2018年01月22日

2度目のミャンマー


たびするバンコク Kindle版
このブログをまとめた電子書籍、「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の9巻が発売中です!
マレーシアのマラッカからボルネオ島のコタキナバル、そしてクアラルンプールと、オールマレーシア編でお送りします。
初々しい(?)ドタバタ旅行記をぜひどうぞ!


それでは本編、ミャンマー編の始まりです!

2017年10月17日から22日まで、ミャンマーのマンダレー〜バガン〜ヤンゴンに行ってまいりました。
ミャンマーは2度目であります。

taimyannma-.jpg
今更ながら位置関係。

今回は子猿と、タイ友のFさんとの3人の旅であります。
Fさんは、以前タイ人運転手ウッドさんと一緒に車でウボンまで行ったかたですね。
僕より干支一回り以上年配の、大阪出身、在住。
キム兄似のおしゃべり好き、世話好きな方であります。

今回Fさんが、「今度のタイ旅行では前から行きたかったバガンに行きたいんや。向こうで車をチャーターしてガンガン観光するつもりやけど、ひとりじゃ味気なくてあかん。一緒にどうや?」、と誘ってくださったのです。(適当な関西弁w)
「飛行機代とホテル代以外は面倒見るで」、とまでおっしゃってくださいます。
でへへ、いいんですか〜?
正直、とってもありがたいっす!
ということで、便乗させていただくことにあいなりました〜。

でも、旅のプランなどはもちろんすべてFさんのものであります。
僕らは乗っかってついていかせてもらっただけであります。
なので、今回の旅行記は割愛しようかとも思いましたが、ミャンマーはやはり東南アジアの空気が色濃くて面白く、またFさんもキャラが濃くてパワフルなので、端折らずレポートしたいと思いますです。

ただ、いつもはブログに記事を書くためにあったことを旅の最中の夜なんかにメモをしているのですが、今回の旅は超強行軍でそんな余裕もないくらい夜はへとへとなのであります。
途中まで、しかもかなり前半しかメモをしておりません。
序盤からいつも以上に適当な描写になりますので、ご容赦を。





そして、子猿の身の上にも大変化が。

子猿はいつも、昼間はプラトゥーナムにあるプラチナム・ファッションモールというところの洋服屋で働いているのです。

IMG_9992.jpg
プラチナム・ファッションモールは小さな店舗が数百も集まる服飾街。
子猿が働くお店は4畳半もないくらい狭い店舗だそうですが、家賃は月に7万B以上だそうです。

お店の女店長は、まだ30代だそうですが超やり手みたいで、子猿をめちゃくちゃかわいがってくれています。
英語はもちろん、中国語やもうひとつの言語の4か国語を操る才女だそうで、月に何度もシンガポールや中国に服の買い付けにひとりで出かけているとのこと。

そんな店長が、ある日倒れて緊急入院。
子猿の説明だと、空気の悪いところで働いていたので肺に埃がたまったんだそうで、どんどん痩せて行き顔色も悪く、いつ退院できるかもわからない状態だそう。
当然仕入れもままならず、わずか一か月でお店の在庫が100着ほどになり売るものもない状態に。
もともと卸しのような店みたいで、仕入れる数もはける数も半端ないみたい。

しかし、肝心の店長はいつ退院できるかもわからない状態。
高額な家賃を払い続けるわけにもいかない、ということで、お店をたたんでしまったのです。
つまり、子猿は解雇、首であります。

いきなり職なしになってしまった子猿!
子猿ちゃん、大ショック!

それ以上に大変なのは僕ですよ〜。
子猿が頼るのは僕しかいないので、僕の負担がまた更に増えて行くのであります。
勘弁して!

店長は昨年末に無事退院してだいぶ元気になったそうですが、旦那さんも稼いでいるらしくもう仕事は当分しないとのこと。
今でも子猿を気にかけてくれて、いろいろ親切にしてくれるんだそうです。

そんな傷心でニートな子猿とともに、今回のミャンマーは旅立ちます。
僕も行ってみればニートみたいなものですから、ニートカップル、ミャンマーに行く、であります。

おっと、その前に、ミャンマーに行くにはビザが必要なんですよね。
Fさんは日本で無事ビザをとったとのこと。
最近は楽にビザが取れるようになったみたいですね。

僕と子猿はまだなので、バンコクのミャンマー大使館にビザを取りに向かいます。
以前もとったことがあるから何も調べずノープランで向かったのですが・・・


ということで、続く!



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:00 | Comment(10) | ミャンマー