2018年03月19日

バガン・ニャウンウーのローカルマーケット


ミャンマー、バガンを電動自転車で走っています。
ニャウンウーの市場に行ってみましょう。

車をチャーターしてバガン遺跡巡りをしているとき、運ちゃんに、「ニャウンウーのマーケットにある食堂で食事してみたいから連れて行って」と頼んだら、「あそこは汚いし、食堂なんてないから行かないほうがいい」と言って断られた市場です。
外国人観光客に見られたくない市場ってどんなところでしょう?
逆に興味がわくじゃないですかー。

IMG_6937.jpg
こちらですね!
うはっ! あふれ出るローカル感!
いい感じじゃないですか〜!
子猿は当然「待ってるうきゃ!」と行く気が全くないので、1人で見に行ってみましょう。

IMG_6939.jpg

IMG_6940.jpg
おおっ!

IMG_6941.jpg

IMG_6942.jpg
す・・・すごい生活感だ!

IMG_8656.jpg

IMG_8657.jpg

IMG_6944.jpg

IMG_6945.jpg

IMG_8659.jpg
この自然と一体化した雰囲気!






IMG_6947.jpg

IMG_6948.jpg
こちらのマーケット、グーグルマップによると6時オープン17時までなのですよ。
このときすでに16時半。
後片付けをして終わるだけの時間なんでしょうね。

IMG_6943.jpg
食堂もちゃんとあるじゃないですか。
でも、たしかにここで食事をするのはハードル高いですなぁw

IMG_6946.jpg
これは・・・なんでしょうね?

IMG_6949.jpg
何食べてるのかな?

IMG_8658.jpg
実に見応えあって楽しかったです!
早朝に来るとめちゃくちゃ活気あって楽しいんでしょうな!
う〜ん、そのときに見たかった!
旅先の市場を見るのが大好きなかたには、外せないスポットだと思いますです!


それではちょっと早いですが、約束した夕食のお店に向かいましょうか〜!


続く。


ニャウンウーのマーケット、Mani Sithu Marketの地図。



ブログ応援よろしくです!
下のバナーをクリックするとランキング投票になります。
ランキングサイトに飛びますので、タイ関係のいろんなブログに出会えますよ!


posted by たーれっく at 10:00 | Comment(6) | ミャンマー
この記事へのコメント
こういうローカルな市場を見て回るのは楽しいですよね
ただミャンマーの衛生状態を考えると、やはりこちらでの
食事は厳しいかもしれませんね

以前にインドネシアでローカルの市場を見に行った時は
生ごみ臭くて閉口したことがあります
Posted by ま〜く at 2018年03月19日 11:14
「これは・・・なんでしょうね?」と先生が書いていた機械、もしかすると
お菓子を作る機械かも知れません。お米を入れて「バーン!」と爆発させて
膨らませるもので、ポップコーンのお米版みたいなヤツです。私の父が子供の
ころ…戦前の昭和10年代…には、東京の下町で「ポン菓子」と呼ばれていま
した。たぶん……。5年ほど前に済州島に旅行に行ったとき、そこの市場に
似たような機械があったんです。「これが親父の言っていたポン菓子か」と
感慨深く食べましたが、それほど美味しいものではありませんでした。さて、
この推理、当たっているのでしょうか。うきゃ。
Posted by masami at 2018年03月19日 13:40
運転手に断られる市場だったんですね。。。
確か肉屋もありましたよね、炎天下で店主のおばさんがタオルみたいなのでハエを追っ払ってたのが印象に残ってますw
Posted by ゆうた at 2018年03月19日 20:05
ま〜くさん

>こういうローカルな市場を見て回るのは楽しいですよね
ただミャンマーの衛生状態を考えると、やはりこちらでの
食事は厳しいかもしれませんね

たしかに運ちゃんの行ったことは正しかったですね〜。
ミャンマーでは素直に観光客向けのお店で食べたほうがよさそうです。

>以前にインドネシアでローカルの市場を見に行った時は
生ごみ臭くて閉口したことがあります.

タイでもクロントゥーイは最初匂いに閉口しますね。
すぐ慣れるんですがw
Posted by たーれっく at 2018年03月23日 09:07
masamiさん

>「これは・・・なんでしょうね?」と先生が書いていた機械、もしかすると
お菓子を作る機械かも知れません。お米を入れて「バーン!」と爆発させて
膨らませるもので、ポップコーンのお米版みたいなヤツです。私の父が子供の
ころ…戦前の昭和10年代…には、東京の下町で「ポン菓子」と呼ばれていま
した。たぶん……。5年ほど前に済州島に旅行に行ったとき、そこの市場に
似たような機械があったんです。「これが親父の言っていたポン菓子か」と
感慨深く食べましたが、それほど美味しいものではありませんでした。さて、
この推理、当たっているのでしょうか。うきゃ。

あ〜! 確かに僕も幼少時代かすかに見たことがあるような記憶があります。
さすがに稼働していたやつじゃなかった気がしますが、こんな感じでしたね。
むむ?だとするとミャンマーにもポン菓子があったんですかね?
ググるといまだ現役のお菓子のようですね。
どんな味だったかなぁ〜?
Posted by たーれっく at 2018年03月23日 09:10
ゆうたさん

>運転手に断られる市場だったんですね。。。

運ちゃんにしたらもっと外国人はお金使うところに行ってくれ、という感じだったんじゃないでしょうか?

>確か肉屋もありましたよね、炎天下で店主のおばさんがタオルみたいなのでハエを追っ払ってたのが印象に残ってますw.

僕もハエがたかって真っ黒な食べ物に衝撃受けましたよ。厳しいw
Posted by たーれっく at 2018年03月23日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: