2018年04月19日

朝散歩の敵と言えば・・・


チェンライ、朝散歩。
次は、気になっていたもう一つのラックムアンのあるワット・クランウィアンへ。
こちらは再訪。

IMG_7195.jpg
サーン・ラックムアン。
立派な祠であります。

IMG_7204.jpg
屋根の部分の装飾を見ても、どれだけ凝って造られているのかがわかります。

IMG_7196.jpg
ガラスが反射しちゃって写真がきれいに撮れないのはどうにかして欲しいところ。

IMG_7197.jpg
この祠を護る2体のヤック。
こちらは夜の番人、ヤック・ラップ。
寝ぼけ眼。

IMG_7198.jpg
こちらは昼の番人、ヤック・トゥーン。
目がさえています。
この昼と夜のヤックは北タイでよく見るモチーフで、バンコクなどではほとんど見かけません。

IMG_7205.jpg
礼拝堂に入ってみましょう。
いかにも北タイ!と言った、典型的なランナー調建築のお堂ですね。

IMG_7199.jpg
中に祀られている仏様もとてもシックであります。

IMG_8760.jpg
あ! 立っているプラ・サンガッジャーイさんだ!
プラ・サンガッジャーイさんは座っているのがデフォルトで、立っているのは初めて観ましたです!
超貴重!

というか、前回来ているときも観ているはずですが、当時はまだタイの神様にあまり興味がなかったので気が付かなかったですよ。
知ると気づくことも多くなって、とても楽しいです。

IMG_7203.jpg
この境内に、柵があって入れないお堂があるのですよ。
リンガが周りを囲っていて、なにかしら謂れのありそうなお堂です。
しかし、英語も記されたこのお寺の解説パネルや、ネットを調べてもこのお堂のことは何も書かれていないんですよね。
謎のお堂。

移動しましょう・・・

IMG_7206.jpg
と思ったら野良犬の群れが行く手を阻みます。
こっち見てるー、怖くて先に行けない〜。
反対側に移動してひっそりと通り抜けます。





IMG_7207.jpg
次に来ましたのは、ワット・プラシン。
こちらも再訪ですね。
好きなお寺です。

IMG_7208.jpg
渋いガネーシャ像。
最近は大ヒットしているインド映画「バーフバリ」の影響でインドの神様も人気だとか。
その余波で僕のブログも人気にならないかなぁw
インドの神様なら、「どうでもタイランド」を読むといろいろ詳しくなれますよ!w

IMG_7210.jpg
あ、また犬がいるよ〜。

涼しい朝にタイのお寺に来ると、快適でほかの観光客もいなくてじっくり観ることができる分、野良犬の恐怖におびえることになります。
無責任な飼い主が、病気になったり面倒見切れなくなった犬をお寺に捨てるんですよね。
犬を処分しろとはいいませんが、そんな飼い主を罰する法整備などちゃんとしてもらいたいものです。

境内を回っている間ずっとこの犬に後をつけられて怖い〜。

IMG_7211.jpg
礼拝堂の扉は閉じられていて中が観れません。
まあ、前回ここには子猿と来て中は観ているのでいいんですけどね。

IMG_7212.jpg
おお、扉のレリーフがなかなかすごい!
扉が閉じられていたからこそ気づくことができました。

IMG_7213.jpg
このお寺は、正門が素晴らしいのです。
これを観に来ました!

IMG_7214.jpg

IMG_8761.jpg
小さな門ながら重厚にできております。
この凝った造形!

IMG_8762.jpg
ううむ、素晴らしい!

IMG_8763.jpg
両脇を護るシン(獅子)は何かに嚙みついております。

IMG_8765.jpg
北タイのシンは、何かを噛んでいることが多いですね。
どんな由来や影響があるんでしょうか?

飯を食いに行きましょう。

IMG_7220.jpg
むむ? 歩道・・・だよね、ここ。
わざわざ植えたのかな?

IMG_7226.jpg
時計塔の近く、宿泊ホテル近辺まで戻ってきました。
この辺りには食堂もちらほらあるのです。

IMG_7227.jpg
適当にクイッティアオの食堂があったので入ります。
バミー・チェンライというお店。
托鉢僧にタンブン(寄進をし、徳を得ること)をする店員さん。

IMG_7228.jpg
どこにでもある普通の食堂です。

IMG_7230.jpg
バミーの具材全部の乗せを注文。 50B。
普通に美味しいです。

バミーをすすっていると、スーツケースをガラガラと引いたこじゃれた若者のあんちゃんが店員さんに道を聞いております。
すごい韓国語なまりのカタコトのタイ語で話しています。
韓国人がしゃべるタイ語を初めて聞きましたが、やはり韓国語っぽくなるんですなぁ。

日本人がしゃべるタイ語も、すぐ日本人とわかる日本語なまりのタイ語をみなさんしゃべりますからね。
当然と言えば当然ですが、妙に感心しながらやり取りを聞いておりました。

お腹も膨れホテルに帰還。
1時間半の朝散歩でありました!


子猿を叩き起こし、本日の観光に出かけます!


続く。




ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 12:19 | Comment(8) | チェンライ