2017年02月09日

子猿、ソムタムバカ食い

ジュライホテル: バンコクの伝説の安宿
「ジュライホテル: バンコクの伝説の安宿」
先日読了。
僕はもう噂でしか知らないジュライホテルですが、当時の様子がリアルに伝わってきます。
「深夜特急」のスタート、香港のチョンキンマンションのエピソードを膨らませた感じ。
アングラ感漂う時代のバンコク、楽しそうですなぁ。
後半のエピソードは話ができすぎててかなりフィクション入っている気がしますが、感動しちゃいました。
当時を知ってる人も知らない人にもお勧めな一冊です。


国境の街・チェンカーンにて、予約しておいた宿泊ゲストハウスに無事到着です。

去年、少しだけ中を見たハズバンド & ワイフ ゲストハウス ですね。
上の写真クリックでアゴダページへ。詳細はそちらで。

去年のピーターコーンへの旅でたまたまご一緒した方が泊まっていて中を見させてもらいました。
そのとき子猿がここを超気に入ってしまい、「次は絶対ここを予約するうきゃ!」とご指名だったのです。

IMG_3633.jpg
1階はカフェなんですけど、あれ? 去年と店内レイアウトが全然変わってる!

こちらが去年の写真。
IMG_3077.jpg

IMG_3078.jpg
向かって右側にカウンターがありました。
今年は左の奥がカウンターです。

IMG_3634.jpg
去年カウンターがあったところ。
廃材や空き缶とか使ってデコレートしています。
センスいいですなぁ。

さっそくオーナーのおじさんと「去年見て気に入ったから来たうきゃ」とおしゃべりを始める子猿。

うきゃ!たーれっく!飲み物注文するうきゃ!

と40Bのミルクキャラメルを買わされます。
飲ませてもらったらすごく美味しかったです。

IMG_0047.jpg
部屋はまた実に素朴な感じ。
この部屋は子猿も気にいったんですが、トイレ兼シャワーはこうです。

IMG_0048.jpg
うーむ、自然と一体化した感じで僕はいいんですけど、子猿は芋虫が怖いみたいですね。

わたしがトイレ行く前に芋虫がいないかたーれっくはチェックするうきゃ!

と面倒なことを言ってきます。

IMG_3628.jpg
共有スペース。
人懐っこい猫がいて寄ってきます。

IMG_3629.jpg
しかしここは去年もそうでしたが、相当な猫屋敷であります。
オーナーがいっぱい猫を飼っているんです。

IMG_0049.jpg
1階と2階の吹き抜けに神棚が設けてあるんですけど、その棚にも猫様はお休み中。

IMG_0050.jpg
こんな感じ。

お腹空いたうきゃ!

子猿がうるさいので食事に向かいましょう。

IMG_0051.jpg
部屋の入り口は南京錠。

オーナーに子猿が「ソムタムの旨いとこはどこうきゃ?」と聞いています。
説明を受けますが、僕はちんぷんかんぷんなので子猿に任せます。

IMG_0052.jpg
ゲストハウスの横のスペースにある自転車を自由に借りれるようです。
子猿は子ども用自転車、僕は一番デカい自転車を選び、出発です。



チェンカーンの街を自転車で疾走。
道中寺があってよそ見していると、「絶対寄らないうきゃ!見るなうきゃ!」と子猿がマジ切れで怒ってきます。
ちぇっ!

IMG_3648.jpg
しかしどこだ?ほんとに道はあってるのか?
聞いても無言で答えない子猿。
なんだよこいつ、余裕なさすぎだぞ。

IMG_0053.jpg
ちょっと迷ってようやくみつけたようです。
ジッ・ソムタム。
ジッは心、精神という意味。ソムタムの精神。

「うきゃ〜!」と子猿は2種類もソムタムを注文しています。
僕は、ガイヤーンの半身。

IMG_3649.jpg
缶ビールを冷蔵庫から自分で取ってきて飲みます。
ぷはー、昼から飲むビールはうめー!

IMG_3651.jpg
タムタムと臼をつくソムタム作りの写真をぱちり。

IMG_3652.jpg
ガイヤーンの半身が到着。
え? これで半身? 一羽分じゃないの?
旨いけど、普通の美味しさ。
すごい量で食べきれませんでした。これは90B。

IMG_3653.jpg
うはっ!すごい量! これはタムスアパー(タムパー)ですね。
野菜にソムタム、カノムジーンが混ざったもの。この量で30B。

IMG_3654.jpg
デカいカニがゴロゴロ入っているタムプーパラー。これも30B。
うきゃ〜!と大喜びの子猿! がつがつと食い始めます。

旨いうきゃ! こんなうまいソムタムは久しぶりうきゃ!
辛いうきゃ! 旨いうきゃ!
おねーちゃんにも自慢するうきゃ!


大興奮しております。
そ、そんなに?

旨かったうきゃ!
すごいうきゃ!


汗いっぱいかきながらソムタム2皿ぺろりと食べて満足気な子猿です。
食いすぎだぞ!
と言いつつ、僕もビール2缶飲んじゃったんですけどねw


場所はこちら。場所がちょっとずれてて、大きな通りに面したところにあります。
口コミではぼろくそ書かれてますなw
みなさん「待たされる」と書いていますが、僕らの時はそんなに待たなかったです。


お腹も膨れたので、そのままサイクリングも兼ね遠出いたしましょう〜!


続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 15:03 | Comment(14) | イサーン
この記事へのコメント
>キュウリのソムタム、タムスアですね

タムスアはカオプンの方でキュウリはタムテーン(クワー)じゃないですか?
Posted by hpz at 2017年02月09日 15:18
相変わらず、ソムタム プーパラーが大好きな子猿ちゃんですね。そういえば、
先日、タイ友のマサト君と湯島のタイパブに行ってきたのですが、そこで
ホステスにせがまれて、ソムタム プーパラーをデリバリーして食べました。
辛さはまぁ許せるとして、死ぬほどしょっぱくて、きつかったです。用心して
タイではほとんど、プーパラーは食べたことがないのですが、これって本来、
あんなにしょっぱいものなのでしょうか? うきゃ。
Posted by masami at 2017年02月09日 15:50
ジュライホテルは泊まってみたいホテルでしたね。ただ、客層がまぁまぁぶっ飛んでいたので泊まりませんでしたけどねw ←昔ばなし( ̄▽ ̄)b

昔はあんな感じがバンコク全体をユルく覆っていたと思いますよ。もちろん震源地はアソコですw 今は表向きはとっても健全なバンコクなので私のようなヨボヨボのおじいちゃんでもフラフラできます(^o^)

子猿ちゃんがお腹壊さないか心配ですね(^_^;) 何となくカニはフラグっぽいですw
Posted by Edge80 at 2017年02月09日 16:29
センスの良いゲストハウスですね!それだけに模様替えをちょこちょこして納得のいく配置にしてたりするのかな?

猫カフェみたいで猫好きにはイイでしょうけど数が多いと糞尿の臭いがきつかったりしませんでしたか?

ソムタムだけで2皿は中々のもんですね、しかも一皿はプーパラー。お腹壊すぜー、子猿さん。ガイヤーンの量もこれまた凄い大きさです。
Posted by 大阪のヤス at 2017年02月09日 16:58
ジュライも後期の頃の話ですね。
僕は外国旅行の初めての宿がスリクロン旅社でした。
すごく汚くて、大きなゴキブリがいて、場末の香りがしました。
インド帰りにラッキュウで暮らしましたが。風とうしのいい、涼しいジュライに移りましたね。まだラッキュウ35バーツ ジュライ60バーツでした 100バーツ値打ちがありました。
楽しい時代でした。
Posted by せんちゃん at 2017年02月09日 18:30
>辛いうきゃ! 旨いうきゃ! おねーちゃんにも自慢するうきゃ!
おねーちゃんに自慢するセンスが不思議発見ですw
Posted by ムラ at 2017年02月10日 05:37
地方出身の割には子猿さんは虫とかに弱いですよね。
このあたりはやはり若い今どきの女の子だなぁという
感じですね

タムスアはこうしてナッツが入っているのは初めて
見ました。我が家でも夏には頻繁に食卓に並ぶ
メニューですが、今度はナッツを入れてみましょう
Posted by ま〜く at 2017年02月10日 09:40
hpzさん

>>キュウリのソムタム、タムスアですね

>タムスアはカオプンの方でキュウリはタムテーン(クワー)じゃないですか?.

子猿に聞きましたら、これはきゅうりのタムテンじゃなく、野菜とカノムジーンを使ったタムスアうきゃ!との返事です。
僕が混乱していました。こっそり修正しておきましたです〜!
Posted by たーれっく at 2017年02月12日 11:04
masamiさん

>相変わらず、ソムタム プーパラーが大好きな子猿ちゃんですね。そういえば、
先日、タイ友のマサト君と湯島のタイパブに行ってきたのですが、そこで
ホステスにせがまれて、ソムタム プーパラーをデリバリーして食べました。
辛さはまぁ許せるとして、死ぬほどしょっぱくて、きつかったです。用心して
タイではほとんど、プーパラーは食べたことがないのですが、これって本来、
あんなにしょっぱいものなのでしょうか? うきゃ。

日本人にはなじめない独特の味付けですね。
僕も、腹を壊すかもしれないという以前にあの味が苦手なので食べる気がいたしません。
でも、あのしょっぱさが子猿を始めイサーンの人にはたまらないみたいですね。
なかなか理解しがたいですね〜!
Posted by たーれっく at 2017年02月12日 11:07
Edge80さん

>ジュライホテルは泊まってみたいホテルでしたね。ただ、客層がまぁまぁぶっ飛んでいたので泊まりませんでしたけどねw ←昔ばなし( ̄▽ ̄)b

僕がタイに行き始めた時にはもうなかったです。
最近になってジュライホテルの話題が多いですね。

>昔はあんな感じがバンコク全体をユルく覆っていたと思いますよ。もちろん震源地はアソコですw 今は表向きはとっても健全なバンコクなので私のようなヨボヨボのおじいちゃんでもフラフラできます(^o^)

来るのが遅すぎましたね〜。
今はどんどん健全化が進んで面白くなくなってきてますよ、加速度的に。
バンコクが魅力的なのはあと2〜3年だけかも?

>子猿ちゃんがお腹壊さないか心配ですね(^_^;) 何となくカニはフラグっぽいですw.

大丈夫です。奴はお腹が緩くなっても壊すことはありませんw
Posted by たーれっく at 2017年02月12日 11:09
大阪のヤスさん

>センスの良いゲストハウスですね!それだけに模様替えをちょこちょこして納得のいく配置にしてたりするのかな?

いろんなアイデアがとまらないんでしょうね。
普通のおっちゃんなのにすごいですよ。

>猫カフェみたいで猫好きにはイイでしょうけど数が多いと糞尿の臭いがきつかったりしませんでしたか?

それが全然気にならなかったので、ちゃんと躾けてるんでしょうかね?
オープンな猫カフェですよ。

>ソムタムだけで2皿は中々のもんですね、しかも一皿はプーパラー。お腹壊すぜー、子猿さん。ガイヤーンの量もこれまた凄い大きさです。

皿にてんこ盛りなんですよ。あれをぺろりですから食いすぎですw
しかも、翌日なんともなかったみたいですよ。
Posted by たーれっく at 2017年02月12日 11:14
せんちゃんさん

>ジュライも後期の頃の話ですね。
僕は外国旅行の初めての宿がスリクロン旅社でした。
すごく汚くて、大きなゴキブリがいて、場末の香りがしました。

スリクルンホテルはまだあるみたいですね。
海外旅行初めてのホテルだとは!w

>インド帰りにラッキュウで暮らしましたが。風とうしのいい、涼しいジュライに移りましたね。まだラッキュウ35バーツ ジュライ60バーツでした 100バーツ値打ちがありました。
楽しい時代でした。

信じられない値段設定!いつごろでしょうね。
ネットのない時代、みなさん当時はどうやって情報を仕入れていたのかも気になります。
その時代から来ていれば面白そうでしたね〜。
Posted by たーれっく at 2017年02月12日 11:49
ムラさん

>>辛いうきゃ! 旨いうきゃ! おねーちゃんにも自慢するうきゃ!
おねーちゃんに自慢するセンスが不思議発見ですw.

家族のきずなが強すぎるんですよね。
僕は弟とほとんど会話がないなぁ〜。
Posted by たーれっく at 2017年02月12日 11:51
ま〜くさん

>地方出身の割には子猿さんは虫とかに弱いですよね。
このあたりはやはり若い今どきの女の子だなぁという
感じですね

裸足で山の中駆け巡ってたくせに虫やヘビが苦手というのが理解できませんw

>タムスアはこうしてナッツが入っているのは初めて
見ました。我が家でも夏には頻繁に食卓に並ぶ
メニューですが、今度はナッツを入れてみましょう.

バンコクのはカノムジーンが多いそうです。ナッツは食感の変化のためですかね?
僕は怖くて食べられないのでw、味がわかりません。
Posted by たーれっく at 2017年02月12日 11:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: