2018年03月12日

ポッパ山の頂は霧の中


ミャンマー、バガン郊外のポッパ山へ。

僕ら3人を乗せた車は、周りに何もない高原地帯に入り、疾走します。
すると、道端に老人がいて、僕らの車を見て手を伸ばします。
ん?なんでしょう? ヒッチハイク?

すると、もうひと組老人と子供がいて、僕らの車に手を伸ばします。

今のはなにうきゃ?
なんであんなところにいるうきゃ?


子猿も聞いてくるので、運ちゃんに「彼らは何しているの?」と聞いてみます。
無言で答えない運ちゃん。

物乞いちゃうか?

とFさん。
え?まさか?

IMG_6757.jpg
すると、次から次へと、数人どころの話じゃなく何十人もの老人・子どもが道端に立ち、僕らの車に手を伸ばしてきます。
窓を閉めていたので気が付かなかったんですが、通過するときに大声で何か叫んでいるようです。

うきゃ?
なんでこんなことしてるうきゃ?
仕事をして稼げばいいうきゃ


子猿がつぶやきます。
おそらく、こんな田舎では仕事がないんでしょう。
若者の姿が見えないので、仕事ができない老人子どもがこのように道に立ち、物乞いをしているんだと思います。

すれ違う対向車が窓からドル札らしきものを放り投げます。
それに群がるみなさん。
い、いたたまれない・・・

信じられないうきゃ・・・
うちの田舎でもこんなの見たことないうきゃ


そう言って、無遠慮にiPhoneで写真を撮る子猿。

おい、失礼だぞ!
かわいそうじゃないか!

そうたしなめると、

かわいそううきゃ
ありえないから写真に撮るうきゃ


そう言って何枚も写真を撮り続ける子猿でした。

このブログにも掲載しようか迷いましたが、厳しい現実を知ってもらうためにも載せようと思います。
子猿に頼んで写真を送ってもらいました。

IMG_8686.jpg

IMG_8693.jpg

IMG_8689.jpg

IMG_8690.jpg

IMG_8692.jpg
歩くのも辛そうなご老人ばかりです。
豊かで何不自由ない生活をしていると、まだまだこんな現実が世界にあることを忘れてしまいますね。






車はさらに山に入って、山岳村みたいなエリアに入っていきます。
運ちゃんが、「あの黄色いのはこの辺りの名物の花だ」と教えてくれます。

IMG_6762.jpg

IMG_6760.jpg
屋台の店頭にたくさん黄色の瓶が並んでおります。
あれ? この黄色いのなんだっけ? ジュース? 
すんません、忘れましたw

IMG_6761.jpg
ロータリーの中央にもその黄色い花のオブジェがありますね。
未舗装道路のロータリー。

IMG_6764.jpg
そしてようやくポッパ山ふもとの街に到着!
山までは若干歩かなくてはいけないようです。

IMG_6765.jpg
バイタクの営業がうるさいですが、歩きましょう。
たくさんの車でひしめき合っております。

IMG_6767.jpg
しかし、曇っております。
ヤシ工房ではあんなに晴れていたのに〜。

IMG_6768.jpg

IMG_6769.jpg
あ、道が地盤沈下している!
それで車が通れないんですな。
やはり、地震の影響でしょうか?

IMG_6770.jpg
ポッパ山が見えてきましたが・・・
あ〜、残念! 山頂が霧の中〜。

IMG_6771.jpg
残念な撮影スポットに、残念なポッパ山。

IMG_6773.jpg

IMG_6774.jpg
しょうがない・・・残念なポッパ山に向かいましょう〜。


続く。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:23 | Comment(6) | ミャンマー