2017年04月01日

ピッサヌローク、マニアック朝散歩

ピッサヌロークの朝。
子猿は当然爆睡しているので、1人恒例の朝散歩に出かけたいと思います。
ピッサヌロークと言えば、ワット・ヤイこと、ワット・プラシー・ラタナマハータートですね。
タイで一番美しいと言われる大仏があるお寺。
そちらと、その周辺にもいくつかお寺がありますので、ゆっくり見て回りたいと思います。

IMG_0309.jpg
静かな朝のピッサヌローク。





IMG_0310.jpg
見えてまいりました。
まずは立派な銅像ですね。
こちら、ピッサヌロークにゆかりの深いナレースワン王だと思っていたんですが・・・

IMG_0311.jpg
看板を見ますと、
プラバート・ソムデット・プラプッタヨートファー・チュラーローク・マハーラートと書いてありますね。
調べたら、ラーマ1世のことでした!
ありゃ、ラーマ1世像でしたか! なぜピッサヌロークに??  

IMG_0312.jpg
なかなか立派な像であります。

IMG_0313.jpg
周りのレリーフは軍隊を引き連れたラーマ1世、ですかね。


場所はこちらになります。

先を進みましょう。

IMG_0315.jpg
謎の黄金のナマズ。

IMG_0317.jpg
まずは立ち寄るのはこちらのお寺。ワット・ラーチャブーラナであります。
同じ名前のお寺がバンコクやアユタヤにもありますね。
遺跡チックなチェディー(仏塔)が目印。

IMG_0319.jpg
広い境内ですな。
犬を警戒しながら奥に進みます。

IMG_0320.jpg
朽ち果てた建物が目立ちます。
これは経蔵でしょうかね。
歴史を感じます。

IMG_0323.jpg
こちらは休憩用の建物ですが、いい感じに古い建物。

IMG_0324.jpg
このデカいのは礼拝堂ですね。
入ってみましょう。

IMG_0326.jpg
中は広いですが、普通の仏像が祀られた、普通の礼拝堂ですね。

IMG_0327.jpg
そのお隣に、新しい堂があります。
こちらは、仏舎利を納める入れ物が祀られているみたいです。

IMG_0329.jpg
角にひっそりとあるのが本堂です。
かなり古いです。

IMG_0330.jpg
中には大仏、そしてびっしり所狭しと仏像が祀られています。

IMG_0331.jpg
壁には壁画が施されていて、とても年季が感じられます。

IMG_0332.jpg

IMG_0333.jpg
けっこう味のある絵であります。

IMG_0334.jpg
なぜか菩提樹の下にはヒンドゥー教の神様がたの像が祀られていますね。

IMG_0335.jpg
かなりインド寄りなお姿ですな。
左がプラ・シワ(シヴァ神)、右がプラ・ピカネート(ガネーシャ)ですね。

IMG_0336.jpg
ここにも礼拝堂がありますね。
比較的新しめ。

IMG_0337.jpg

IMG_0338.jpg
こちら本堂の代わりの礼拝堂にしたいみたいですね。
立派な大仏が祀られております。

面白かった!
でも、ブログ読んでくださってるみなさんは置いてきぼりですみません!
ほんとはこの記事ももっと細かく解説していたんですが、読み飛ばされるでしょうからばっさりと割愛いたしましたー。

IMG_0340.jpg
でかい鶏が超インパクト!
こちらがこのお寺の正門かな?


地図です。

さて、通りの向こうに行きたいんですが、どうしましょう?
この通り、結構車がビュンビュン飛ばしていて渡りづらいんですよね。

IMG_0339.jpg
向こうに歩道橋がありますね。
仕方ない、あそこまで行きますか・・・

続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 19:03 | Comment(4) | タイ北部
この記事へのコメント
仏塔や建物が年季を感じますね!アユタヤ遺跡にありそうな雰囲気です。特に壁画はいつの時代なのかな?いい感じですなぁ!

地元民が一杯来て寄進して行くのかな?金の大仏はとても豪華な作りですね!ここが美しい大仏ですよって言われても納得するくらいのクオリティに感じます。
Posted by 大阪のヤス at 2017年04月02日 00:33
朝ののんびりとした雰囲気がいいですね。混んでこない内のお寺巡りはゆっくりじっくり廻れるのでいいですね。

日本でも京都なんかを旅すると朝散歩に出掛けますけど、お寺の門が閉まってることもあって残念な気分になることもありますw

全体的に時間の経過を感じさせる町ですね。あまり観光客向けな「観光客万歳♪」みたいな雰囲気はなく自然体な感じでしょうか?(^o^)

金の仏像はやはり厳かな雰囲気に包まれてますね。朝だから感じるものですかね?朝はまだ空気が落ち着いてますからねぇ(^-^)v
Posted by Edge80 at 2017年04月02日 10:17
大阪のヤスさん

>仏塔や建物が年季を感じますね!アユタヤ遺跡にありそうな雰囲気です。特に壁画はいつの時代なのかな?いい感じですなぁ!

本堂は埃をかぶりまくっていてかなり年季感じましたよ。
一体いつからのものなんでしょうね。
おそらく記録もないんじゃないかという予感・・・

>地元民が一杯来て寄進して行くのかな?金の大仏はとても豪華な作りですね!ここが美しい大仏ですよって言われても納得するくらいのクオリティに感じます。.

大きくて派手な寺ができると、周りの寺も競うようになんかやりだすんですよ。
チャチュンサオのピンクのガネーシャがいい例で、あのおかげで回りの寺も変な寺が増えています。
チェンライの白い寺のおかげであそこも変な寺が多いです。
ここも、ワットヤイのおかげでいろいろ面白いのかな、とにらんでいます。
Posted by たーれっく at 2017年04月02日 21:30
Edge80さん

>朝ののんびりとした雰囲気がいいですね。混んでこない内のお寺巡りはゆっくりじっくり廻れるのでいいですね。

子猿もいないので、気のすむまで見て回れますw

>日本でも京都なんかを旅すると朝散歩に出掛けますけど、お寺の門が閉まってることもあって残念な気分になることもありますw

なるほど〜。
タイは犬ですねw
本堂は、元から閉まっているお寺が多いんですよね。
あれはかなしい・・・

>全体的に時間の経過を感じさせる町ですね。あまり観光客向けな「観光客万歳♪」みたいな雰囲気はなく自然体な感じでしょうか?(^o^)

ピッサヌロークじたいあまり外国人観光客は見かけませんね。
タイ人観光客はワットヤイにいっちゃうし。
地元の人中心、でしょうか。

>金の仏像はやはり厳かな雰囲気に包まれてますね。朝だから感じるものですかね?朝はまだ空気が落ち着いてますからねぇ(^-^)v.

しかも人もいませんから、ちょっとひなびていい雰囲気になります。
Posted by たーれっく at 2017年04月02日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: