2017年11月20日

現地清算という罠


タイ南部の街、ハジャイ。
1泊だけしたゲット・ゲストハウスをチェックアウトし、ソンクラーに向かいます。

ハジャソンクラー.jpg
ソンクラーの位置を確認。
ハジャイから北東へ約30キロであります。
今回で2回目。

IMG_1169.jpg
今回も前回同様ロットゥーで向かいます。
歩いてロットゥー乗り場のある時計塔まで。
ソンクラー行きのロットゥーがすでに客を何人か乗せて待機中。
僕も乗り込みます。

IMG_1170.jpg
すぐに満席になり出発です。
満席どころか、ぎゅーぎゅーですよ。
明らかに人数オーバー。

運ちゃんは太ったおばさん。
しばらくすると、小さな籠が回ってきて料金の徴収です。
運賃の30Bを籠に入れます。
でも、実際は28Bが正規の料金のようです。
まあ、安いので2Bくらいいいですけど。

籠がぐるりと回り運ちゃんのもとへ。
すると、運ちゃんはその籠の中を見て何か怒鳴っております。
めちゃくちゃ怖いです。
なんだなんだ??

道の端に車を停めるおばちゃん。
さらに怒鳴っております。
震えあがる乗客!
どうやら、1人分の料金が足りないようです。

すると、僕の前に座っていたイスラム系の若い男が「すまんすまん、寝ていたよ。いくらだい」と英語で答えます。
料金を支払い再出発しましたが、ほんとに寝ていたのかな〜?

ソンクラーに到着するのですが、ロットゥーの終着点がどこだかわかりません。
ソンクラーのロットゥー乗り場が街の入り口にあるんですけど、そこが終点と思ったらさらに市内に向かっています。
僕は、レンタルバイクをまず借りようと思っていたので、目当ての店の最寄りの場所で運ちゃんに声をかけ降ろしてもらいました。






前回バイクを借りた店は夕方4時からのオープン。
このときまだ12時前で開いていません。
そのすぐ近くのアイリッシュパブでもバイクを貸しているので、そこで借りようと思います。
前回はそこが全台貸し出し中で借りられなかったお店。

そのアイリッシュパブに着くのですが、なんともう現在はバイクのレンタルはしていないとのこと。
えー!?
しかし、「友達のファランがこの近くでバイクレンタルしているから、聞いてあげる」と、電話してくださいました。
でもそのファラン、現在ジムにいてトレーニング中だそうで、「1時間待ってくれ」、と。
しょうがない、予約したホテルがこの近くですので、まずはチェックインしてきましょう。
そう言い残してホテル、じゃないや、ゲストハウスに向かいます。

IMG_1172.jpg
若干歩き、予約したボーヤン・ゲストハウスに到着!

受付のおじさんはすごく愛想がいいのですが、なぜか予約した部屋より大きい部屋を勧めてきます。
いやいや、1人なので小さい部屋でもいいですよ、と言って断り、鍵をもらうのですが、「料金を払って」と言ってきます。
え?料金??
アゴダで予約したから払ってるはずだよ? と答えます。
しかし、「いや、まだもらっていないです」と押し問答。

にっちもさっちもいかず、おじさん、オーナーに電話して僕と変わり話をします。
オーナーいわく、「アゴダや予約サイトには口座を一切教えていないから、先払いは絶対にない」と言います。
どういうこと? 

国際通話になるから嫌だったのですがアゴダに直接電話。
電話に出たおねーさんは丁寧な対応で、確認します、と言われ一旦電話を切ります。

しばらくしたら折り返しで電話がかかってきて、「この予約はブッキングドットコムが絡んでいて、現地清算になります」とのこと。
えー!?
バウチャーをよく見ると、たしかにその旨書いてありました。
いつもアゴダでは先払いだったので、まさか現地清算だなんて夢にも思わなかったですよ。
こんなことは初めて!
ブッキングドットコムではよくあることだそうですが、いつもはアゴダかエクスペディアでの予約なので、油断していました・・・

1泊450Bの安ホテルなんですけどね。
現金で支払います。
しかし、1700Bしか残りのお金がないのに、450Bの出費は痛い〜。


部屋は十分な広さであります。
上の写真クリックでアゴダページへ。
ゲストハウスの詳細はそちらでご覧ください。
予約するときは現地払いですので、注意ですw

しかし、このゲストハウス、バイクのレンタルをしていました!
ラッキー!
1泊200Bでレンタルいたします。

早速バイクに乗って昼食を食べに行きましょう!
その前に、先ほどのアイリッシュパブに寄って無事にバイクが借りられたことだけ報告。

飯に向かいます。


続く。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 09:49 | Comment(14) | ハジャイ・ソンクラー