2018年06月26日

ロッブリーのファラン向けお宿



バンコクでうっきゃー
バンコクでうっきゃー
電子書籍の新刊が出ました!
楽しく笑ってほろっとする内容になっているので、ぜひ読んでみてね!
kindleUnlimitedに登録していれば無料で読めます。
僕の電子書籍は全て読み放題対象です。
kindleUnlimitedへの登録はこちらからできます!
30日間無料体験もありますよ!
(もし30日過ぎて有料で続けたくない場合は、それまでに登録解除手続きをしないといけません。その点注意です)




IMG_9474.jpg
バンコクのフアランポーン駅から列車に乗ってロッブリーへ!
写真の右側の席が広くて左側が狭いんですが、子猿が広い方を確保してくれたので快適であります。

IMG_9475.jpg
ホアランポーン駅周辺に置かれた車両はもう使われていないんですかね?

IMG_9476.jpg
乗客は白人が多いのですが、みなさんバカでかいバックパックを持ったバックパッカーであります。
まだまだバックパッカーって健在なんですなぁ。

そんなバックパッカーな皆さんはほとんどアユタヤで降りてしまいます。
混雑していた席があっという間にガラガラに。

IMG_9479.jpg
定刻より約30分遅れ、13時にロッブリー到着です!

IMG_9481.jpg
タイの鉄道は自由な感じですな。

IMG_9480.jpg
ロッブリーは猿の街。
プラットホームでは猿の像がお出迎え。

IMG_9483.jpg
駅舎を出ます。


泊まるホテルはどこうきゃ?

子猿が聞いてきます。
ホテルはネットで予約済みです。
駅から歩いてすぐのヌームゲストハウスというところ。(ノーム??)

IMG_9484.jpg
すぐに到着。
1階はレストランバーになっていて、白人御用達な感じ。
全てが英語で表記されております。

カウンターのタイ人女性も、子猿がタイ語でしゃべっているにもかかわらず英語で返してきますw
宿泊費は現地払いだったので直接こちらで支払います。
一泊360B、デポジットで200B。

バイクもこちらでレンタルできるので、2泊でお願いしますが、なんと1泊300Bといいます。
負けてくれとお願いしても一切応じてくれませんでした。
いままでどこも平均1泊200、高くて250でしたが、一番高いですな。
おそらく競合がいないので強気なのでしょう。

こちらのゲストハウス、木造で年季が入っております。

IMG_9486.jpg
廊下もすごく広くていい雰囲気!
しかし、トイレ・シャワーが共同です。
でも、トイレも男2室女2室、シャワーも3つブースがあるので、混雑することはないでしょう。


部屋も十分な広さであります。
上の写真をクリックでアゴダページへ。
ゲストハウス詳細はそちらで。

しかし子猿は文句炸裂であります。
共同トイレが嫌みたいで、「夜中トイレに行くときに不便うきゃー!」とぶつぶつ文句を言っております。
僕のがトイレ近いので不便なんですけどねw





さっそく観光に励みたいのですが、その前に昼食を食べましょう。
お腹ペコペコですよ。

IMG_9576.jpg
面倒なので、このゲストハウス1階のレストランで食べて行きます。

IMG_9489.jpg
僕はカオパット・ムー。
さすがファラン仕様なので量が多いです。
でも、意外と美味しい。

IMG_9488.jpg
子猿はいつものガパオ・タレー。
奴は必ずシーフードですな。
子猿も「旨いうきゃ!」とご満悦。

これにコークゼロを頼んで飲んだのですが、お会計がまさかの405B。
え??
やはり納得いきませんな、絶対計算ミスですな。
やられた!

頼んでおいたバイクも来ているというのでキーをもらいます。
このバイク、まだ走行距離も200キロほどの新品であります。
おー、これは気持ちいい!
でも新しいバイクは盗まれたりいたずらされないかちょっと心配です。

それでは、さっそく観光に出発いたしますか!


続く。




ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:00 | Comment(8) | バンコク近郊