2013年09月19日

子猿とラオキッチン

ラオスの首都・ビエンチャン
さて、夕食を食べに行きましょうか!

ビエンチャン最後の夜なので、ラオス料理をいただきたいと思います!

ネットでよさげなレストランを探してみます。
検索検索!
貴重な食事を外すわけにはいかないので、必死であります!

北朝鮮料理のレストランとか興味を引くのもありましたが、厳選したお店は ラオキッチンというところ。
宿泊してるホテルからも比較的近いですね。
さっそく向かってみましょう!


と思ってホテルの前の道に出てみるものの、タクシーもトゥクトゥクもまったく通ってくれません。
う〜む困った・・・
歩くのもけっこう距離があるし・・・

うきゃ! あそこうきゃ!
あそこにトゥクトゥクが停まってるうきゃ!


通りの先〜〜〜〜のほうにトゥクトゥクらしき車体が見えますね。
仕方ないので、そこまで歩いてみます。

しかし、運ちゃんの姿は見えず・・・
どうしよう。

すると、来ました来ました、トゥクトゥク!
停まってもらいまして、行き先を告げます。
運ちゃん、店は知らないみたい。
とりあえず、見せた地図のとこまで行ってもらうことに。
しかし、50000キープ(600〜650円)だ、と言っています。
なに、そのボッタクリ!!
30000だ、と言うも、結局40000キープ(500円)に。
くそ〜、足元見られて悔しいですが、仕方ないですね〜。

お店には5〜6分ほどで到着。
なんだよ〜〜、歩いてもけっこう余裕でしたな。 

気を取り直します。

こちらが、ラオキッチン

130506〜タイウドンラオス 482
おしゃれなお店ですね。

らおきっちん__
地図だとこちら。

まだ夕飯時よりちょっとだけ早い夕方5時のせいか、お客さんは他にいませんね。


130506〜タイウドンラオス 483
さっそくラオスビール(ビアラオ)をまず注文。
この店にはビアラオのゴールドがあるそうなので、そちらを注文。
ホテル周りの売店じゃあこのゴールドが売ってないんですよね。
ちょっと高級志向のビールです。
味も心なしか美味しいですよw
ぷはーーと飲んで、至福のひととき。

ほんとはビアラオのナマが飲みたかったんですよ。
やはりナマが一番美味しいですよ、とツイッターでの友人の助言あり。
しかし、意外とこのナマビアラオが置いてある店が少ないんですよね。
このラオキッチンでもなかったです。

後日探し回ってやっと発見するんですけど、その話しは追い追い。
もしラオスに行って見かけたらぜひ飲んでみることをお勧めです!


さて、早速ラオス料理を注文してみましょう。
さすがに二人だけ、しかも、子猿は小食なのであまり注文できませんけどね。

ラオス料理はタイ料理ほど激辛ではないようです。
かなり素朴な、田舎料理って感じみたい。

130506〜タイウドンラオス 486
まずは、ラオスのガイヤーン(鶏を焼いたやつ)とも言える、ピンガイを。(写真右)

子猿のやつ、

ガイピン、うきゃ!

と言い張ります。

ん? 僕が観たサイトでは ピンガイって書いてありましたが、どっちが正解??

左がサイウア
ラオスのソーセージですね。
これがめちゃくちゃ美味しい!
タイのイサーン料理のサイクロークっていうソーセージがあるんですけど、こっちのが僕は好き。
サイクロークも好きですけどねw
サイクロークはちょっと油っぽいんですけど、こっちは若干あっさり目の味。

130506〜タイウドンラオス 484
左のサラダはなんですかね〜。
子猿が注文したやつ。
右はおなじみのパックブンファイデーン(空芯菜炒め)。
ここら辺は想像通りの味かと。

130506〜タイウドンラオス 485
オラーム、というスープ。
これも激うま!! 超美味しかったですよ!
見た目にはちょっとあれですがw、めちゃくちゃ好きですよ!
相当煮込まれたスープで、香草が利いています。
香草に抵抗がない人でしたらぜひお試しを!

このお店、どれも美味しくてすごくお勧めです。
値段はさすがに若干お高めだったかな?
(そんな高くもないです。いくらか忘れましたけど・・・)

夜食用のお土産にサイウアをもう一皿注文。
袋に入れてもらいました。


さて、ちょうどいい時間ですね。

130506〜タイウドンラオス 487
日が落ちる時間になってまいりました。
メコン川に行ってみましょう!


