2017年12月09日

キャンドルの山車が運ばれていく


ウボンの名刹、ワット・タイプラチャオヤイオントゥーの対面にあるお寺を観に行きましょう。

IMG_3690.jpg
こちらです、ワット・リアップ(Wat Liab วัดเลียบ )。
こっちはシンプルなお名前。

さくさく紹介いたしましょう。
広い境内ですね。
先ほどのお寺が超ごちゃごちゃしていたので、さらにシンプルに感じます。

IMG_3691.jpg
こちらは礼拝堂、というか、説法堂ですかね。

IMG_3694.jpg
ホージェーク、と書かれていますね。

IMG_3695.jpg
スパンコールなナーガ様はかっこいい。

IMG_3697.jpg

IMG_3696.jpg
広いお堂。

IMG_3698.jpg
あ、その横にキャンドルの山車がある!

IMG_3699.jpg
これは完成している?

IMG_3700.jpg

IMG_3702.jpg

IMG_3705.jpg
じっくり観させてもらいます。

IMG_3707.jpg
その横、これが本堂かな?

IMG_3706.jpg
中に入ってみます。

IMG_3714.jpg
こちらは壁画が色鮮やかで素晴らしいです。

IMG_3709.jpg
お堂の壁画は釈迦の一生がテーマになることが多いのですが、こちらはこの地方の歴史と暮らしがテーマですかね?

IMG_3710.jpg

IMG_3717.jpg
生き生きと人々の暮らしが描かれています。

IMG_3716.jpg
ご本尊も立派です。

IMG_3720.jpg
その横、こちらは高僧のために造られた祠。

IMG_3723.jpg
スパンコールな外壁。

IMG_3722.jpg
入口を護るナーガ様は上半身が人間に変身している、ナーク・プレーン。

IMG_3729.jpg
その横にも祠があり、高僧が祀られていました。





境内を歩いていますと・・・

IMG_3730.jpg
あ!完成した山車が運ばれているぞ!

IMG_3731.jpg

IMG_7639.jpg
お祭りは今日と明日なのです。
会場となる公園の脇まで持っていくのでしょう。

IMG_3736.jpg
でも、ここのお寺の山車じゃなく、違うお寺の山車ですね。
ショートカットでこのお寺の中を通ったみたいです。

IMG_3732.jpg
そして、境内の端っこに大きなトタン屋根の作業場があり、そこでキャンドルの山車が制作されています。
え?制作中??
さっき展示されていたのはなに?

IMG_3733.jpg

IMG_3734.jpg

IMG_3735.jpg
さっきのは展示用? 去年の山車? 謎です。

こちらは作業も終盤みたいですね。
僕も写真撮っていいか伺うと、にこやかにウェルカムな返事です。

いやー、いいもの見させてもらいました。

しかし、さっきまでの晴天はどこへやら、雨がぽつぽつ降ってきました。
子猿から「雨うきゃ!早く戻ってくるうきゃ!」とメールも激しいです。
急いで子猿のもとに戻ると、どしゃーっと本降りです。

まいったな・・・地元の方々と一緒に雨宿りをいたします。

しかし、10分ほどでやみました。
よかった!
では、ホテルに戻りましょうか。


続く。


ワット・リアップの地図。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 00:20 | Comment(2) | ウボン
この記事へのコメント
パレードで見た場合はここまでじっくりと見ることなく撮った写真で改めてって感じですがこうやって飾ってれば隅から隅まで肉眼で見ることが出来ますね!

雨だと祭りに影響してしまいますねー!山車にビニール被せてとかだと見栄えが良くないけどこれはどうかな?ロウソクだから雨に濡れて溶けることはないか!
Posted by 大阪のヤス at 2017年12月09日 08:37
大阪のヤスさん

>パレードで見た場合はここまでじっくりと見ることなく撮った写真で改めてって感じですがこうやって飾ってれば隅から隅まで肉眼で見ることが出来ますね!

そうなんですよね、僕は目も乱視であまりよくないので、写真にとって後でじっくり見るほうのがいろいろ気づくことが多くて楽しいのです。

>雨だと祭りに影響してしまいますねー!山車にビニール被せてとかだと見栄えが良くないけどこれはどうかな?ロウソクだから雨に濡れて溶けることはないか!.

雨の方には強いんじゃないですか?
それより、ダンサーの女性陣が雨だと大変!
Posted by たーれっく at 2017年12月10日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: