2018年03月07日

バガンの夕食


子猿の屋台の漫画をnoteにて無料公開中です。
よかったら読んでください!

「たいめし」第5話 子猿の屋台編


ミャンマー、バガンの遺跡巡りも無事終了。
運ちゃんにホテルまで連れて行ってもらいます。

Fさんが、急きょ運ちゃんに「1時間後くらいに夕食にも連れてってやー、追加料金払うから」と言って追加チャーターの交渉を始めます。
ガイドブックに紹介されているレストランに行ってみたいようです。

運ちゃんが何か言っていますが、8時にまたこのホテルから乗せて行ってもらうよう交渉成立。
1時間ほど余裕があるので、部屋にいったん戻りシャワーを浴びてひとごこちです。
ふはー、ほんとに疲れました!

8時にロビーでまた落ち合い、お目当てのレストランへ。
どんなところでしょう?
僕はノーチェックです。

IMG_6712.jpg
真っ暗なバガンの道を車で進むと、急に大きなレストランがぽっかりと現れます。
遺跡風な外観の、クイーンハウス・バガンというお店ですね。

店内はお客さんが全くいない〜。
店員が、奥の屋外広間に連れて行ってくれます。






IMG_6714.jpg
あ、なんかショーをやってる!
あとでるるぶを見ると、ショーが売りのレストランとここが紹介されています。
7時半から始まっていたようで、もはや終盤w
さっき予約するとき運ちゃんがなにか言っていたのは、このショーが8時から向かうと始まっちゃってるよ、ということだったようです。
疲れ切っていてちゃんと聞いていなかった!

IMG_6716.jpg
でもお客さんは僕ら以外には20人くらいの白人団体グループで、テーブルを縦長にセッティングし、ショーをただじっと見つめております。
誰一人おしゃべりもなく、真っ暗な中小さなキャンドルの灯りだけで静かに食事をしながらの観劇です。

僕らも急きょテーブルを用意してもらい、キャンドルの灯りでメニューを見るのですが、そのかすかな灯り目指して羽虫の大群が襲ってきます。
うわっ、なんだこれ!

IMG_6717.jpg
ショーは僕らが到着して15分ほどで終わってしまいました。
白人団体のみなさんも終わると同時に静かに立ち上がり、お帰りです。
僕らだけになる店内w

屋外広間は寂しいし虫もひどいので、店員に行って店内席に移動させてもらいます。

誰も客がいない室内席でのんびりといただきます。
寂しい〜。

IMG_6719.jpg

IMG_6720.jpg

IMG_6721.jpg
全然ミャンマー料理じゃないですな!w

いい具合に酔っぱらい疲れ果てているので、ホテルに戻り爆睡です。
充実していましたが、長い一日でした!

バガン遺跡巡りは、最低2日、余裕をもって3日。 
1日で回るなら厳選して8カ所ほどをゆっくり回ることをお勧めいたします!

翌日は、バガンをもう一泊。
バガン郊外のポッパ山に向かいます。
ここもまたいろいろすごかったので、お楽しみです!


続く。


クイーンハウス・バガンの地図。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:00 | Comment(4) | ミャンマー