続く。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:30 | Comment(17) | TrackBack(0) | ラオス
この記事へのコメント
TITLE: 久しぶりの・・・、
書き込みですがチェックは欠かしてません。
面白くなくなった!なんてことはありませんよ(笑

逆に言ってるの?って、たまにありますね。
タムソム(ソムタム)、トゥンヌン(ヌントゥン)、etc
どっちでも同じ、と言われますがその理由は・・・?
私のタイ語力で聞き出すのはムリ。
どうも、俗っぽい言い方のような気がしますが。
Posted by 45en at 2013年09月19日 11:31
TITLE: 美味しそうな料理が並んでいます
ビアラオのゴールドが置いてあると言う事は外国人を
ターゲットとしたお店なんでしょうね。ラオスで多少高くても
しれていますし、外すリスクを考えるとこう言うお店をチョイス
するのも良いかもしれませんね。

サイクロークは私も大好物です。タイに行った時には帰りに
BIG Cで必ず買って帰ります。でもスーパーで買うよりもやはり
屋台とかで食べる方が美味しいのですけれどね。
ただタイでサイクロークを食べると必ずキャベツが付け合わせで
出てきますがラオスのサイウアは付け合わせなしでソースが
付くんですね。確かにサイクロークは脂っこい事があるので
そうした時はキャベツと一緒に食べると脂っこさが中和されるの
ですが、サイウアはさっぱり味とのことなので、キャベツなし
でも良いのかもしれませんね。
ただ緑色のソースの味が気になります。
Posted by ま〜く at 2013年09月19日 12:28
TITLE: 本当に首都?
バンコクとは別世界の静かな首都ビエンチャン
観光客もお金を落とす所が無さそう(国として大丈夫か)

次回は、いよいよ待望のメコン川でビールですね
私がノンカイに行った時、メコン川に怪しげな渡し船がウロウロしてましたが、あれ密入国でしょうかね
Posted by MU NO2 at 2013年09月19日 20:47
TITLE: 渡し船
ノンカイの住民は、ラオスに行くのに渡し船で交互に自由往来していました。その地域の住民だけの特権?みたいなものです。国境付近では、双方の利益になるなら暗黙の了解、タイに限らず他の国々もしかりです。東南アジアの国境は、緩いかもしれませんね。外国人は、イミグレ必ず通らないといけないのに、ノンカイの人は渡し船で自由往来しているので、疑問に思ったことがあります。
Posted by たるん富田 at 2013年09月19日 22:06
TITLE: なるほど
たるん富田さん 情報ありがとうございます
Posted by MU NO2 at 2013年09月19日 22:48
TITLE: ラオス料理おいしそ!
ラオス料理、イサーン料理と酷似してますね!
ピンガイ⇔ガイビン というのは すし⇔しーすー みたいなもんですか?ww
自分はサイクロークはあまりおいしいイメージがありませんでしたが、このサイウアはお土産にするほどおいしかったんですね!このピンガイにも付いてる緑のたれにつけて食べるのですか?スープ、見た目goodですね。一緒に見えてるのはカオニャオですか?酒飲まない自分にはこのスープと米で〆たいですね!
Posted by 大阪のヤス at 2013年09月19日 23:25
TITLE:
豚だとムーピンですから、ガイピンな気がします。

この記事を読んで、ふと思ったのですが、

空芯菜炒めのことを「パックブンファイデーン」って言いますよね。

パックブン=空芯菜

炒め物=ผัด パッ

ではないんですよね。

ファイデーンって普通は信号機だと思っているんですが、もしかして違うのでしょうか???

先生ご存知でしょうか?



