2018年04月26日

岸壁のパ


チェンライの新しいお寺、ワット・フアイプラーカン。
まだ工事中の白いお堂を観てみましょう。

IMG_8805.jpg
3つの建物の位置関係はこんな感じです。

白いお堂、外観はできていますが、中から工事の音も聞こえますし、観光客参拝客も誰もいませんね。

IMG_7338.jpg
とりあえず、ナーガ様を撮らせていただきます。
これから色が付くんですかね? 純白のナーガ様が美しいです。

IMG_7340.jpg
お堂も柱や壁のレリーフが素晴らしいですね。
どこまで凝っているんでしょうか。
「立ち入り禁止」の札もないので入っちゃいましょう。

IMG_7343.jpg
うはぁ、すごいなぁ。

IMG_7350.jpg
堂内は絶賛工事中ですね。
完成が楽しみです。
写真だけ撮って早々にお暇いたします。

駐輪場に戻るのですが、子猿はやっぱりお腹がすいているらしく、「最初に見かけた食堂で食事をしていくうきゃ」、と言い出します。

IMG_7256.jpg
こちらですね。(写真は来た時のもの)
ここはラートナーの食堂のようで、たくさんの人が食事をしております。
やはりセルフサービスですけど、なんとなく汚らしいんですよね〜。
無料ってみんな雑になるからよくないですね。

子猿もセルフで盛り付けをし、席を確保。
僕も、子猿のを少しだけ食べさせてもらいます。
写真撮り忘れましたが、味はそれなりですね。
無料なので文句は言えません。

それにしても、来た時よりどんどん参拝客が集まっていますね。
駐車場もだいぶ車で埋まっていまして、案内係のあんちゃんも忙しそうです。
僕らは、次のお寺に向かいましょう。

案内係の誘導に従いバイクを走らせると、僕らが来た逆側に広い道があって、そこが正式な入口のようです。
どの道を走ればここから入れたのかな〜??






次に向かうのは、山の中にあるお寺です。
グーグルマップをチェックしていた時に見つけました。

IMG_7351.jpg
田舎道をひた走ります。
道路の舗装もかなり悪くなってきたので、スピードを落として安全運転です。
時折大きなダンプカーが僕らを抜かしていき、激しく砂塵が舞います。

ゴホゴホしていると、後ろから子猿がいいます。

なんでマスクしないうきゃ!
埃は危険だから、マスクするうきゃ!


埃に過敏反応を示す子猿は、ちゃっかり朝からマスクを着用です。
まだマスクも余っているそうなので、ひとつもらって着用します。

おー、マスク、たしかに着けると砂塵が舞っていても全然平気で快適であります!
日焼け対策にもなっていいですな。

気分よく走っていますと、子猿が後ろでまた何か叫んでおります。

パ! パ! パ! パ!

何言ってんだ・と思い聞き流しておりますと、

たーれっく! 何で興味を示さないうきゃ!
でかい仏の絵があったうきゃ!


と言っております。
え?と思い引き返しますと、ほんとだ!

IMG_7354.jpg
写真では伝わりづらいですけど、かなりでかい遊行仏のレリーフが岸壁に描かれております。
山の中に急に現れるので、結構インパクトがあります。

パ、ってプラ・プッタループ(仏)のことかよ!
子猿は「プラ」を「パ」と発音するのです。
イサーン地方の方言のようです。
プラー(魚)もパーって発音しますし、いまだに混乱させられます。

みんなちゃんとわかってくれるうきゃ!
わからないたーれっくがバカうきゃ!


といつもバカにされます。

IMG_7353.jpg
顔の長い仏様でした!

ひきつづき目的のお寺に向かいます。


続く。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 13:22 | Comment(6) | チェンライ