2018年04月30日

象推しの歴史あるお寺


チェンライ市内に戻ります。
途中一カ所、ワット・ミンムアンというお寺に寄ります。
先ほどのお寺に行く途中に見かけて、気になっていたのです。

IMG_7431.jpg
子猿はげんなりで「待っているうきゃ」、というので、1人で見て回ります。

IMG_7452.jpg
英語も併記された案内板があって、このお寺の解説が書かれております。
ワット・ミンムアン
チェンライ市がつくられたのと同じ年にできた。
マンラーイ王とタラメーシー王妃によって造られた、とあります。

マンラーイ王は、北タイに1260年ごろに興ったラーンナー王朝の初代王ですね。
へー、そんな由緒正しい歴史あるお寺なんですか〜。

IMG_7432.jpg
こちらが門です。
渋いですね。

IMG_7433.jpg
象さんが踏みつけられております。
その周りにいる猿もかわいい。

IMG_7453.jpg
中に入って裏側から。
今度は馬を踏みつけている・・・というか、乗っているのかな?

IMG_7458.jpg
ナーガに乗っております。

IMG_7434.jpg
こちらも大規模な工事の真っ最中なのですよー。
チェンライのお寺はどこも工事中であります。






IMG_7454.jpg
礼拝堂から見て行きましょう。
渋いナーガが護っております。

IMG_7455.jpg
中も渋いですね。
木造のお堂であります。

IMG_8830.jpg
細工がとにかく細かいです。

IMG_7444.jpg

IMG_7446.jpg
周りにも細かく造形物が飾られていて、観て回るだけでも楽しいのです。

IMG_7457.jpg
象の像がとにかく多く、象推しであります。

IMG_7447.jpg
こちらが通りから見える建物。
今までに見たことがない外観ですね。
外から見るとまた変わっているのですが、写真撮り損ねちゃいました。

IMG_7448.jpg
中は閉じられていますが、吹きさらしで観ることができます。
説教・集会場ですね。
外観とは違って、中は普通。

IMG_7449.jpg
何やら立派な祠があります。

IMG_7450.jpg
象の像が多く、ほんと象推し。

IMG_7451.jpg
こちら、マンラーイ王とタラメーシー王妃の像が祀られております。

IMG_7436.jpg
奥に行くと、またもや建造中のお堂があります。
なんだ、このかっこいい堂は!!

IMG_8832.jpg
すごいのがあるぞ!?

IMG_7437.jpg
堂の入口を護るのは、象であります!
象とナーガを混ぜたようなデザイン!
かっこよすぎる!

IMG_7438.jpg
マカラから産まれいずる象!
こんなの初めて見た!

IMG_7440.jpg
しかも、根元にも象がいます。
ふはー、オリジナリティ〜!

IMG_7439.jpg
この淡い色使い・・・!
凝っていますね〜。
美しすぎるでしょ!

IMG_7441.jpg
レリーフもよくできております。

IMG_7442.jpg
堂内は絶賛工事中。
うえ〜ん、またここも完成したら観にこなくちゃいけないよ〜。
ほんと、キリがない〜!

IMG_7443.jpg
外壁にも象に乗る天人像がずらり!

こちらもまた見ごたえのあるお寺でした!
チェンライすげー!

満足満足!
ホテルに戻りますが、その前にカオソーイを食べに行きましょう。


続く。


ワット・ミンムアン(Wat Ming Muang)の地図。


ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 12:48 | Comment(4) | チェンライ