ちなみに、メコン川流域の人もラオスに行く際は、ちゃんと国境を通らなければいけません。渡し舟でわたる際にちゃんとチェックされます。不法入国は、結構厳しく、一応取り締まりのために、町の暇な叔父さん(一応警備員)が川沿いをうろうろしています。

不法入国を許すと、麻薬等が入ってくるので厳しく取り締まっています。ラオス側へは、タイでの盗難バイク、車を解体した部品等が密輸されますので、これも取締りがあります。

ただし、タイとかラオスのことなので、顔見知りの人は目をつぶる場合もあるようですが、基本的にはイミグレを通らないと入出国できません。
Posted by バカラ at 2013年09月20日 01:49
TITLE: なるほど なるほど
バカラさん 情報ありがとうございます
Posted by MU NO2 at 2013年09月20日 07:00
TITLE: 追記
そうです、外国人は必ずイミグレを通らないと密入国になります。ノンカイの住民が何かを提示して渡し船で往来していました。今から少し前くらいの話です。ただ外国人に対しては、厳しいので念のため!
Posted by たるん富田 at 2013年09月20日 07:07
TITLE: Re: 久しぶりの・・・、
45enさん

> 書き込みですがチェックは欠かしてません。
> 面白くなくなった!なんてことはありませんよ(笑

お久しぶりです。
ありがとうございます。
しかし、ラオス編になってからのPV数の減りっぷりはけっこう見事ですよw
>
> 逆に言ってるの?って、たまにありますね。
> タムソム(ソムタム)、トゥンヌン(ヌントゥン)、etc
> どっちでも同じ、と言われますがその理由は・・・?
> 私のタイ語力で聞き出すのはムリ。
> どうも、俗っぽい言い方のような気がしますが。

あー、百のことロイヌンとか言ってますね〜。101かと思ったことがありますw
タイ語でもそんな俗っぽい言い回しがあるんですね〜。
覚えておかなくては〜。
Posted by たーれっく at 2013年09月20日 08:36
TITLE: Re: 美味しそうな料理が並んでいます
ま〜くさん

> ビアラオのゴールドが置いてあると言う事は外国人を
> ターゲットとしたお店なんでしょうね。ラオスで多少高くても
> しれていますし、外すリスクを考えるとこう言うお店をチョイス
> するのも良いかもしれませんね。

ビエンチャンでお勧めされてるお店はだいたい外国人向けのシャレオツなとこばかりですね。
ここはほんとに美味しいと思いますですよ。
でも、道すがらのお店でも美味しそうなところがちらほらと・・・
時間があればいろいろ行ってみたかったですね〜。
>
> サイクロークは私も大好物です。タイに行った時には帰りに
> BIG Cで必ず買って帰ります。でもスーパーで買うよりもやはり
> 屋台とかで食べる方が美味しいのですけれどね。

日本の、うちの近所の立ち飲みタイ料理屋にもサイクロークがあって、いつもビールのつまみですw
美味しいですよね〜。

> ただタイでサイクロークを食べると必ずキャベツが付け合わせで
> 出てきますがラオスのサイウアは付け合わせなしでソースが
> 付くんですね。確かにサイクロークは脂っこい事があるので
> そうした時はキャベツと一緒に食べると脂っこさが中和されるの
> ですが、サイウアはさっぱり味とのことなので、キャベツなし
> でも良いのかもしれませんね。

サイクロークはほんとに当たりハズレがあって、外れるとすごい脂っこいですよね。
一度キャベツめんどうなのでいらないといったことがあって、脂っこくて後悔したことがw

ここでサイウア頼んだときは他にもサラダがありましたしね。
なくても全然オッケーでしたよ。

> ただ緑色のソースの味が気になります。

これ、どうでしたっけね〜。
すみません、よく覚えてないっすーw
Posted by たーれっく at 2013年09月20日 08:45
TITLE: Re: 本当に首都?
MU NO2さん

> バンコクとは別世界の静かな首都ビエンチャン
> 観光客もお金を落とす所が無さそう(国として大丈夫か)

その分トゥクトゥクとか高かった印象です。
川のほうは観光客多かったので、観光客はそこでお金を落としてるのかも〜。
>
> 次回は、いよいよ待望のメコン川でビールですね
> 私がノンカイに行った時、メコン川に怪しげな渡し船がウロウロしてましたが、あれ密入国でしょうかね

お、おもしろそうな光景!
そういうのいろいろ見たかったですね〜w
Posted by たーれっく at 2013年09月20日 08:47
TITLE: Re: 渡し船
たるん富田さん

> ノンカイの住民は、ラオスに行くのに渡し船で交互に自由往来していました。その地域の住民だけの特権?みたいなものです。国境付近では、双方の利益になるなら暗黙の了解、タイに限らず他の国々もしかりです。東南アジアの国境は、緩いかもしれませんね。外国人は、イミグレ必ず通らないといけないのに、ノンカイの人は渡し船で自由往来しているので、疑問に思ったことがあります。

21世紀とは思えないゆるさですねw
さすがタイであります。
まあ、さすがに手続きや取り締まりもしてるとは思いますけど〜w
Posted by たーれっく at 2013年09月20日 08:49
TITLE: Re: ラオス料理おいしそ!
大阪のヤスさん

> ラオス料理、イサーン料理と酷似してますね!

田舎料理のイサーン料理をさらに田舎風にした感じですw

> ピンガイ⇔ガイビン というのは すし⇔しーすー みたいなもんですか?ww

業界用語的なw
あのとき店員に聞いてみればよかったですね〜。

> 自分はサイクロークはあまりおいしいイメージがありませんでしたが、このサイウアはお土産にするほどおいしかったんですね!このピンガイにも付いてる緑のたれにつけて食べるのですか?

このタレ、よく覚えてないんですけど、多分脂っこいのを中和する味付けだったかと思います。

>スープ、見た目goodですね。一緒に見えてるのはカオニャオですか?酒飲まない自分にはこのスープと米で〆たいですね!

このスープ、けっこうボリュームあるんですよ。
カオニャオも頬張りつつ、めちゃくちゃお腹いっぱいになりましたw
Posted by たーれっく at 2013年09月20日 08:55
TITLE: Re: タイトルなし
バカラさん

> 豚だとムーピンですから、ガイピンな気がします。

なるほどー、それが自然な呼び方ですね。
検索するとどちらもでてくるんですけど、ピンガイのが有力な感じですね。
でも、おそらくどっちも通じるでしょうねw
>
> この記事を読んで、ふと思ったのですが、
>
> 空芯菜炒めのことを「パックブンファイデーン」って言いますよね。
>
> パックブン=空芯菜
>
> 炒め物=ผัด パッ
>
> ではないんですよね。

このパッ(ク)は炒めるのパッ(ト)ではなく、野菜のパッ(ク)ですね。
>
> ファイデーンって普通は信号機だと思っているんですが、もしかして違うのでしょうか???
>
> 先生ご存知でしょうか?

信号機のファイデーンはファイ(電気)デーン(赤)で、赤信号のことを言います。
正式な信号機のタイ語はサムヤーンファイチャラチョーンですけど、タイ人はファイデーンとなぜかいいますね。
子猿に以前、「なんで赤信号が信号なんだ?」と聞いたら、「知らないうきゃ、そう言うからそううきゃ」といわれましたw

パックブンファイデーンのファイデーンは、ファイ(火)デーン(赤)だと思いますよ。
つまり、真っ赤な火(ファイデーン)で造ったパックブン(空芯菜)で、パックブンファイデーン。
僕の勝手な想像ですけど〜。
>
>
>
> ちなみに、メコン川流域の人もラオスに行く際は、ちゃんと国境を通らなければいけません。渡し舟でわたる際にちゃんとチェックされます。不法入国は、結構厳しく、一応取り締まりのために、町の暇な叔父さん(一応警備員)が川沿いをうろうろしています。

お、さすが現地の人ならではの情報!
>
> 不法入国を許すと、麻薬等が入ってくるので厳しく取り締まっています。ラオス側へは、タイでの盗難バイク、車を解体した部品等が密輸されますので、これも取締りがあります。
>
> ただし、タイとかラオスのことなので、顔見知りの人は目をつぶる場合もあるようですが、基本的にはイミグレを通らないと入出国できません。

地図を見るとラオスに渡る橋ってほんとに少ないので、渡し舟がかなり活躍してると思うんですけど、密入国はすごく多そうですね〜。
取り締まるのも大変そうです。
Posted by たーれっく at 2013年09月20日 09:10
TITLE: Re: なるほど なるほど
MU NO2さん

> バカラさん 情報ありがとうございます

みなさん詳しくて勉強になりますね〜。
Posted by たーれっく at 2013年09月20日 09:10
TITLE: Re: 追記
たるん富田さん

> そうです、外国人は必ずイミグレを通らないと密入国になります。ノンカイの住民が何かを提示して渡し船で往来していました。今から少し前くらいの話です。ただ外国人に対しては、厳しいので念のため!

外国人がやったら確実に逮捕ですねw
そういう光景も見てみたかったですね〜。
Posted by たーれっく at 2013年09月20日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165278526

この記事へのトラックバック