2017年10月07日

本当? ホン島のラグーン

ロングテールボートによるクラビ、アイランドホッピング。
次はどこに行くのか船頭さんに聞くと、「ホン島(Hong Island)、ラグーンだよ」との答え。

ラグーン??

僕はこのときまでラグーンのイメージってこんな感じだと思っていました。

gahag-0103613062.jpg
え?こんなとこあるの?? マジ?と興奮。(画像はフリー素材サイトより拝借)
でも、これってラグーンじゃないみたいですね??

グーグルマップでホン島を調べて見ると、ドーナツのように島の中央にぽっかり大きな池のある地図が表示されます。
ん?これはなんだ?
謎の深まるホン島・・・

IMG_0640.jpg

IMG_0644.jpg
近づいてきました。
グーグルマップには表示されていませんでしたが、切り立った崖の一カ所が開いていて、中に入れます。
そういうことか!

IMG_0648.jpg
入ると、中は大きな湖のようになっております。

IMG_0650.jpg

IMG_0653.jpg
こういう地形がラグーンっていうようです。

現在のグーグルマップはきちんと地形が詳しく表示されております。

ホン.PNG
グーグルマップ、進化している!
ホン島のホンは部屋という意味。
この囲まれた感じが部屋っぽいのでそう名付けられた…のかは謎です。

IMG_0655.jpg

IMG_0657.jpg

IMG_0658.jpg

IMG_0660.jpg
崖近辺にはマングローブが生い茂っております。





IMG_0659.jpg
上を見ると・・・黒い影。

うきゃ! カンカーオ(コウモリ)うきゃ!
すごいうきゃ! いっぱいいるうきゃ!


と子猿が大騒ぎ。
子猿にはよく見えているみたいですが、われら日本人勢はさっぱりわかりません。
あ、でもたしかによく見るといるぞ!
写真には無数のコウモリが映っております。

IMG_0661.jpg
猿の姿も多いのです。
船頭さんがマングローブの実をむしり取って見せてくれます。
「この実が猿の大好物なんだ」と教えてくれます。
なるほど、だからマングローブが生い茂っているところにいつも猿がいっぱいいるんですな。

そして、おもむろにこの実を笛のようにして吹く船頭さん。
ぴーーーっといい音がラグーンに鳴り響きます。

うきゃ!やりたいうきゃ!

子猿が食いついて吹くのですが、ぷすーーーっと不発。
僕もやってみますが、やはり不発。
どれどれ、とKMHさんが吹くと、同じようにぴーーーーっといい音が鳴り響きます。
実はKMHさんはトランぺッターなんですよね。
なので、吹奏楽のテクニックがここで生かされたのでしょう。

ここでも泳げるけど、どうする?

と船頭さんが聞いてきます。

IMG_0662.jpg

IMG_0663.jpg

IMG_0664.jpg

IMG_0665.jpg
ここ、底が浅くてたしかに木と木の間を泳ぐのも気持ちよさそう。
Mさんは泳ぎが得意らしくここでも泳ぎたがっていましたが、「次のビーチのが水がきれいだよ」と船頭さんが言うので泳がず移動することに。
10分くらいでも泳いでおけばよかったかなぁ〜、と後悔。

IMG_0668.jpg
それではこのラグーンを出て、このホン島にあるビーチを目指しましょう。

IMG_5757.jpg

IMG_5758.jpg
おお・・・! このダイナミックさがいいですな!

IMG_0675.jpg
ビーチへ!


続く。


ホン島の地図。
ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 12:03 | Comment(2) | クラビ