2018年08月29日

ロンリー・シュノーケリング


ブログ タイでうきゃうきゃ日記 12
タイでうきゃうきゃ日記 12
このブログをまとめた「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の12巻が発売されました!
今回は2014年のカンチャナブリー、イサーンの旅を収録!
514ページの超特大ボリュームでお送りいたします〜。
まさにアメージングなすごいタイをいっぱい紹介していますので、ぜひ読んでみてね!

kindleUnlimitedに登録していれば無料で読めます。
僕の電子書籍は全て読み放題対象です。
kindleUnlimitedへの登録はこちらからできます!
30日間無料体験もありますよ!(もし有料で続けたくない場合は30日以内に登録解除手続きをしないといけません。その点注意です)



クラビ、アイランドホッピングツアー。
次はタップ島に向かいます。

このタップ島、2016年にも行っていますが、当時グーグルマップに「TWIN SEA」と表記されていた島ですね。
二つの島が隣接していて、潮が引くと地つながりになる変わった双子島です。
現在グーグルマップでは、西側がKo Mor、東側がタップ島と表記されています。

kotap.JPG
地図ではこんな感じ。
バンブー島からクラビに戻る途中になります。

船頭さんがガイ島の奇岩が見えるスポットで船を停めます。
「ほら、撮影タイムだ!」、と僕らに声をかけますが・・・

IMG_1240.jpg
この鶏に見える奇岩がガイ島の名前の由来。
ガイはタイ語で鶏のこと。
しかし、僕らは毎年見ているので正直食傷気味。
天気も良くないしー。
初めての方もいるのでその方のためですけど、これだけ曇天だとちょっとかわいそうですな。

IMG_1243.jpg
そして、タップ島に着くのですが、船頭は「潮が引いて上陸できない」、といいます。
いやいや、みんな上陸してるでしょ。

IMG_1246.jpg
ここから見ると、海の上を歩いているようですな。

IMG_1247.jpg
さらに、「ここでも入島料がいる」、とも言ってきます。
ほんとかどうかわかりませんが、船頭はどうしてもあそこには行きたくないようです。
みなさんも、天気の悪さも加わりテンションは低く、どうでもいい感じです。






「シュノーケリングのポイントはここだ。やるならここでやってくれ」、と船頭。
お、おう。
タップ島が見えるスポットで潜ります。
僕はシュノーケリングを楽しみにしていたので、子猿ともども海に飛び込みます。
しかし、泳ぐのは僕らとMさんだけで、他のみなさんは海にも飛び込もうとしません。
えー? マジ??

IMG_9787.jpg
「寒いから」、とおっしゃっていましたが、海に入ればそうでもないんですけどね。
むむ? シュノーケリングを楽しみにしているのって僕と子猿だけなの??
泳がなければアイランドホッピングの楽しさって半分以下な気がするんですが・・・
と言いつつ、僕も浮かぶことができるようになってようやく楽しさが分かった口ですけど・・・w

IMG_9889.jpg
子猿は泳ぎがめちゃくちゃ得意なので、1人でどこかに行っちゃって僕は放置であります。

IMG_9900.jpg
海中はとてもきれいで泳ぎ甲斐がありましたです。
みなさん退屈そうなので、30分ほどで上がります。

最後はポダ島ですが、雨が降ってまいりました。
しかも、この島のビーチにもたくさんの人がいるのが見えます。
加えて船頭がまたしても、「ここも入島料が必要だ」、と言ってきます。
ほんと?? 信じられませんな・・・

帰ろう帰ろう

みなさん一刻も早く帰りたいようで、意見が一致。
ノッパラッタラ・ビーチに逃げ帰るのでした。

今回のアイランドホッピングは惨敗でしたね・・・
天気の悪いビーチリゾートほど悲惨なものはありませんです。

ちなみに、2016年のガイ島・タップ島・ポダ島。

IMG_1032.jpg

IMG_0802.jpg

IMG_0795.jpg
何もかも皆、懐かしい・・・

約束通り船頭にチャーター代4200Bを支払います。
7人なので1人600B、プラスバンブー島の入島料100Bというお会計になります。

17時にジャングルキッチンに予約をしてありますから、その時間にまた会うことを約束し、みなさん解散です。
くたくたですね。
部屋に戻りシャワーを浴び、少し休憩です。


続く。




ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 11:59 | Comment(6) | クラビ