2018年02月28日

バガンは団体ツアーでいっぱい


ミャンマー、バガンの遺跡巡り。

お昼になったので昼食・・・と思ったのですが、まだ遺跡巡りしていました。
すみません。
昼食までしばらくお待ちくださいw

IMG_6585.jpg
続いて訪れたのは、スラマニ寺院です。
スラマニとは「無上の宝石」という意味で、当時の王がこの地でルビーを発見したことを仏に感謝してつくられた寺院、とるるぶ情報。
そこまで感謝しちゃうなんて、いったいどんなルビーがとれたんでしょうか?

IMG_6587.jpg
あれ? るるぶの写真ではてっぺん部分にとんがった塔が建っているんですけど、無くなっていますね。
地震で倒壊した?

こちらもお堂内のフレスコ画が有名な寺院です。

マンダレーでは全く見かけなかった日本人ですが、バガンではいっぱいいらっしゃいます。
この寺院でも日本人の団体ツアーが来ていて、現地ガイドがフレスコ画の解説をしています。
せっかくなので盗み聞きをいたしましょうw
どれどれ?

IMG_6600.jpg
ガイドは、瞑想する仏陀を雨風から護るナーガの絵の解説をしているんですけど、片言の日本語で回りくどく説明しているので頭に入ってきません。
そうか、いつもツアーでガイドの説明がわかりづらいのは、日本語が変だからですな。
あの説明で分かった人がいるとはとても思えませんですよ。

IMG_6590.jpg
しかし、ここの壁画はすごい迫力であります!

IMG_6591.jpg
僕のへたくそな写真だと全く伝わりませんが、狭い通路にデカく絵が描かれていて、迫ってくるような迫力なのです。

IMG_6592.jpg

IMG_6599.jpg
これは当時はもっと色鮮やかですごかったんでしょうなぁ。

IMG_6594.jpg

IMG_6595.jpg
当時の生活なんかも描かれております。

IMG_6596.jpg

IMG_6597.jpg

IMG_6598.jpg
仏像もいろいろ。

IMG_6593.jpg
これは修復されているのかな?
頭だけ金だとちょっと怖い。


スラマニ寺院の地図。







IMG_6602.jpg
続いて、ダマヤンヂー寺院。

IMG_6603.jpg
入ろうとしたら、入り口を中国人団体客が記念写真を撮るために占拠しています。
まあ、ちょっとくらいなら待とうと撮影が終わるのを待ったんですが、わいわいおしゃべりをし、何枚も撮っていてなかなか終わってくれません。
Fさんが「何してんねん!あんたらの遺跡ちゃうぞ!」とブチ切れて横を突っ切って行きます。
「おーい!」と文句を言う中国人。
さすがにたくさんの人を待たせているんだから少しは謙虚になってほしいですな。

これは先ほどのスラマニ寺院でも日本人団体ツアーが通路をふさいでいたので、人のことは言えません。
団体になるとつい他人に気を使えなくなりますが、気を付けたいものです。

IMG_6604.jpg
こちらはるるぶによると、「アーナンダ寺院より大きく美しい寺院を造ろうと、当時の王の命により建造されたバガン最大の寺院」だそうで、「針一本通さぬ精巧なレンガ造りを命じた」そうですが、王が暗殺され未完に終わっているとのことです。

IMG_6607.jpg
たしかに、ものすごくつるつるできれいですな!

IMG_6608.jpg

IMG_6611.jpg
美しい通路。

IMG_6606.jpg
石碑。

IMG_6605.jpg

IMG_6610.jpg

IMG_6613.jpg

IMG_6616.jpg
仏様もこころなしか上品ですな。

IMG_6614.jpg
通路の写真、いっぱい撮ってるw

というわけで、今度こそ昼食です!


続く。


ダマヤンヂー寺院の地図。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 12:38 | Comment(4) | ミャンマー
この記事へのコメント
ありゃりゃ。日本の団体さんも通路をふさいでしまっていましたか……。
残念。でも、これは日常でも街中でよく見かけることがありますよね。
あの国の悪口を言う絶好のチャンスだったのですが、致し方ありません。
ここは謙虚に反省いたしましょう。にしても、ちょっと有名になると、
人ってたくさん集まってしまうものなんですね。先生が紹介されているように、
同じような歴史ある建造物がたくさんあるのに、ここだけ観光客がたくさん
来ているだなんて。うきゃ。
Posted by masami at 2018年02月28日 14:45
中国の団体さんだけでなく、日本からも沢山の団体さんが行ってらっしゃるんですね。なかなかビザがいる国は面倒ですがメジャーになりつつあるのかな。でも旅の恥はかき捨て的なところはだめですね。

仏像は穏やかな顔をされてるのが多いですね。顔だけ金の仏像は何か変、と思わなかったのかな?何体もあるんですね。

Posted by 大阪のヤス at 2018年03月01日 19:41
masamiさん

>ありゃりゃ。日本の団体さんも通路をふさいでしまっていましたか……。
残念。でも、これは日常でも街中でよく見かけることがありますよね。

大勢の時に道ふさぐのはしょうがないですね。
人が来た時に気を使えるか、が問題だと思います。
中国人団体は、明らかにみんなが待っているのに急ごうともしないところがアレですね〜。

>あの国の悪口を言う絶好のチャンスだったのですが、致し方ありません。
ここは謙虚に反省いたしましょう。にしても、ちょっと有名になると、
人ってたくさん集まってしまうものなんですね。

子猿の屋台なんか頑張って売り込んでも全く人が来ないですからね〜。
バガン遺跡も以前は静かだったらしいので、子猿の屋台も人気になってもらいたいものです。

>先生が紹介されているように、
同じような歴史ある建造物がたくさんあるのに、ここだけ観光客がたくさん
来ているだなんて。うきゃ。

やはりキャッチーな特徴があるとひとがくるんですかね?
むむ?商売のヒントがここに??
Posted by たーれっく at 2018年03月04日 08:36
大阪のヤスさん

>中国の団体さんだけでなく、日本からも沢山の団体さんが行ってらっしゃるんですね。なかなかビザがいる国は面倒ですがメジャーになりつつあるのかな。でも旅の恥はかき捨て的なところはだめですね。

日本人はバガンではほんとに多かったですね。
ミャンマーもメジャーな観光地になってきているんでしょうか?
早くビザ免除を!

>仏像は穏やかな顔をされてるのが多いですね。顔だけ金の仏像は何か変、と思わなかったのかな?何体もあるんですね。

これは修復してるんですかね? 元からこの形?
修復なら、頭、胴体、どっちが元祖?
謎が深まります。
Posted by たーれっく at 2018年03月04日 08:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: