2017年12月19日

ウボン、祭りの後


タイ東北の街ウボン、祭りも終わり穏やかな日常の日々がまた始まります。
2017年7月10日の朝であります。

まだ薄暗い5時ごろに目を覚ましてしまいます。
外を見ると昨日も子どもたちで大賑わいだったプールがあるんですが、底にびっしりコールタールのような茶色いヘドロが溜まっていて、係りの人が太いホースでそれをバキュームしております。

これ、3時間以上かけてやっていました。
前日は普通にきれいなプールだったですよ。
毎日こんなに汚れるんですかね?
掃除も大変ですな。

今回の宿泊は朝食付きですので、子猿も起こして食堂に向かいます。

IMG_4091.jpg
お、簡易ながらもビュッフェがありますな。

IMG_4092.jpg
カイカタも頼むと作ってもらえます。

IMG_4093.jpg
イサーンの朝食と言えば、このカイカタが名物なのであります。
なぜこの目玉焼きが名物?と聞かれても、名物だから仕方がないのですw

なかなか美味しい朝食に子猿も満足!
ご機嫌であります。

しかし子猿のヤツ、今回の旅行は11日までと思っていたようで、「13日までだぞ」、というと露骨に嫌な顔。
この日は10日。
何度も書いていますが、今回のウボンは11日がお祭りと思っていたので、そのような日程になってしまいました。
翌日にはウボンの東にある街に移動する予定。
で、この日は一日たっぷりウボンの観光、そう! お寺巡りの予定です。
最低でも5カ所は回る予定です。

うぎゃ〜〜、絶対イヤうきゃ!
たーれっく1人で行ってくるうきゃ!
部屋で待ってるうきゃ!


と想定通りの子猿の返事。
いいんです、子猿がいると早く帰りたがってじっくり観られませんから、1人で行く方が気が楽というものです。

というわけで、1人でバイクでウボン周遊。





必殺兵器のスマホ自転車ホルダーを装着し、グーグルマップのナビで向かいます。

IMG_4094.jpg
一カ所目は、ワット・マハーワナラーム(Wat Maha Wanaram วัดมหาวนาราม พระอารามหลวง )。
こちら、キャンドルの山車が素晴らしく、僕が優勝候補とにらんでいたお寺のひとつ。

IMG_4095.jpg
お?この木像のお堂、いいなぁ。
壁全体にレリーフが施されております。

IMG_4096.jpg
細かいですね。

IMG_4097.jpg
こちらはお堂の裏側で、このとき改修中(修復中?)でした。

IMG_4098.jpg
しかし、日本人好みなシックな色使い、落ち着いたデザインであります。

IMG_4106.jpg
こちらが表側。 入口です。

IMG_4107.jpg
参拝客も多いです。
金箔を貼られまくった如来像。

IMG_4108.jpg
こちらは天人ですが、衣服は蝋の細工でできていますね。
山車も細工が細かくて素晴らしかったので、こちらの得意技のようです。

IMG_4110.jpg
堂内では、僧侶によるお勤めの最中でした。

IMG_4111.jpg

IMG_4112.jpg
堂の横にある礼拝所も人気です。

IMG_4113.jpg
あ、プラ・ラフーさんだ!
ちょっと愛嬌のある顔。

IMG_4115.jpg
かなりインド寄りなプラ・ピカネート(ガネーシャ)。

IMG_4116.jpg
相棒のネズミはちょいとゆるい。

IMG_4099.jpg
横の堂も改修工事中。

IMG_4100.jpg
こちらはタイらしいお堂ですな。

IMG_4101.jpg
あ! キャンドルフロートだ!
でも、パレードで見たのはこれじゃなかったぞ?
こちら、その前の年の山車ですかね。

IMG_4102.jpg
あった、これこれ!
これが今年のですな!

IMG_4103.jpg
やはり改めて見ても細工がすごいし見応えがありますな!
実は優勝の寺しか知らず準優勝がどこだかはわかりません。
ですが、ここかワット・ジェーンに間違いないと見ております。

IMG_4104.jpg
ピンボケですが、嵐の後かのような工房。
追い込みは大変だったんでしょうな。

というわけで、満喫!
次のお寺に向かいましょう!


続く。


ワット・マハーワナラームの地図。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 15:03 | Comment(4) | ウボン