2022年01月06日

たーれっく漫画の電子書籍と子猿の近況を少し


2022年になりましたのでw、あらためて現在発売中の僕の電子書籍を紹介いたします。
気になる本がありましたら是非読んでみてね!
表紙画像クリックで販売ページに飛べますので、詳細はそちらで。

たいめし 1
たいめしシリーズ
タイ在住の漫画家が、本場タイのタイ料理をローカルなお店で食べ歩く漫画シリーズ。
タイの雰囲気を感じられるのはもちろん、知られざるタイ料理のうんちくも知ることができます。

たいめし 2
その続編で、子猿も登場!
観光客やタイ在住日本人に大人気の本格イサーン料理屋やレバ刺し&イサーン料理屋を食べ歩きます。
子猿が当時やっていたヤムネーム屋台の話も掲載。
楽しく描けてどんどん続巻を出していくつもりでしたが、この巻がびっくりするほど売れなかったので終わっちゃいました。
面白いので、未読の方は是非読んでみて!

たいめし 中華街ヤワラート
心機一転!
趣向を変え、タイ料理の源流をタイの巨大中華街ヤワラートで探る「たいめし 中華街ヤワラート」!
タイ料理とは? タイ料理と中華料理との関わりをヤワラートで食べ歩きながら独自の切り口で描きます。

たびするバンコク
アラサー女性のタイ旅を描いた「たびするバンコク」
タイが大好きなお友達女性に話を聞いて描きました。
リアルで等身大のタイ旅ストーリーになっていると思います。

子猿うきゃうきゃ日記 タンモッ
元祖うきゃうきゃ漫画、「子猿うきゃうきゃ日記」
今は亡きGダイ●リーでトータル3年以上も連載したのに、「バンコク●リーム 「Gダイ●リー」編集部青春記」では徹底的に無視された(巻末の全連載を紹介した年表に名前もない)問題作w
1〜4巻とそれらをまとめた「タンモッ」があります。
まとめて読むには「タンモッ」がオススメ。
いまだに読んで下さる人が多くて嬉しい限りです。

タイでうきゃうきゃ日記 1
その続編が「タイでうきゃうきゃ日記」です。
前作は4コマ形式ですが、こちらは基本1ページ単位の漫画になっています。
キャラも絵柄も安定して読みやすいと思います。
全5巻(こちらは一冊にまとめていません)。

バンコクでうっきゃー
さらにその続編の「バンコクでうっきゃー」
旅行者じゃなく、タイに住み始めてのエピソードを描いていますが、これも面白いと思うのに全く売れなかったのです。
水かけ祭りソンクラーンや子猿の幼少期のエピソードなどを描きおろし。
まだ読んでない方も多いと思うので、是非読んでもらいたいです。


以上が僕の漫画の電子書籍です。
読んでいないものがありましたら読んでみてね!

Kindle Unlimitedに登録していれば全て無料で読めます。
kindleUnlimitedの詳細と登録はこちらから!
通常登録の場合30日間無料体験もあります。
(もし有料で続けたくない場合は30日以内に登録解除手続きをしないと自動更新されちゃいます。その点注意です)







せっかくなので、子猿の近況も少し。
コロナが落ち着いてマスク需要も下がり、お菓子を中心に販売して糊口をしのいでいた子猿ですが、それでも商売はそこそこ調子がいいようです。
いつのまにか金(ゴールド)もトータル25バーツ(380g)分購入している模様。
加えてランパーンに土地を2ライ買ったとか。
絶好調であります。
それでもお姉ちゃんの入院手術代やお父さんの通院代でお金がどんどん飛んでいき赤字だそうですけどね。
でも現在、オミクロン流行でATKが飛ぶように売れているらしく、入荷が間に合わず奔走しております。
まさに、「コロナ流行れば子猿儲かる」であります。
これで黒字になればと祈るばかりです。

o.PNG
先日、「10万バーツ貯蓄するからイラスト描くうきゃ!」と言われ絵を描かされましたよ。
毎週どれかの金額を貯金箱に入れれば52週で10万バーツになるんだとか。
市販のがあるんですが、「自分のキャラの絵がいいうきゃー」、だそうです。
こんなことに俺を使うなー!

というわけで、電子書籍ともどもよろしくお願いしますです!


ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 13:04 | Comment(2) | 雑記