻りましょうか。

広い道路を快適に走って帰ります。
すると子猿、

ソムタムが食べたいうきゃ!
辛い辛いソムタムが食べたいうきゃ!


と後部座席でいきなり叫び始めます。
おいおい、カニがあるだろ!
そう言いますが、

ソムタムうきゃ!
カニの前にまずはソムタムうきゃ!


とゆずりません。
ちっ、仕方がないな。
「じゃあ、食堂が見えたらスピード落とすから、よさげな店を見つけたら声を掛けろ!」
といって、子猿に店を探させます。

アオナンビーチに近づくと、ぽつぽつ道端に食堂があります。
その中の一軒を指名する子猿。
そこに寄っていきましょう。

IMG_0293.jpg
雑貨屋の脇にテーブルが一個だけ用意されているおんぼろ屋台ですね。
雑貨屋で水を買ってきて、ソムタムを注文。
僕はソムタムタイ、唐辛子1個。子猿はタムテン(きゅうりのソムタム)を、めちゃくちゃ辛く。

IMG_0295.jpg
ガイヤーンも注文。
これは普通においしゅうございました。

IMG_0294.jpg
ソムタムタイ、カラッ! これ絶対唐辛子1個じゃないでしょ!
食べられない〜。

IMG_0297.jpg
子猿のタムテン、「酸っぱいうきゃ」、と不満げ。
残念ながら、イマイチなお店でした。
150B。





ホテルの部屋に戻るのですが、部屋の掃除は終わっておりません。(12時過ぎ)
「プリーズ メイクアップ ルーム」の札を出しておいたのに〜。

うきゃきゃ、カニうきゃ!!

そんなこともお構いなしに、さっそく買ってきたカニをバリバリと食べ始める子猿。

旨いうきゃ! 旨いうきゃ!

と無心にバリバリむしゃむしゃと食べております。
どれどれ、と僕もチャレンジ。
殻を剝くのが超面倒。
子猿にバカにされながらいただいてみます。
身は少ないのですが、確かに美味しいですな。
たれにつけて食べると絶品であります。

しかし、子猿は器用に殻をむきますなぁ。 感心させられます。

うきゃきゃ、服屋のシャチョーも驚いていたうきゃ!

子猿はプラトゥーナムの服屋で働いているのですが、ここの女店長が子猿のことをめちゃくちゃ気にいっているのです。
ほかの店員がだらだらとやる気がないのに比べ、つらい仕事も文句なくきびきびやるし、英語もしゃべれて外国人客の相手も物おじしなくするので、重宝されている模様。
休日に店長の家の掃除、留守の時に飼い犬の世話、家族の介護まで任されているそうです。

この間シャチョーの家族と5人でカニを食べに行ったうきゃ
わたしがみんなのカニの殻を剥いてあげたうきゃ
旨かったうきゃ
5人で2万Bもしたうきゃ


なんて言っております。
にににに、2万バーツ!!??
どんなカニっすか!
子猿はもちろんおごりであります。
シャチョー、僕も連れて行って!

Mさんを呼ぶうきゃ!
Mさんにも食べさせたいうきゃ!


子猿が自慢のカニをMさんにもふるまおうとしています。
いや〜、Mさんは北陸出身。美味しいカニをいっぱい食べて舌が肥えているでしょうからね。
この身の少ないカニはお気に召さないんじゃないかなぁ〜。

言われた通りMさんを呼んでくるのですが、やはりカニを見て少しげんなり、食べてもくれたんですが、「もうけっこう」とご辞退。

うきゃ? Mさんはなんで食べないうきゃ?
遠慮しなくていいうきゃ


不思議がる子猿。
「お腹いっぱいなんだよ」と言っておきました。

そしてカニ1キロ完食! なんてやつだ!!

ベッドメーキングされていないベッドにもぐりこむ子猿。
スマホをいじくり、完全リラックスモードになるのでありました。

さて、けだるいクラビの午後。
何をしましょうね。


続く。



ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 12:11 | Comment(10) | クラビ