2018年03月02日

タラバー門に来たらばー


子猿の屋台の漫画をNoteにて無料公開中です。
よかったら読んでみてください!

「たいめし」第5話 子猿の屋台編



ミャンマー、バガンの遺跡巡り。
昼食を食べに行きましょう。

始め、Fさんが運ちゃんに

ニャウンウーの市場に連れてってやー
そのあたりに何か食堂があるやろ

と言うのですが、運ちゃんは顔をしかめ、

あの市場はすごく汚い
それに食堂もない
いいお店があるから、そこに連れて行ってあげる

そう提案してきます。
え〜?
ニャウンウーの市はるるぶでも「活気あふれるマーケット」とありますが、そんな連れて行きたくないところなの?

ならええわ、そのお勧めに連れてって!

ということで、運ちゃんお勧めのレストランに連れてこられました。

IMG_6617.jpg
こちらですね。
おそらく、Golden Myanmar Restaurantというお店。

IMG_6618.jpg
屋内席に座って食事の注文をします。

IMG_6620.jpg
TRADITIONAL MYANMER FOODとありますな。
大体1品4500〜6000チャット(360〜480円)な価格帯。

IMG_6621.jpg
あ、DAGONビールなんてある!
早速注文!
美味しいけど、ミャンマービールがやはり安定して飲みやすいですな。

IMG_6622.jpg
まずは、天ぷら!
皆さんお気づきかもしれませんが、ミャンマーで僕らが食べている料理には必ず天ぷらが入っておりますw
Fさんの好物です。

IMG_6623.jpg
そして、料理が円形の容器に入れられて出てきました。
これは、ダウンランという漆塗りのお盆で、それに入れられて料理を出すのが名物だそうです。

IMG_6624.jpg
限りなく家庭料理に近いミャンマー料理に、ゴージャス感を出させる工夫なんでしょうな。

IMG_6625.jpg
安定の焼き飯、卵焼き乗せ。

美味しくいただいていたんですが、隣に中国人の30人くらいの団体がどかどかと入ってまいりました。
これがですね、めちゃくちゃうるさい!
雰囲気がぶち壊しです。

中庭にもテーブルが並べられて空席があったので、店員に行ってそちらに移動させてもらいました。
しかし、その席周辺は芋虫がいて子猿が怯えますw
仕方なく僕が木の棒でぴっぴと芋虫をどかします。

またこっちにくるうきゃ〜
寄って来るうきゃ〜


ぶつぶつと怯える子猿を横目に食事の続きをするのでした。

それにしても、続々と観光客がやってきてあっという間に満席のレストランです。
観光客御用達ですね。


Golden Myanmar Restaurantの地図。






IMG_6626.jpg
お腹もいっぱいになり、次はこの近くのタラバー門へ。

IMG_6628.jpg
立派なもんがドカッとありますが、

なんや、タラバー門ってただの門かい!

とFさん。
そりゃー、タラバー「門」ですからw

IMG_6629.jpg
門しかないのですがw、その門の左右に神様が祀られております。
こんなところに?

IMG_6630.jpg
るるぶによれば、当時、王によって殺された男とそのあとを追って自殺した男の妹のナッ神だそうです。
ナッ神は、現世に恨みを持って死んだ人間の魂が精霊化したもの、だそうなので、その恨みのパワーを慰め、強い霊力を分けてもらうために祀るんでしょうな。
ここの場合は都の守護、かと。

僕の住んでいるバンコクのコンドミニアムの近くにワット・マハーブットというお寺があるんですが、そこにもメーナークさんという有名な悪霊が祀られています。
それも同じようにみなさん霊力を分けてもらいにお参りに来ているので(主に宝くじに当たるように、とw)、共通点がありますね。

日本だとお岩さんや平将門になるんですかね〜。
でも、日本のほうは霊力に授かろう、という感じではないですな。

なんて思いつつ、次のお寺に向かいます。


続く。


タラバー門の地図。




ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 18:04 | Comment(6) | ミャンマー
この記事へのコメント
オイラもGolden Myanmar Restaurantに行きました。
オイラが行ったときは、お昼を少し過ぎたぐらいだったのでガラガラでした。

オイラの時の料理は、小鉢でおかずやスープが14種類ぐらい出てきて、ご飯は食べ放題でデザートのフルーツが付いて、飲み物を入れて4000kでした。(*ノ∀`*)ウフフ♪

中国人は団体で大量に来るから邪魔くさいですよねぇ〜。
Posted by M at 2018年03月02日 22:51
ミャンマーの料理には確かに、フライ物が多いですね!日本料理に近いのもあるし日本人受けしそうですね!

悪霊の考えは日本とは違いそうですね!メーナークさんは沢山のお参りの方々がいらっしゃいますが平将門とかお岩さんは日本ではホラー扱いですもんね。
Posted by 大阪のヤス at 2018年03月03日 08:49
せっかく、タラバー門に来タラバー、と考えたタイトルにしているのですから、どなたか突っ込んでくださいよ〜
Posted by piro at 2018年03月04日 13:46
Mさん

>オイラもGolden Myanmar Restaurantに行きました。
オイラが行ったときは、お昼を少し過ぎたぐらいだったのでガラガラでした。

ここはおそらくツアー客も使う御用達のお店でしょうね。
運ちゃんにキックバックがあったのかな?

>オイラの時の料理は、小鉢でおかずやスープが14種類ぐらい出てきて、ご飯は食べ放題でデザートのフルーツが付いて、飲み物を入れて4000kでした。(*ノ∀`*)ウフフ♪

それ安すぎ!
絶対そんな値段じゃなかったですよ。
ぼられたか?w

>中国人は団体で大量に来るから邪魔くさいですよねぇ〜。.

全然かまわないんですが、うるさくて邪魔なのは勘弁してもらいたいですね。
昨日ドンムアンのイミグレで中国人団体に堂々と抜かされそうになり、またC国人が嫌いになりました。
Posted by たーれっく at 2018年03月10日 11:31
大阪のヤスさん

>ミャンマーの料理には確かに、フライ物が多いですね!日本料理に近いのもあるし日本人受けしそうですね!

安定して美味しいフライものw
ここのも美味しかったですよ。

>悪霊の考えは日本とは違いそうですね!メーナークさんは沢山のお参りの方々がいらっしゃいますが平将門とかお岩さんは日本ではホラー扱いですもんね。.

お岩さんはそれでも祀られていますが、そんなに人気ではないですね。
タイのメーナークさん人気はちょっと日本人的には理解がしづらい気がします。
僕も、なぜメーナークさんの霊力が宝くじが当たるにつながるのかは、いまだによくわかりませんw
Posted by たーれっく at 2018年03月10日 11:34
piroさん

>せっかく、タラバー門に来タラバー、と考えたタイトルにしているのですから、どなたか突っ込んでくださいよ〜.

しーーっ!
傷口に塩を塗るようなことはしない!w
Posted by たーれっく at 2018年03月10日 11:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: