2017年05月04日

遺跡のオアシス、雑貨店

タイ北部の遺跡の街、スコータイ。
歴史公園外れにあるワット・サパーンヒンという遺跡を見学し、帰路につきます。

IMG_1058.jpg
ちょっと遠回りになりますが、行きとは違う道で帰りましょう。
自転車で、影のほとんどないのどかな田舎道をひた走ります。
暑い〜!

IMG_1059.jpg
道の脇に遺跡があったりする光景。

IMG_1062.jpg
遺跡に牛。

風景はのどかなんですが、汗だくでのどもカラカラであります。
まずい・・・水を持ってこなかった!
しかし、周りには店どころか民家の一軒もない〜。

中規模な遺跡もところどころにあるんですけど、寄る元気もありません。

あ、売店だ!
何もない道にいきなり現れる雑貨屋。
水! 水ください!

冷たい水でのどを潤します。10B。
子猿と半分ずつで、あっという間に飲み干します。
おばちゃん、こんな誰も通らないところで商売になるの??

元気を少し取り戻しさらに走っていると、歴史公園に出ます。
西門のところ。
この中を突っ切れば近道なんですが、そうじゃないと迂回してさらに遠回りになります。
えーい、入場料たかだか10Bだから、払って中を突っ切りましょう!

そう子猿に告げると、子猿のやつ門にいる係員に

通り抜けるだけうきゃ
入場料払わなくていいうきゃ?


と聞いています。
黙って門を開ける係員さん。
おー、助かった! やるな、子猿!

中を走っていると・・・やばい! タイマッサージ屋さんの前を通ります。
歴史公園の中にはタイマッサージ屋さんがあるんです。
目ざとく気づく子猿。

うきゃー! マッサーうきゃー!
受けて行きたいうきゃー!!


ドッタンバッタン大騒ぎであります。

おい、さっき通り抜けるだけという約束をしただろ!
うそをついていいのか?

そういうと、素直にあきらめる子猿。
こういうところだけなぜか几帳面なのであります。





正門から外に出ます。

実は、寄りたいところがあるのです。
この歴史公園の正門斜め前に、国立博物館があるんですよ。
ラムカムヘーン・ナショナルミュージアムですね。
ここを観たいのです。

当然子猿は嫌な顔であります。

なんでそんなとこによるうきゃ〜
退屈うきゃ〜
早く帰るうきゃ〜


と本気で嫌がっております。

冷房が効いているぞ!
お前は休んで待ってればいいよ!

そういうと、大人しくついてくることに。

実は密かに楽しみにしていた国立博物館。
何か面白い発見はあるかな?


続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 09:41 | Comment(10) | スコータイ
この記事へのコメント
何もないところを自転車で風を切りながら駆け抜けるのは気持ち良さげですね〜(^o^) 道路もキレイであればスッ転ぶこともないしいいですねぇw

遺跡と牛。私は遺跡とホットパンツにタンクトップの美女がいいです♪いや、もう断然w
Posted by Edge80 at 2017年05月04日 12:40
何も無いところに売店が!まるでドラクエみたいな感じでオアシスを感じますねー!チャリだと炎天下の中の水は持っといた方が良さそうですね!

公園内のマッサージ屋さん、子猿さん目ざとく見つけたんですねー!でも律儀なところ、素直なところ大好きです!

バンコクで一緒にタクシーに乗らせていただいた時もタクシー代出してもらったと先生に報告してるとことか、本当子猿さん素晴らしいです!
Posted by 大阪のヤス at 2017年05月04日 13:50
>おばちゃん、こんな誰も通らないところで商売になるの??
久々のお客が二人で10バーツだと厳しいものが、、やはり若者はみんなバンコクに出て行くのか

Posted by ムラ at 2017年05月05日 22:13
嘘をついてはいけないと、律儀に門番さんとの約束を守る子猿ちゃん……
なんと純粋な心の持ち主なのでしょうか。こんな話をされたら、また好きに
なってしまったではないですか。こんな立派なお嬢さんをつかまえて、“けもの”
だなんて、先生、本当にバチが当たりますよ。

草の生い茂った山道に牛の群れ……。昔、仕事で行った沖縄の離島、小浜島
を思い出しました。仕事の合間に同僚と島を一周、サイクリングしたのです
が、まさにこんな風景でした。途中、小さな雑貨屋でコーラを飲んで休んだ
ところまで、そっくりの体験でした。小浜島、海がものすごくキレイでいい
ところですよ! できれば死ぬ前にもう一度、行ってみたい……。

もちろん、そんな時間と金があれば、タイに行くんですけどね。うきゃ。
Posted by masami at 2017年05月07日 13:57
まさにオアシスとなった雑貨店ですね
田舎と言えど誰かしら住んでいる人はいるはずなので
それなりに需要はあるのかもしれませんね
まぁ儲かるということはなく、副業的なお店なんでしょうね

Posted by ま〜く at 2017年05月08日 11:51
Edge80さん

>何もないところを自転車で風を切りながら駆け抜けるのは気持ち良さげですね〜(^o^) 道路もキレイであればスッ転ぶこともないしいいですねぇw

ここなら子猿と一緒でも安心してサイクリングで来ますね。
タイは道がきれいなのがありがたいです。

>遺跡と牛。私は遺跡とホットパンツにタンクトップの美女がいいです♪いや、もう断然w.

そりゃーもうまったく異論はありませんよ、はいw
Posted by たーれっく at 2017年05月09日 11:06
大阪のヤスさん

>何も無いところに売店が!まるでドラクエみたいな感じでオアシスを感じますねー!チャリだと炎天下の中の水は持っといた方が良さそうですね!

コロッと水のこと忘れていましたよ。
最近はどこにでもセブンがあるので、油断しますね。

>公園内のマッサージ屋さん、子猿さん目ざとく見つけたんですねー!でも律儀なところ、素直なところ大好きです!

常に律儀にしなくちゃいけないと思ってますね。
そこは好感持てますな。
たまにはマッサージくらい奢ってやらなくちゃw

>バンコクで一緒にタクシーに乗らせていただいた時もタクシー代出してもらったと先生に報告してるとことか、本当子猿さん素晴らしいです!

あのときはありがとうございます。
でも、当然だと思いますよw
Posted by たーれっく at 2017年05月09日 11:10
ムラさん

>>おばちゃん、こんな誰も通らないところで商売になるの??
久々のお客が二人で10バーツだと厳しいものが、、やはり若者はみんなバンコクに出て行くのか

お客さん、一日に何人ぐらい来るんでしょうね〜。
なんて人の心配していられない現状でしたw
僕も頑張ります!
Posted by たーれっく at 2017年05月09日 11:11
masamiさん

>嘘をついてはいけないと、律儀に門番さんとの約束を守る子猿ちゃん……
なんと純粋な心の持ち主なのでしょうか。こんな話をされたら、また好きに
なってしまったではないですか。こんな立派なお嬢さんをつかまえて、“けもの”
だなんて、先生、本当にバチが当たりますよ。

あれ〜? けものなんですけどね〜w
最近はまた更にお疲れ気味です。
明日からまた様態の悪くなった母親に会いに田舎まで帰るみたいです。
大変そうです。

>草の生い茂った山道に牛の群れ……。昔、仕事で行った沖縄の離島、小浜島
を思い出しました。仕事の合間に同僚と島を一周、サイクリングしたのです
が、まさにこんな風景でした。途中、小さな雑貨屋でコーラを飲んで休んだ
ところまで、そっくりの体験でした。小浜島、海がものすごくキレイでいい
ところですよ! できれば死ぬ前にもう一度、行ってみたい……。

沖縄の離島、いいですね〜。
青い空と白い海はタイ以上にきれいなんじゃないかと思います。
僕も死ぬまでに行ってみたいなぁ。

>もちろん、そんな時間と金があれば、タイに行くんですけどね。うきゃ。

タイも行きたいところがまだまだいっぱいあるので、死ぬまでに一つでも行っておきたいです!
Posted by たーれっく at 2017年05月09日 11:16
ま〜くさん

>まさにオアシスとなった雑貨店ですね
田舎と言えど誰かしら住んでいる人はいるはずなので
それなりに需要はあるのかもしれませんね
まぁ儲かるということはなく、副業的なお店なんでしょうね

こちら、周囲に何もなかった気がします。
グーグルマップ見たらストリートビューはなく、航空写真で見ても、建物が数個ポツンとある程度。
ほんとにたまに来る観光客ぐらいしか客はいなさそうです。
副業、趣味なんでしょうね〜。
Posted by たーれっく at 2017年05月09日 11:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: