2018年01月09日

微妙な川、そしてウボン市内へ



このブログをまとめた電子書籍、「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の8巻が発売中!
たびするバンコク Kindle版
今巻は、ラオスの古都・ルアンパバーンがメインとなります。
楽しい旅行記をお楽しみください! 250円。


タイ、イサーンの小さな街、ピブーンの朝であります。
ピブーン最後の観光のため、ゲーン・サポー(แก่งสะพือ)というところにトゥクトゥクで向かいます。
ピブーンでは、おそらく唯一の観光地。
食堂もおそらくあるでしょうから、そこで朝食もいただきましょう。

IMG_4434.jpg
そこそこ距離がありましたが、なんとトゥクトゥク代は20Bでした。
去っていく運ちゃん。

IMG_4435.jpg

IMG_4436.jpg

IMG_4437.jpg
しかし・・・ゲーン・サポーって、ただの川!

なんでこんなとこ来たうきゃ?
ただの川うきゃ!
全然珍しくも面白くもないうきゃ!


子猿がブチ切れております。
たしかに・・・返す言葉もございません。
食堂も当然ございません。

IMG_4439.jpg
ちょっとした中華廟があるくらい。

IMG_4441.jpg
川・・・

帰ろうにもトゥクトゥクもいません。
さっきの運ちゃんに待っててもらえばよかった・・・

グーグルマップで距離を見ると、ホテルまで1.2キロほど。
歩こうと提案すると、さらにブチ切れる子猿。
木陰にいたおばちゃんに「トゥクトゥクをここまで呼べないうきゃ?」と聞いております。

するとそのおばちゃん、「私のトゥクトゥクに乗りな」と言います。
え?おばちゃんのトゥクトゥク?
「こっちこい」、と少し離れた木陰に停めてあったトゥクトゥクのところまで連れていかれます。
そのトゥクトゥク、荷物置きにしていたようで、荷物をおろし、「どうぞ」というおばちゃん。
子猿と苦笑しつつ乗り込みます。

ボボンボンとすごい音を出し、のんびりと走るトゥクトゥク。
歩くよりちょっと早いくらいのペースでホテルに到着です。
60Bも要求されました。 高いよ!





ホテルをチェックアウトし、ロットゥー乗り場へ。
近いですが、当然トゥクトゥクです。 40B。

IMG_4445.jpg

IMG_4446.jpg
ウボン行きは1人50B。
しかし、出発は45分後とのこと。
えーっ!?

頻繁にロットゥーは来るんですけど、どれもすでに満席らしいです。
なんだよ、くそっ! と怒っていると、

なんでいつも怒ってるうきゃ!
のんびり待てばいいうきゃ!


と子猿にたしなめられます。
お前がいうな!

IMG_4447.jpg
ロットゥー乗り場の隣がクイッティアオ屋だったので、こちらで食事をして待ちましょう。
ようやく朝食にありつけました。 腹ペコです。

しかし店のおばちゃん、めちゃくちゃのんびりであります。
忙しいわけでもないのに、30分たっても料理が出てきません。
おいおい、時間がないよ!

IMG_4448.jpg
やっと出てきた!
バミー・ペットヘーン。 アヒル肉の汁なしバミー。
美味しかったです。

子猿も何かクイッティアオ。 コーラ1本を2人で飲んで合計80B。
急いで食べてロットゥーを待ちます。

IMG_4449.jpg
ロットゥーが遅れたので余裕でした。
無事乗り込み、小一時間でウボンの市内へ。
ちょうど予約したホテルの近くを通ったので、運ちゃんに声をかけ降ろしてもらいました。

戻ってきました、大都会ウボン!
この日ここに一泊し、翌日バンコクに戻ります。


続く。

(追記:コメント欄でご指摘の通り、画像検索結果を見るとゲーンサポーも乾期に来るべき観光地みたいですね。在りし日のラマ9世もここに来られたようです)


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 10:00 | Comment(6) | ウボン
この記事へのコメント
この川が観光地とは……。観光地としてのガックリ レベルは、マーライオン
の比ではありませんね。おみそれいたしました。それとも、ここも雨季の
増水で何かが隠れてしまったのでしょうか。謎は深まるばかりですね。
最終的に、怒りんぼの子猿ちゃんに「怒るな」と怒られてしまい、残念で
ありました。うきゃ。
Posted by masami at 2018年01月09日 10:42
本当に何もないただの川ですね。
แก่งสะพือ で検索してみると水が引いた川の岩場を
人々が渡っている様子がヒットしますが、訪問した時期が
あまり良くなかったのではないでしょうか?

帰りのトゥクトゥクは完全に足元を見られましたね
でも徒歩で帰るなんてことにはならずに済んだのは
幸いでしたので文句も言えませんね
Posted by ま〜く at 2018年01月09日 11:23
ただの川ですけど乾季には素晴らしい景色となるわけですね!人がいなければ飯屋もないところなんですねー!子猿さんも怒り心頭ですなぁ。

のんびり飯屋さんは困りますねー!地方には多いのかな?腹減ってると余計に遅いとイラッとしますがそれだけ待ってると、かなり美味しくかんじるのではないでしょうか!



Posted by 大阪のヤス at 2018年01月09日 20:05
masamiさん

>この川が観光地とは……。観光地としてのガックリ レベルは、マーライオン
の比ではありませんね。おみそれいたしました。それとも、ここも雨季の
増水で何かが隠れてしまったのでしょうか。謎は深まるばかりですね。

やはりここも乾期のスポットだったみたいですね。
雨季はただの川なんでしょうね、どこもw

>最終的に、怒りんぼの子猿ちゃんに「怒るな」と怒られてしまい、残念で
ありました。うきゃ。

あちゃー、ほんとに残念w
Posted by たーれっく at 2018年01月18日 12:40
ま〜くさん

>本当に何もないただの川ですね。
แก่งสะพือ で検索してみると水が引いた川の岩場を
人々が渡っている様子がヒットしますが、訪問した時期が
あまり良くなかったのではないでしょうか?

おっと、なぜそこに気が付かなかったんでしょう。
僕のバカ!
というわけで、観て見ましたが、たしかに乾期に来るべき場所でありました!
追記させていただきましたです。

>帰りのトゥクトゥクは完全に足元を見られましたね
でも徒歩で帰るなんてことにはならずに済んだのは
幸いでしたので文句も言えませんね.

でも、川からホテルまでの街並みも趣があってよかったんですよ。
僕は歩いて帰っても全然よかったです。
Posted by たーれっく at 2018年01月18日 12:42
大阪のヤスさん

>ただの川ですけど乾季には素晴らしい景色となるわけですね!人がいなければ飯屋もないところなんですねー!子猿さんも怒り心頭ですなぁ。

乾期に行けば子猿も感心していたはず!
店屋も多かったはず!

>のんびり飯屋さんは困りますねー!地方には多いのかな?腹減ってると余計に遅いとイラッとしますがそれだけ待ってると、かなり美味しくかんじるのではないでしょうか!

腹ペコでしたからね。
でも、あんな調子だと乗り過ごす人も多いんじゃないかと思いますが、それでも気にしていないんでしょうか?
それとも、僕らのこと忘れてた?
Posted by たーれっく at 2018年01月18日 12:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: