2018年01月11日

鳩だらけの寺と巨大キャンドルフロート工房の寺



このブログをまとめた電子書籍、「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の8巻が発売中!
たびするバンコク Kindle版
今巻は、ラオスの古都・ルアンパバーンがメインとなります。
楽しい旅行記をお楽しみください! 250円。


タイ、イサーンの街ウボン。
1人自転車でお寺を2つ回ります。
ざっくりと紹介しますので、お付き合いください。

IMG_4463.jpg
まずは、ワット・スパタナーラームウォーラウィハーン(Wat Supatnaram Worawihan วัดสุปัฏนารามวรวิหาร )
ムン川沿いにあるお寺。

IMG_4464.jpg
白い本堂。

IMG_4465.jpg
ゆるい狛犬。

IMG_4466.jpg

IMG_4468.jpg
ゆるいですね。
顔がデカすぎない?

IMG_4467.jpg
でへっ。

IMG_4470.jpg
ご本尊は普通。

IMG_4472.jpg
シリジョントー・ジャンという高僧ですな。
ウボンにゆかりのある方のようです。
リアルにできております。

IMG_4473.jpg
クリーム色の建物は入れず。

川に行ってみましょう。
女神の像が祀られています。

IMG_4478.jpg
右が、プラ・メートラニーさん、左はおそらくプラ・メークンカー(ガンガー)さん。
でも、川の女神ガンガーさんはワニに乗っているんですよね。
魚に乗っているので違う人かも。

IMG_4477.jpg
うわっ! 桟橋が鳩だらけ!

IMG_4479.jpg
ゆるーいナーガ様。
ナーガなのかな?

IMG_4480.jpg
ゆるーいナーガ様。

IMG_4481.jpg
ゆるーい。

タンブン(寄進)用の魚のえさが売っていたので購入。

IMG_4482.jpg
桟橋へ。

IMG_4483.jpg
鳩だらけ! 鳩のフンだらけ!
子猿なら「汚いうきゃー!」と絶対来ないでしょうな。

IMG_4484.jpg
餌は鳩なんかにはあげません。
お魚さんにあげます。

IMG_7748.jpg
川に餌のパンを投げると、面白いようにうじゃうじゃ食いつくので楽しいです。
鳩は指をくわえて見てろ!


ワット・スパタナーラームウォーラウィハーンの地図。





IMG_4488.jpg
次のお寺に向かいます。
ワット・シー・ウボンラタナラーム(Wat Si Ubon Ratanaram วัดศรีอุบลรัตนาราม )。

IMG_4489.jpg

IMG_4499.jpg
ここは一見普通に立派なお寺なんですが・・・

IMG_4498.jpg
あった! ロン・タム・ティアンパンサー。
キャンドルフェスティバルの山車の製作工房ですな!

IMG_4492.jpg
でかーい!
そして山車もあります。
入れるので、近くで観ましょう。

IMG_4493.jpg

IMG_4495.jpg

IMG_4494.jpg
このお寺、パレード会場のすぐそこなんですよ。
やはり山車にも気合が入っているんでしょうな。

満足です!

IMG_4502.jpg
本堂の中では犬が寝ております。
ひんやりした大理石の上で扇風機にあたって極楽そう。
ウボンの犬は平気でお堂の中に入ってきますな。

IMG_4505.jpg
あ、ようやく観覧席のひな壇を撤収しているようです。
のんびりですな!

少し疲れたので、おしゃれカフェにでも行ってみましょうか!


続く。


ワット・シー・ウボンラタナラームの地図。


ブログ応援よろしくです!
下の2つのバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!
タイ・ブログランキング
posted by たーれっく at 10:00 | Comment(6) | ウボン
この記事へのコメント
ムーン川の周辺のあたりは寺院も多いので周り甲斐は
ありそうですね。サイクリングにはちょうど良いかも
しれません

個人的には行ったことがないムーン川の南側
ウボンラチャターニ駅の近辺の様子も気になります。
Posted by ま〜く at 2018年01月11日 13:08
うわっ。ハト多すぎてヤバいっすね。こんなにハトが密集しているところ
は、あまり見たことがありません。まるで、ヒッチコックの「鳥」です。
……もはや、この例えは通用しないのかな? 昔の有名なアメリカ映画
です。にしても、先生のご指摘通り、最初のお寺の造形物はユルすぎです。
何かを狙っているとしか思えません。それなりの“味”はあると思うの
ですが……。あまり有難みは……。うきゃ。
Posted by masami at 2018年01月11日 14:40
エサあげるから沢山の鳩来るわけですね!バンコクでもチャオプラヤー川の寺院近くの魚の餌やりばとか鳩一般来るところありますもんねー!

キャンドルフェスティバルの山車、落ち着いて見れて良かったですね!片付けて徐々に祭りの余韻がなくなっていくのですね。
Posted by 大阪のヤス at 2018年01月15日 19:45
ま〜くさん

>ムーン川の周辺のあたりは寺院も多いので周り甲斐は
ありそうですね。サイクリングにはちょうど良いかも
しれません

バイクもいいですけど、自転車で巡るお寺も楽しそうですね・・・って僕だけかw

>個人的には行ったことがないムーン川の南側
ウボンラチャターニ駅の近辺の様子も気になります。.

そういえば川の南側はそういえば全く行きませんね。
次回はちょっと探検してみたいと思いますです。
Posted by たーれっく at 2018年01月19日 11:04
masamiさん

>うわっ。ハト多すぎてヤバいっすね。こんなにハトが密集しているところ
は、あまり見たことがありません。まるで、ヒッチコックの「鳥」です。
……もはや、この例えは通用しないのかな? 昔の有名なアメリカ映画
です。

僕もヒッチコックの「鳥」見たい、と書こうとして知らない人も多いだろうと自重しましたw

>にしても、先生のご指摘通り、最初のお寺の造形物はユルすぎです。
何かを狙っているとしか思えません。それなりの“味”はあると思うの
ですが……。あまり有難みは……。うきゃ。

このゆるさがまたたまらないんですが、やはりかっこいい造型が観たいですよね。
あたまでっかちの狛犬は結構好きですw
Posted by たーれっく at 2018年01月19日 11:07
大阪のヤスさん

>エサあげるから沢山の鳩来るわけですね!バンコクでもチャオプラヤー川の寺院近くの魚の餌やりばとか鳩一般来るところありますもんねー!

メーナークさんのワットマハーブットも鳩だらけですが、「鳩に餌やり禁止」の看板ができていて係りの人も追っ払っていますね。
やはり害があるんでしょうね。

>キャンドルフェスティバルの山車、落ち着いて見れて良かったですね!片付けて徐々に祭りの余韻がなくなっていくのですね。.

その祭りの後の余韻もまたいいものであります。
乾期の普通の日にまたウボンに訪れたいものです。
Posted by たーれっく at 2018年01月19日 11:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: