2017年08月02日

さらにお寺巡り、3人の王様像@チェンマイ

引き続きチェンマイお寺巡り、サクサク行きましょう!

次は、前回子猿とバイクに乗っていたとき偶然前を通りかかり見かけたお寺。
すごい門だったのでじっくり観たかったのですが、いつものように子猿の猛反対で観られなかったのです。
今回じっくり観てみようと思います。

IMG_0602.jpg
城壁の西側、ワット・パンサオ(Wat Pansao วัดปันเส่า)。
このお寺の看板もすでにかっこいい!

IMG_0603.jpg

IMG_0604.jpg
ナーガ様アップ。
目だけが赤くてアクセント効いています。

IMG_0607.jpg
そしてこれが白亜の門。
とんがってますね〜〜。

IMG_0608.jpg
細かい装飾が素晴らしいです!

IMG_0605.jpg
そしてその両脇を護る狛犬!
邪鬼をがっしりと押さえつけていますね。

IMG_0606.jpg
邪鬼のアップ。いい表情。

IMG_0609.jpg
逆側の狛犬はお金を踏んづけています。
どういう意味でしょうか?

IMG_0612.jpg
門をくぐって逆側。

IMG_0610.jpg
逆側を護るナーガ様。

IMG_0623.jpg
境内はうって変わって渋い雰囲気。
木造のお堂。

IMG_0624.jpg
屋根も渋いですな!

IMG_0622.jpg
ご本尊も漆喰に囲まれて、これまた渋い!

IMG_0615.jpg
礼拝堂にはガネーシャの木像。
渋いよ、渋すぎるよ! 美しい!

IMG_0616.jpg
ご神木とナーガヘッド。

IMG_0626.jpg
奥には、何やら立派なチェディがありますね。

IMG_0628.jpg

IMG_0629.jpg

IMG_0630.jpg

IMG_0633.jpg
もはや遺跡ですな。
苔むし具合がまたいい感じであります。

IMG_0631.jpg
このお隣(写真奥)が仏像工房になっていまして、職人さんが何かを作っておりました。
お寺内に工房があるのは珍しいですな。

IMG_0634.jpg
片隅に扉が閉じられたお堂があるのですが、この周りにある像もいい感じです。

IMG_0625.jpg
こちらにも下半身が獅子の神様がいます。

IMG_0635.jpg
クメール形式なガネーシャ。

IMG_0636.jpg

IMG_0639.jpg
門を護る神様。

IMG_0637.jpg

IMG_0638.jpg
トゥア・モーム君。

IMG_0640.jpg
このお寺、訪問当時生まれたての子犬がいっぱいいまして、境内を元気に走り回っておりました。

IMG_0642.jpg
僕が近づくと、寄って来る子犬たち。
かわいいのうかわいいのう。
吠えない犬はいい犬だw


ワット・パンサオ地図。


次に向かいます。
城壁のほぼ中央、サンデーマーケットが開かれるあたりですね。
ここに、三人の王様の像が立っているんですけど、いつも通り過ぎるだけでじっくり見たことがないんですよね。
そちらに行ってみます。

IMG_0644.jpg
三人の王様記念碑。
タイ語だと、プラ・バロム・ラーチャーヌサワリー・サームカサッ(พระบรมราชานุสาวรีย์สามกษัตริย์)。
左から、13世紀パヤオ王国の王、ンガムムアン王。
パヤオ湖のほとりにこの方の像がありましたね。
中央は、13世紀ランナー王朝の創始者、マンラーイ王(メンラーイ王とも)。
チェンライにこの方の像がありました。
右が13世紀3代目スコータイ王朝の王、ラムカムヘン王。
スコータイ歴史公園にこの方の像がありました。

IMG_0646.jpg
北タイを代表する偉大な王たちの像であります。
威光を浴びさせてもらいます。


三人の王様記念碑地図。





次はその近くにあった、ワット・パンタオ(วัดพันเตา)へ。
寄る気はなかったんですが、ついでなのでw

IMG_0648.jpg
タイの超有名高僧、ルアンポー・トーさんが祀られています。

IMG_0649.jpg
池の脇に竹の通路。

IMG_0653.jpg
向こうの小島に仏様。

IMG_0652.jpg

IMG_0650.jpg

IMG_0654.jpg
木造の渋いお寺ですね。

IMG_0655.jpg
ヤックはゆるいw


ワット・パンタオ地図。


次は、チェンマイのラックムアンに向かいましょう〜。

続く。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 10:04 | Comment(8) | チェンマイ
この記事へのコメント
た〜れっく様

はじめまして。

Gダイアリーでの漫画を読んだことはあったのですが,タイの観光で色々とネットサーフィンしていたら,こちらへ来てしまいました!

地図や写真まで御丁寧にあって,助かりました!!
ありがとうございます。 
Posted by Amour Sucre at 2017年08月02日 12:21
嬉々としてお寺巡りをされる先生の興奮が伝わって参ります。本当にお好き
なんですねぇ。僕も先生のブログを通して数多くのタイ人を見て参りましたが、
今回の冒頭に登場した白いナーガ様のカッチョ良さは、よ〜く、分かります。
このクォリティはなかなかですね。現物を間近で見れば、感動もまたひとしおと
思われます。このお寺、境内で物作りをされているようですが、かなり凄腕の
職人さんたちがそろっているとみました。うきゃ。
Posted by masami at 2017年08月02日 18:02
>子猿の猛反対で観られなかったのです
子猿ちゃんとたれ先生のバトルを大変楽しみにしてますが、ある程度 別行動しないとシンドイですからね



Posted by ムラ at 2017年08月02日 18:43
白のナーガ様の赤い目が特徴的ですねー!夜に光当てたら凄く怖そうです!白の彫刻って良いですね!

13世紀の王朝の像にアユタヤやスコータイにあるようなチェディにて歴史を感じられますね!
Posted by 大阪のヤス at 2017年08月03日 08:33
Amour Sucreさん

>た〜れっく様

>はじめまして。

はじめまして〜!

>Gダイアリーでの漫画を読んだことはあったのですが,タイの観光で色々とネットサーフィンしていたら,こちらへ来てしまいました!

お、さすがGダイの影響力ってあるんですね〜。
ありがとうございます。

>地図や写真まで御丁寧にあって,助かりました!!
ありがとうございます。 .

お役に立てたのでしたらうれしいです!
またよろしくです!!
Posted by たーれっく at 2017年08月05日 09:18
masamiさん

>嬉々としてお寺巡りをされる先生の興奮が伝わって参ります。本当にお好き
なんですねぇ。僕も先生のブログを通して数多くのタイ人を見て参りましたが、
今回の冒頭に登場した白いナーガ様のカッチョ良さは、よ〜く、分かります。
このクォリティはなかなかですね。現物を間近で見れば、感動もまたひとしおと
思われます。このお寺、境内で物作りをされているようですが、かなり凄腕の
職人さんたちがそろっているとみました。うきゃ。.

ここは工房があったのでよほど腕のいい人を囲っていると思いますよ。
こういうすごいお寺を知ってもらって、お寺巡りの楽しさをわかってもらえると嬉しいんですけどね〜。
お金のかからないいい趣味になると思うのです。
Posted by たーれっく at 2017年08月05日 09:22
ムラさん

>>子猿の猛反対で観られなかったのです
子猿ちゃんとたれ先生のバトルを大変楽しみにしてますが、ある程度 別行動しないとシンドイですからね


もう付き合いも長いですから、お互いしんどくない方向になりますね。
ブログ的にはネタが少なくて申し訳ないですけど〜。
Posted by たーれっく at 2017年08月05日 09:23
大阪のヤスさん

>白のナーガ様の赤い目が特徴的ですねー!夜に光当てたら凄く怖そうです!白の彫刻って良いですね!

かっこいいカラーリングもいいですけど、白だけなのは形だけで勝負ですから、それがすごいのは実力がある証拠ですね。

>13世紀の王朝の像にアユタヤやスコータイにあるようなチェディにて歴史を感じられますね!.

チェンマイはまだまだ見どころがあるなぁと思います。
Posted by たーれっく at 2017年08月05日 09:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: